大学病院5

9月20日   
3日間ほど「おかゆ」をすすっていたが、とうとう口からなにも取れなくなった。

  21日

しゅんちゃんのストレスが爆発し、とうとう「キレタ」。
枕やクッションを投げまくり暴れる。
押さえつけようとしても、こんな時の力ってすごくて私だけではじっとさせられない。
そんな時、血液グループの先生が二人診察に来られて、しゅんちゃんをなだめ言い聞かせてくださった。
「もうすぐ、退院なのにどうした?」、先生に抱きかかえられながらも暴れる。
母はなす術もなく涙をこらえるのに必死。
同室のお母さんも、もらい泣き?一緒に涙を流してくれる・・・

   22日

クリーンに入る、点滴開始。   白血球700、好中球269
口から薬も飲めなくなったので注射で入れてもらう。

   24日

やっと、牛乳が少しずつ飲めるようになる。

   25日

なんとか食べれるようになった、が下痢が始まる。
(3日間続く
まだ、クリーン中だが、予約をしていたのでガリウムシンチの薬を入れにいく。
IVHからではなく手の甲に針を刺す。
話がちがう〜〜」としゅんちゃん、半泣き。

   27日

普段だと、すでにクリーンは解除していてもいい頃なのに・・・
シンチの薬を入れたので核医学診療室撮影に行く。
(ここは人が少ないから大丈夫??)

一時間も動かず、じ〜〜としてなさいって言ってあったのに
「足がかゆい」だの「あつい」だの言いたい放題で、モゴモゴ動く・・・

   30日

最後のクリーン解除。  退院が見えてきた!!

10月1日

CTを撮る。
撮り終えた後、しゅんちゃんは自分の体重を気にしているのか
5階までの階段を上がるという。(入院時より7Kg増)
そんなことにつきあったら母は、しばらく動けなくなるのは目に見えている。
ふと主治医のO先生と目が会う。「僕が付き合います・・・」
あ〜〜ぁ、そうでなくても忙しい研修医のDrなのに申し訳ない。

しゅんちゃんは当然「ひぃーひぃー」言いながら5階に到着。
明日は検査結果が全部出る。

    2日

血液グループの先生が回診にこられたので、しゅんちゃんが聞く。
「おれのリンパしつ、どうだった??」(ちょっとちがうぞ・・・)
「あっ、全部いいですよ」
やった!!
退院だ!!
 
    3日

いよいよ、半年間しゅんちゃんの胸に入っていたIVHを取る。
胸の白いところに入ってます。
治療で泣いているわけではないです。(母に叱られて・・・)

朝、昼絶食。つらい!!
O先生と看護婦さんがお迎えに来た。ドキドキ・・・
取る時は手術室ではなくICUで抜去する。
エレベーターから降りたしゅんちゃんは、すれ違う病院関係者(白衣の人)
全員に哀願する「おれは、薬で寝させてとってよ!
注射はいやだよ!寝かせてよ!!」 オイオイ、その人たちは違うってば。
(しゅんちゃんくらいの年齢は局所麻酔で取るらしい・・・)
ICUの扉が開く・・・しゅんちゃんはストレッチャーに正座?!
そのままスルスルの引かれてICUに入って行った。

あとで主治医から聞いた話しでは「しゅんすけは寝るまでにぎやかだった。
ふだんICUは静かな所なのに」と言われた。

とりあえず、無事IVH抜去できました。
夕方、研修医の先生方5人が2号室にドドッと入ってきた。
O先生が「しゅんすけ、おめでとう!!記念撮影しよう!」
エレベーターホールでみんなと記念撮影!!
この日ばかりはクリーン中のお友達もコソッと抜け出し合流。
楽しいひとときでした。
  
    4日
 
朝からしゅんちゃんも母も落ち着かない。
お父さんのお迎えがくる前に荷物をまとめなきゃ。
なんとコロケース3個分以上の半年間の荷物になっていた。
同室のお友達が退院プレゼントをくれた。

昨日の夜、お世話になった先生にお手紙を書いていたしゅんちゃん。
内容は教えてくれないが、どうやら粘膜障害で苦しんだ時
暴れてごめんなさい、病気をなおしてくれてありがとう、みたいなことを書いていたらしい。

みんなに「ありがとう、さようなら」をして正面玄関を出て病院を見る。
しゅんちゃん「うわ〜〜こんな病院だったんかー」と感想を言う。
中からしか見たことなかったのね。



しゅんちゃん、よくがんばったね。退院おめでとう!!