平成6年度文部省科学研究費補助金(奨励研究(B))[課題番号:06903008

 

 

英語字幕データベースを利用した機能別英語表現の丁寧さ・語法・ニュアンスの研究

                                                        

 

はじめに

 

 本稿の目的は,映画の字幕データベースを利用して,機能別英語表現の丁寧さ・語法・ニュアンスの差を明らかにすることである。 我々が英語を使ってコミュニケーションする際の最も大きな障壁の一つは,我々が見聞する英語表現の丁寧さやニュアンスがほとんど理解できないことにある。我々英語を母語としない者にとっては個々の英語表現の外延的意味(denotation) を理解することはそれほど困難ではないが,その表現の内包的な意味(connotation)を理解することは英語を使って長年,英語圏に住むことなしにはほとんど不可能である。そこで我々はネイテイヴを対象にしたアンケートの統計学的処理を通じて個々の英語表現の丁寧度を確定した。次にそこで得られた知見(ネイテイヴのコメントを含む)をもとに英語の映画字幕データベースを利用して個々の表現を検索し,その語法・出現頻度・ニュアンスを可能な限り記述することにした。

 

 

1. 調査の方法

 

1.1機能別英語表現のサンプルの確定

 我々は様々な英語表現のなかで,日本人が ALT との交流やホームステイなどで最もよく使うと予想される 1)許可を得る 2)物を要求する 3)依頼する 4)勧誘する 5)提案する の5つの機能を確定し,その機能を表現すると思われる対象文(サンプル)を様々な内外の学習辞書・語法辞典・専門書から選んだ。その基準は日本人学習者がその学習の過程で出くわす確率の高い表現,言い換えると「受験英語」のなかで出題されたり学習参考書のなかで触れられることの多い表現を選んだ。また,日本人学習者には馴染みが少なくても欧米のEFL・ESL用の学習教材で使用頻度が高いと思われるものも参考にした。対象文は1つの機能につき10例を目安に選定したのは,対象文が多すぎるとアンケートの回答率が低くなることを懸念したからである。

 

1.2 丁寧さの確定

 岡山県在住の英語を母語とする若者(ALT)80名(国籍・年齢・男女については資料@を参照)にアンケートを郵送し,機能別対象文の丁寧度を1〜5の数値で回答してもらった。与えられた状況のなかで使われることがないと判断した対象文にはX印をつけてもらった。丁寧度の基準は以下のとおりである。

 

1: too informal or rude; sometimes offending

2: informal; used among close friends

3: commonly used; neutral expression

4: respectful or polite expression; not sarcastic

5: too polite or too formal; sometimes sarcastic

 

 丁寧度の確定は平均値 +-2.5X標準偏差値)を「はずれ値」(outliner)として計算から除外し,新たに平均値を求めた。回答率は50%をうわまわったが,アンケートの趣旨を十分に理解しない回答・答え方に混乱のある者もありそれらを除外すると,有意な回答は36名であると判断した。回答のなかから我々日本人学習者が気付かない微妙なニュアンスの差・語法上の差を示してくれる貴重なコメントを多数得ることができた。以上の作業を通じて得たのが資料Aである。

 

1.3 英語字幕データベースの構築と検索

 アメリカの聴覚障害者向けに開発されたCC(クローズド・キャプション)付きの映画を改良し,台詞を100%デイスクに入れた(LDG)19本のシナリオをライメックス・エレクトロニクス社のCCデコーダ LCD-3000付属 NEC PC9801対応版ソフトウェアーCAPTION PRINT ver. 1.00を利用してテクストファイルに落として350,606語の映画英語字幕データベースを構築した。次にOUPの Micro Concord を利用して構築したデータベースから当該の英語表現を検索した。本文中の映画の台詞からとった例文の末尾にタイトル名と台詞の行数を記載した。今後の検索を容易にするためである。使用したLD−Gは以下の19本である。

 

THE BODYGUARD(1992) THE FIRM(1993) FINAL ANALYSIS(1992) AMERICAN GRAFFITI(1973) ONCE UPON A TIME IN AMERICA(1984) MADE IN AMERICA(1993) GONE WITH THE WIND(1939) CASABLANCA(1943)  SISTER ACT(1992)  INDIANA JONES AND THE TEMPLES OF DOOM(1984) THE HUNT IS ON(1990)  BLADE RUNNER(1982)  THE SANDS OF TIME(1992) HOME ALONE 2(1992) ANNE OF THE GREEN GABLES(1985) DIE HARD 2(1990) JFK(1991) SCENT OF A WOMAN(1992) BACK TO THE FUTURE 3(1990)

 

2. 英語表現の機能と丁寧さ

 

 様々な英語表現の機能と丁寧さを考える場合一番重要なのが,統語上の形態およびそれにもとづく見かけの機能と実際に暗示されている機能を区別する事である。 Will you open the door? は,統語論の観点からは相手の意志を問う機能を持つ疑問文であるが,実際のコミユニケーションの現場では,「指示・依頼」の機能を果たしている。同様に,Could I have another cup of coffee? は統語論の観点からは許可を求める疑問文であるが,実際の場面では「要求」の機能を表わしている。この「外見」と「実相」の区別をすることが本稿のテーマである「丁寧さ」を理解する上で不可欠になる。なぜなら、「依頼」「要求」の機能がどのような統語上の形態および見かけの機能で表現されているかによって、丁寧さのレベルが相対的に決まってくるからである。

 第二に,ある言語における統語論上の形態および見かけの機能と実際の機能との結び付きは恣意的であって,異なる言語においては当然異なった結び付きかたをするということも銘記されてよい事柄である。たとえば,日本語では相手に丁寧にパーテイーに「招待」するとき,「恐れ入りますが,パーテーに来ていただけないでしょうか」と相手に「依頼」するが,英語では Would you like to come to my party? と相手の「意志を問う」かたちをとるのが普通である。そのため、日本語の「丁寧」な統語上の形態を英語にそのまま持ち込むことによって思わぬ誤解を引き起こしかねないからである。

 第三に、語用論のレベルでの考察では、統語論、意味論におけるような「規則」を求めることが本質的に不可能であり、唯一望みうるのは「原理」にすぎないという点である。このことは Can't you sit down? が何故に「話し手の苛立ちを」表わし、逆に Won't you sit down? が何故 Will you sit down? より丁寧な「勧誘」の意味を表わすかを考えたとき、そこに見出せるものは「気配りの原則」とでも呼ぶほかない、曖昧な説明しか浮かんでこないことからも想像がつくと思われる。

 第四は、語用論の理論的考察は、最終的にコーパス研究などによる検証が不可欠であるという点である。いま現在の言葉の使われかたを無視して理論的な「丁寧さ」にのみかかわることの無意味さは自明のことと考えられる。

 このように,言語の実際の使われかたを議論する「語用論」にかかわる論稿では,用意周到な概念装置を完備して立ち向かう必要があるが,今回の研究では日常的な意味での「依頼」「提案」「許可」「要求」「勧誘」などという概念を使って議論を進めていることをあらかじめ御断りしておきたい。 

 

2.1 許可を得る

 

 

         対 象 文

丁寧度

×数

SD

 @

Can't I borrow your pen?

1.4

29

0.40

 A

Let me borrow your pen, would you?

1.8

20

0.25

 B

Can I borrow your pen?

2.5

0

0.08

 C

Is it OK if I borrow your pen?

2.8

1

0.22

 D

May I borrow your pen?

3.4

0

0.03

 E

Would you mind if I borrow your pen?

3.8

0

0.06

 F

I don't suppose I could borrow your pen, could I?

4.5

7

-0.01

 G

I was wondering if I could borrow your pen.

4.6

1

0.10

 

 

2.1.1 前回の研究のまとめ

 

1)@のような否定疑問の用法の中には,批判的な響きを伴うものがあり,誤解を避けるためにも日常会話では使用を控えることが多い。

2)文末に would you のような語句を付加することはぎこちない印象を与える。

3)許可を得る表現として自然で適切なものはBCDEである。

 

2.1.2 Informantのコメント

 

@ Can't I borrow your pen?

前回の調査において,この表現にたいする informant のコメントは次の通りであった。

informant のコメント】

Only used if there was initial refusal.

I would never use this.

I disagree with beginning a sentence using the negative form. It sounds weak.

Sounds very derogatory.

I have never heard this expression and would never use it.

A negative question is pretty rude in English, different from Japanese, e.g. "行きませんか"

A demand, rather than a request.

Could be OK in some situations, but offending in others.

Only used if you already knew that the answer was negative.

Use the negative only when you expect the other person has a reason to refuse. It is like "Why can't I borrow your pen?" Demanding expression.

I wouldn't use this unless someone has already said no, and you are asking again.

This implies that the person asking to borrow the pen has already been denied the request.

 

 COLLINS COBUILD ENGLISH USAGE1992,以下CCEU)は否定疑問文に関して次のような説明をしている。

     1) You use a negative 'yes/no'-question when you think the answer will be, or should be, 'Yes'.

 確かに否定疑問文を用いる発端はこの説明の通りであるが,この否定疑問文が相手にどのような心理的影響を与えるか説明されていない。否定疑問文を使用することで生じる様々な問題については,Qおよび 30 で触れるが,ここでは否定疑問文の問題の概要を説明する。 否定疑問文は単に「...ではないですか」という意味を表わすだけではない。この他に,「ええ?...じゃないの?」という場合のような「驚き」や「不信」を示すこともある。 すなわち,「私はいままで...だと期待していたのに(OLD EXPECTATION),そうではないんですか(NEW EXPECTATION)」というような響きを持つのである。 そのために,しばしば「失望」や「いらだち」を伴うのである[Greenbaum(1991)]

 前回の調査では,@は丁寧度が1.4であり,この表現が不適当であるということを示す×の数が29もあった。 そしていずれのコメントも@のような否定疑問の使用については否定的であった。

 今回の調査でも,Can't I...?の例としては,次の2文が発見されただけである。

     2) Can't I get the first-class meal my network paid for? (DIE HARD2:347)                     

     3) Can't I stay up for the ball? (GONE WITH THE WIND:279)

上記informant のコメントの中にもあるように,英語での否定疑問が無礼に響くのは,この表現が"Why can't I borrow your pen?"というようないらだちを伴う表現と受け取られる可能性があるからである。 このことは2)の文からもわかる。これは,13歳になるスカーレットが母親に舞踏会に参加をしてもいいかと何度もたずねている台詞だが,母親はパーティに着ていくドレスを選ぶのに夢中になっていてなかなかスカーレットの質問に答えてくれない。そこでしびれをきらした彼女がついに次のような発言をする場面がこの後に続くのである。

     4) Why can't I stay up for the ball tomorrow night? (GONE WITH THE WIND:286)

 

 

A Let me borrow your pen, would you? 

informant のコメント】

I never use this.

"would you?" is awkward.

Okay in some situations, but offending in others.

A very awkward expression, rarely used. "Would you let me borrow your pen? (politeness level 3)" is more common.

"Let me borrow your pen." is OK.

"Let me borrow..., would you?" can range from a commonly used expression to rude over assumption, mostly depending on slight inflections of tone in the voice.

 

 Blundell et al.(1990)informalな表現として,次の例をあげている。

     5) Let me borrow that old camera of yours for a few days, would you?

一方,CCEU(1992)"Let me...."について次のように説明している。

     6) Another way of requesting permission is to say 'Let me...'. However, if you use a firm tone, this can sound like an order.

強い調子でいうと命令の響きがするということは注目すべきことである。そもそもlet me は行動意欲の強い表現であり,相手に有利になる行動のときは「敬意的」であるが,相手に迷惑になるような行動のときには失礼な言い方になる。例えば,Let me help you. なら敬意だが, Let me ask you a question. と目上の人にいえば失礼になる[大杉(1982)]

 前回の調査では,Aの文も@と同じく,不適切であるという指摘が多かった。文尾に would you を付加することに違和感を感じると複数のinformantが指摘している。Aの丁寧度は1.8,×の数は20であった。 

 今回の調査で,"Let me ..."表現は次の5種類の用法が検索された。

 

  ア)相手に何かを命令・要求する(34例)

     7) Let me ask you something, Lou. (JFK:3624)

     8) Let me have him. (ONCE UPON A TIME IN AMERICA:1562)

     9) Let me take a look. (INDIANA JONES AND THE TEMPLE OF DOOM:830)

  イ.条件節の中で「もし...させてくれるなら」(11例)

     10) But if you let me tell you what I imagine about myself, you'd find it

      more interesting. (ANNE OF THE GREEN GABLES:176)

  ウ.相手に何かをしてあげる(6例)

     11) Let me help you. (BLADE RUNNER:500)

  エ.独白的表現(5例)

     12) Um, let me guess. (HOME ALONE2:55)

  オ.許可を得る(3例)

     13) Hammond, please let me stay with you? (ANNE OF THE GREEN GABLES:152)

     14) Ashley, let me go to the depot with you? (GONE WITH THE WIND:1523)

     15) Uh, let me talk to her, all right? (MADE IN AMERICA:2456)

"Let me..."を許可を求める表現として使用する例は意外と少ない。また,"Let me ..., would you?"という表現は全く検索できなかった。Aはその使用にあたっては十分な注意が必要な表現である。

 

B Can I borrow your pen?

informant のコメント】

I chose this since it is a small request.

"Can" is more informal.  

More common and more polite to add "please" at the end of the request.

Feel comfortable.

More polite with addition of "please".

Safer, informal.

 

 CCEU(1992)は許可を求める場合の"can""may"の関係について次のように説明している。

     16) People used to be taught that, when asking for permission, it was correct to use 'may' rather than 'can,

and 'might' rather than 'could'. However, 'can' and 'could' are now generally used.

つまり,"Can I...?"の方が今ではinformalな表現としてよく使われているというのだ。

 

 前回の調査では,Bの表現は,許可を得る場合にinformalな場面でごく普通に使われる妥当な表現であると多くのinformantが回答した。

 また,今回の調査でも Can I ... については多くの用例が検索されている。ただし,Can I ... の表現がすべて,「許可を得る」ための表現ではない。調査から得た用例は次の4つに分類できる。

   ア)相手に何かをしてあげる表現

     17) Can I help you? (ONCE UPON A TIME IN AMERICA:2352)

     18) Can I get you somethin' else? (DIE HARD 2:263)

      19) Can I take that for you, sir? (ONCE UPON A TIME IN AMERICA:785)

   イ.可能をあらわす

     20) How can I do this? (AMERICAN GRAFFITI:472)

      21) How can I make a reservation for a hotel room? (HOME ALONE 2:581)

   ウ.依頼・要求をあらわす

     22) Can I see, uh, Special Agent Hosty, please? (JFK:6371)

   エ.許可を得る

     23) Oh, can I have your autograph? (THE BODYGURAD:530)

     24) Wolfe, can I speak with you a minute?(AMERICAN GRAFFITI:623)

この表現は確かに年齢に関係なく広範囲に使用されている。informalな表現ではあるが,25)のように,Excuse me, Miss Salome などのSOFTENER[鶴田(1988)]を用いることでformalな場でも使っている例もある。

    25) Excuse me, Miss Salome, can I talk to you for a minute? (BLADE RUNNER:714)

 

C Is it OK if I borrow your pen?

informant のコメント】

Comfortable.

Wouldn't be used with a small insignificant object like a pen, but rather a car or something valuable (used with family members, friends)

 

 Can I... May I...?よりもさらに間接的な表現として,Is it all right if...?さらにinformalな表現として Is it Okay if I...?がある[CCEU(1992)]

 前回の調査では,Cの表現はinformantによって評価が別れた。適当という意見と,ペンを借りる程度のささいなことには使用しないという意見である。

 今回我々が検索した限りでは,Is it OK if .../ Is it all right ...?という表現は全く発見できなかった。唯一あったのが,26)であるが,これは「その小切手は本物だろうね」という意味であり,許可を得る表現ではない。

     26) Some German -- ba-ba-ba-boon -- gave this check.

Is it all right? (CASABLANCA:451)

 前回の調査で,我々は次の2点の理由から,Cの表現を「許可を得る表現として自然で適切なもの」と判断した。しかし,今回は使用例が見つからず,その検証はできなかった。

   ア)この表現を不適切としているinformantは1名しかいない

   イ)丁寧度が2.5という妥当な値である

 

D May I borrow your pen?

informant のコメント】

"May" is usually only used formally.

"May I" is more polite and better than "Can I".

More common and polite to add "please."

comfortable.

 

 Bで指摘したようにCCEU(1992)"'May I...?'sounds very polite and formal"と述べている。

 前回の調査でも,丁寧度3.4という評価を得た。そして,どちらかというとformalな表現に近いという informant のコメントがあった。

 今回の検索で得た"May I..."のデータは41例であった。"May I..."27)のように明らかに「許可を求める」ほかに,「許可を求める」形をとりながら,28)...30)のように指示や命令をしたり,提案したりすることも多い。

     27) May I use the rosebud stray tea set, Marilla? (ANNE OF THE GREEN GABLES:1556)

     28) May I see some I.D.? (SCENT OF A WOMAN:1981)

     29) May I take your coat, sir? (THE FIRM:71)

     30) May I get you something to drink? (FINAL ANALYSIS:2030)

Dのカバーする範囲は広いが,「許可を得る」場合でもごく普通に使われる表現であることがわかる。

 

E Would you mind if I borrow your pen?

informant のコメント】

Comfortable, the most polite.

 

 Would you mind...? はものを頼むときの最も普通な表現の一つであるといわれている[Thomson(1993)]CCEU(1992)は直接的に人に許可を求める表現の中でも,丁寧な問い方として次の例をあげている。

     31) Would you mind if I just ask you some routine question?

ただし,鶴田(1988)"Would you mind ...ing"について「口調は丁寧だが,きわめて押しつけがましいものである。...『指示』の表現としてのみ使われ,『依頼』の表現として使われることはない。」と明言している。

 前回の調査では,Eは丁寧度3.8と比較的高く,コメントも好意的であった。そして,この表現を不適当とするinformant は一人もいなかった。

今回我々は,コメントにあるようにEが許可を得る表現として実際に妥当なものであるかどうかを検証してみた。検索から得たデータは次の2つに分類できた。

   ア)希望や要求をあらわす

     32) Would you mind satisfying my curiosity on a point which has bothered  

       me for some time? (GONE WITH THE WIND:3676)

   イ)許可を得る

     33) Would you mind if we take a look? (DIE HARD 2:194)

     34) Well, would you mind if we waited with you? (SCENT OF A WOMAN:2045)

34)の例についていえば,ホテルで見かけた美しい女性に主人公(2名)が声をかけたところ,その女性が人を待っているのだと答える。そこでそれじゃその人をいっしょに待たせてもらえないかと言って,この女性となんとか会話の糸口をつかもうとしているところである。これは初対面に人に対して用いている表現であり,前回の調査の3.8という丁寧度は妥当な数値である。また,業者が配管のチェックをするために庭の中を見せて欲しいといっている33)の文では,if節の中は直説法であるのに対し,妙齢の女性にぶしつけなお願いをしている34)の文では,仮定法が使用されていることも注目に値する。このEの表現は検索例こそ少ないが,実際の会話で使用されており,許可を得る表現として適切であるといえる。

 

F I don't suppose I could borrow your pen, could I?

informant のコメント】

Unusual to use a long sentence in this situation.

Very circuitous way of requesting something, and seems to be very "British" - maybe not said in the USA at all. Only used with older,

  superior, or strange people.

sarcastic

Not very common.

Too polite to be appropriate.

Only used if someone were begging for something and knew that the answer would probably be no.

Could be level 4 or 5, depending on the tone of voice.

Can be used only when talking to someone you know - not a stranger.

 

 丁寧すぎる表現は,逆に皮肉と受け取られ相手の反感を買う恐れがある。例え同じ相手であっても,「ペン」を借りる場合と「車」を借りる場合ではおのずと丁寧度に差が出てくるはずである。

 前回の調査では,このFの表現が親しい間柄で使われるのか,見知らぬ人に対して用いられるのかについては informant の間にも相反する評価があった。しかし,全体としてはあまり使われないというコメントが多かった(×数は7)。Fはあまりにも丁寧すぎて,見知らぬ人以外に対して用いることはないというのである。

 実際,今回の調査でも I don't suppose ..., could you? の表現は一例も見られなかった。また,"..., could you?"を文末に付加する表現も見当たらなかった。丁寧度は4.3となっているが,この表現はあまり一般的ではないといえよう。

 

G I was wondering if I could borrow your pen?

informant のコメント】

Unusual to use a long sentence in this situation.

Very circuitous way of requesting something.

Too polite for a minor request.

Not very common.

Rather over the top. If the object was a car, this level of politeness would be appropriate.

Not appropriate here. Could be used to ask permission for something more important.

 

 Bundle et al.(1990)は,店でシャツを買う前に試着したいとき,

     35) I was wondering if I could try this one?

ということもできる,そしてこの表現は neutral で,formal にも informal にもなり得るとしてる。

 しかし,前回の調査では,丁寧度は4.6であった。また,この表現自体は適切であるが,「ペンを借りる」程度のことではおおげさすぎるというコメントが多かった。

 今回の調査では,許可を得るために I was wondering(or I wonder) if you could .... の表現を用いている例は3例あり,その一つは次のようなものであった。

     36) A: Monsieur Blaine, I wonder if I could talk to you.

       B: Go ahead.

       A: Well, isn't there some other place?

Bが他の人と会話をしているところにAが口をはさんでいった場面である。状況から考えると,当然ここでは丁寧な表現を使うはずであり,前回の調査の丁寧度4.7は妥当なものだといえる。

 

2.1.3 その他

 

informantのコメント】

English has only three levels:

1.among close friends

2.neutral

3.extremely polite (not used so often)

Many of these expressions could be rendered more polite by the addition of"please".

Levels of politeness are even more difficult when tone is considered.

These are all contextual.

"Let me borrow your pen, okay?" is often used.

Within reason, the longer the sentence the more polite it is.

It depends on how the person used it, the tone of voice and the situation. What could be called "polite" or "formal" just sounds stuff to me.

"Can't you", "Won't you", "Don't you" etc. are easy to offend someone. Many teachers in Japan say "Can't you understand?" It implies the teacher thinks the question is easy and the student should know the answer. It is a bit condescending.

I always use "please" when asking for something, even with my close friends. It can be very impolite without it, especially when talking to strangers/acquaintances.

Sarcasm is dependent upon a person's tone more so than a particular expression.

Politeness can be inferred from the "manner" in which you ask the question.

The use depends very much on the context; the mood or the speaker and what has been said before. Many things can be said sarcastically.

I often use: I was wondering if I could borrow your pen?

 

 上記のコメントの中にもあるように,ことばが多くなるほど丁寧度が増すことは事実である。

「許可を得る」表現として他に次の表現を調べてみた。(数字は検索数)

  ア) Could I...?          10例)

  イ) Do you mind if I...? (6例)

  ウ) It that(it) OK(all right)...? (3例)

  エ) Mind if...? (3例)

  オ) ..., if I may. (2例)

  カ) Do you think I could...?   (1例)

"Could I...?"の表現が比較的よく用いられていることがわかる。

 

2.2 ものを要求する

 

(At a party, you are asking a host/hostess for a coke.)

 

 

         対 象 文

丁寧度

×数

SD

 H

Give me a coke, please.

1.5

5

-0.06

 I

Have you got a coke?

2.1

4

0.17

 J

Could you give me a coke, please?

2.8

3

-0.5

 K

Could I have a coke, please?

3.3

0

0.1

 L

Will you please give me a coke?

3.4

9

-0.62

 M

May I have a coke?

3.4

0

0.15

 N

Would you happen to have a coke?

4.2

8

0.12

 O

Would you mind giving me a coke?

4.3

9

-0.3

 

 

 

2.2.1. 前回の調査のまとめ

 

1)Give me は,とりわけ後ろに「食べ物」がくると粗野で無礼な響きを持つ。

2)Will you please ... please の位置に問題があり,話者のいらだちを示し,聞き手に無礼な印象を表す。

3)NOは丁寧すぎて皮肉に響くことがある。

4)相手にものを求めるのに適した表現はKとLである。

 

2.2.2. Infomantのコメント

 

H Give me a coke, please

informant のコメント】

Brusque or rude(if not in response: "What would you like?"

"Give me ..." is almost aggressive.

Expressions with "give" sound neither polite nor natural, because it is an instruction to the host/hostess.

Very rude.

Too abrupt.

A demand, not a request.

It would be almost rude without the please. "Give me" is not polite.

If "please" leads sentence, sounds softer, less rude.

Could be used in answer to the question "What would you like ...?" but it's not so polite on its own.

"Give" has a certain "demanding" quality.

 

 前置のplease と後置のplease では多少の違いがある。丁重な書き言葉や掲示などでは Please close the door. のように please を前置するほうが好まれる[小西(1989)]

 前回の調査でも,informant のコメントの中で「please が文頭にあるならもっと軟らかな響きになる」という指摘があった。一方,ALet me borrow your pen, would you? のように would you?を文末に置くことについては批判がでていた。こうしたいわば SOFTENER の役割を果たす語句が文末にくると「丁寧さを後から付け足した」ような印象を聞き手に与えてしまうからであろう。

 今回の調査では,pleaseを使用した文は325あった。

 また,give 自体が強いインパクトを持つ語であるため,たとえ please をつけたからといって,日本語の「...してください」になるわけではない。特に give me の後には「具体的な事物」がくるといっそうインパクトが強まると考えられる。今回の調査でも1)6)のように「具体的な事物」ではなく「抽象名詞」がくることの方が多かった。

     1) Just give me a minute. (THE BODYGUARD:849)

     2) Give me the details. (SCENT OF A WOMAN:1039)

     3) Charlie, give me your hand. (SCENT OF A WOMAN:2332)

     4) Give me the count. (THE HUNT IS ON:1608)

     5) Give me an A, please. (SISTER ACT:1479) A は音楽のイ調

     6) At least give me the chance to settle the debt that I owe to you. (ONCE UPON A TIME IN AMERICA:2575)

また,たとえ「具体的な事物」がきても,7)8)のように丁寧な表現が許されないような緊迫した状況で発せられたり,上下関係がはっきりしている中で上の者が下の者に命令する場合に使われていることが多い。

     7)(自殺しようとしているColonelに向かって)Give me the gun, Colonel.  (SCENT OF A WOMAN:2856)

     8) Give me your hat. - Why? - 'cause I'm gonna poke in it.  (INDIANA JONES AND THE TEMLE:645)

     9) Give me something for the pain! (GONE WITH THE WIND:1722)

Hは,

   ア)please の後置

   イ) 動詞give

   ウ)give + 食べ物

の3点において問題があり,「ものを要求する表現」としては注意を要する表現といえる。

 

I Have you got a coke?

informant のコメント】

Better to ask "Have you got any coke?"or "Do you have (any) coke?"

A demand, not a request.

This does not ask for anything. It only asks if the host has it, not that you want it.

Depends on the manner and tone of voice.

 

  CCEU(1992) have got について"Have got is often used in spoken English with the same meaning as 'have'."と説明し,次の例文を載せている。

     10) Have you got enough dusters?

 しかし,上記のコメントにあるように,have の代わりに have got を使う場合は丁寧度が低い(2.1)。前回の調査でも,またさまざまに解釈され得る表現でもある。「これはただ,ものの有無をきいてるのであって要求ではない」というコメントの中の指摘は,われわれの文化では考えられないが,はっきりものをいう社会では起こりうることなのだろう。

 今回の調査では,単に有無を尋ねる表現として次のような例が見られた。

   11) Rick, have you got those letters of transit? (CASABLANCA:1875)

結局,この調査で検索された「ものを要求する Have you got ...?」の用例は,12)の「(私と話す)時間があるか」とたずねる表現を別にすれば,13)の1例だけであった。

     12) Have you got a minute? (THE HUNT IS ON:369)

     13) I'd like, uh-- Have you got any, uh-- Do you have any

garden rakes? (ANNE OF THE GREEN GABLES:2344)

13)の場合,最初は"Have you got..."で尋ねようとしたのだが,「ものを借りる」表現としては"have got"があまりにinformalであるのに気付き,"Do you have..."と言い換えているのである。こうした例からみても,Iは「ものを要求する表現」としては多用されていないと考えられる。

 

J Could you give me a coke, please

informant のコメント】

"Give" has a certain demanding quality. Combined with "Could.., please.", it still sounds like an order and can be misconstrued as rude.

 

 鶴田(1988)Could you ..., please は遠慮した「指示」であり,上司が床にばらまいてしまった書類を秘書に揃えてもらう場合など,本来の業務とは異なったことを頼む場合などに使われると述べている。

 前回の調査では2.8の丁寧度であったが,ものを要求する表現として不適当だというinformantが3人いた。

 今度の調査でも,ものを要求する場合に、"Could you...?"を使用した例は2例あったが,いずれも14)のように動詞は give ではなく,hand が使用されていた。

    14) Ah, sir, could you hand me that hammer? (THE HUNT IS ON:2702)

 このJの表現(動詞にgiveを用いたもの)は上記のコメントにもあらわれているように丁寧さへの努力は見られるが, 鶴田(1988)のいうように「遠慮した指示」すなわち「命令」であることに変わりはなく,それ故に「無礼」と受け取られる可能性が残っている(「6.終わりに」を参照)

 

K Could I have a coke, please?

informant のコメント】

The best choice for asking a host/hostess for a coke.

You could say this at any time, as long as it was said in a nice way.

Slightly more formal, and perhaps best.

Probably used most often.

Depends on the manner and the tone of voice.

 

 大杉(1982)は同じことを聞く場合, 15)のようにyou のある質問よりも,16)のようにyou のない表現をすれば感じのよい敬意的な表現になるとしてこれを「"you"格納表現」と名づけている。

     15) Would you like something else?

     16) Will there be anything else, sir[ma'am]?

また,田中(1988)17)のようにyouを主語にするより,18)のようにのように仮主語のitを文頭に置く表現のほうが,ずばり相手のyouを文頭に置く表現より遠回しな言い方になるので適切であると述べている。

     17) You're unkind to do that.

     18) It's unkind of you to do that.

またCCEU(1992)は,Kは"Can I have ..., please?" より丁寧であるとして,次の例文をあげている。

     19) Could I have another cup of coffee?

 前回の調査でも上記の【informant のコメント】にあるように,JとKはいずれも"Could...,please?"表現であるにもかかわらず,その評価には大きな差が見られた。Kの方は丁寧度3.3であり,これを不適切な表現とするinformantは皆無であった。その原因は,

   ア)「"you"が格納」されたこと

   イ)直接的な表現のgiveがより間接的なhaveに置き換えられたこと

の2点によるものである。

     20) Sister Mary Clarence, could I have a word with you.

     21) Could I have a couple of those fries? (AMERICAN GRAFFITI:117)

20)は、ある人が演説しているのを邪魔しているところであり,やはり丁寧な表現となっている。Kはものを要求する表現としては適切な表現であるといえる。

 

L Will you please give me a coke?

informant のコメント】

Sound very sarcastic if certain intonation is used.

The wording is awkward and therefore inappropriate.

In the wrong context--used only after several requests for the same thing.

Sounds awkward.

"Please" would be more natural at the end of the request. "Will you give me a coke, please?"--Politeness 2

Depends on the manner and the tone of voice.

The position of "please" in this sentence makes the request rather rude, and shows irritation on the part of the speaker. (i.e. "I asked for a coke few minutes ago, but you haven't given it to me yet."

 

 この表現は一般に,丁寧な「要求」「依頼」が表される場合には疑問文の文尾は軽い上昇調になるが,「指示」や「忠告」では文尾が下降調になることも多い。この場合,しばしば疑問符が落とされる。また,話し手のいらだちや怒りなどが含意されることがある。[小西(1989)]

 前回の調査では,丁寧度は3.4だが,×の数は9と比較的多く,この位置にplease を置くことはrudeであるというinformantの指摘もあった。ただ,この位置の please についてはイギリスの学習文法書にも次の例が見える。

    22) Could you please make less noise? [Greenbaum/Quirk(1991)]

 今回の調査では,7つの Will you please ...?表現」が見つかったが,いずれも

    23) Will you please come with us? (CASABLANCA:702)

のように「動作を要求する」ものばかりで,「ものを要求する」意味の文は発見できなかった。ものを要求する場合にLの表現はあまり一般的ではないようである。

 

M May I have a coke?

informant のコメント】

The best choice for asking a host/hostess for a coke.

"May I have a coke, please?" is not too formal, nor is it sarcastic. This is the expression I usually use when asking for something.

Slightly more formal, and perhaps best.

 

 許可を求める場合,今ではcanが一般的であり,mayは大変formalであるというCCEU(1992)の説明はBですでに述べた。

 前回の調査では,Mは丁寧度3.4で Jの Could I have ...(丁寧度3.3)とほぼ等しくまた informant のコメントも大変好意的であった。いずれも乱暴な響きを持つ「give」でなく婉曲的な「have」を用いており,「you を格納」することで丁寧度を高めている。

May I ...?の検索データについてはすでにDで言及しているが,ものを求める表現としては次の1例しかなかった。

     24)(相手がタバコを吸っているのを見て)

       A: May I--may I try it?

       B: You wish to try a cigarette? (THE SANDS OF TIME:1163)

しかし,Can I have...?で検索すると,ものを要求する表現として次の5例が見つかった。

     25) Can I have a Coke, please? (SISTER ACT:1205)

     26) Can I have my hat, Paula? (MADE IN AMERICA:1071)

      27) Ooh, Rhett, can I have one of those chocolate ones stuffed with meringue? (GONE WITH THE WIND:4667)

     28) Can I have some more? (MADE IN AMERICA:1242)

     29) Oh, can I have your autograph? (THE BODYGUARD:530)

ものを要求する場合に have が多用されいていることがわかる。(K参照)

 

N Would you happen to have a coke?

informant のコメント】

O.K. if you are starting the request.

"Happen" is awkward.

Not necessarily incorrect, but the wording is awkward.

 

 「要求・依頼」の場合,助動詞は一般に,can't won't will can would could の順に丁重さの度合いが高くなるといわれる[小西(1989)]。ただし,これはあくまで目安であって絶対的なものではない。

 "happen to..."について鶴田(1988)は相手が時計をしているかどうかわからない場合(答えられるかわからない場合),"Do you happen to know wh-/if..."を用いると述べている。

 前回の調査ではNの丁寧度は4.2とかなり高いが,ものを要求する表現としては awkward という指摘もあった。そして,×の数も8という比較的大きなものであった。そしてその原因は Would youでなくhappen to にあるらしい。

 今回の調査では Would you happen to ...?の表現は1例も検出されなかった。「happen to+動詞」を検索すると11例見つかったが,いずれも次のように単なる肯定文や疑問文の中で使用されており,ものを要求する表現ではなかった。

     30) Excuse me, Mrs. Spencer, would there happen to be any twins among them? (ANNE OF THE GREEN GABLES)

 Nは会話の始めに発せられた発言と解釈すれば必ずしも間違っているとは言い切れないものの,「コークをください」と要求する場合にhappen to...を使うことには不自然さが伴うようである。Nは,ものを要求する表現として不適当といわざるを得ない。

 

O Would you mind giving me a coke?

informant のコメント】

O.K. if the host has already told you what he/she has.

Sounds sarcastic.

Expressions with "give"sound neither polite nor natural, since they are an instruction to the host.

Not necessarily incorrect, but the wording was awkward.

 

 Would you mind ...?という表現は感情的には中立または好意的で,それにformalな響きが加わったものといえる。例えば顔見知りではあるがあまり親しくない人に会議のメモを見せてもらうといった場合には,次のようにいう[高橋(1995)]

     31) Would you mind if I looked at your notes from last week's

meeting?

また,上司がいつも顔をあわせている秘書に今やっている仕事を後回しにして別のことを先にして欲しいという場合は,

     32) Susan, would you mind finishing those letters after lunch and typing this report now, please?

のようにいう[鶴田(1988)]

 前回の調査ではものを要求する表現として我々があげたH〜Oの対象文中ではこのOは最も丁寧度の高いもの(4.3)であった。また,×の数も高く,9あった。

 今回の調査では Would you mind ...ing ...?の表現としては,

     33) Would you mind describing one with your wife?

(THE FIRM:102)

だけであり, Do you mind ...ing...?の検索でも,

     34) Before you go in, do you mind my telling you a few things? (FINAL ANALYSIS:981)

だけであった。これらはいずれも「ものを要求する」表現ではない。前回及び今回の調査から,次の点が予想される。

  ア)Would you mind ...ing...?が「ものを要求する」場合に用いられることは少ない

  イ.Would you mind のような丁寧な表現に give のような直接的で未加工の単語を用

    いると,ちぐはぐな印象を与える

いずれにしても,ものを要求する表現としてはOは適切ではないといえる。

 

2.2.3. その他

 

informantのその他のコメント】

Politeness depends upon context and intonation.

Too polite expressions can sound sarcastic.

There are not defined levels of politeness in English.

It is usually considered impolite to ask for something to drink before it is offered.

"I don't suppose you have a coke, do you?"could be very polite or sarcastic.

In this situation, I would most likely say, "Can I have a coke, please?" or "Do you have a coke?"(Politeness 2-4)

Generally, one would not ask someone defined as a host/hostess for a coke. If a coke was not there for grabbing, many of the "give's" would be "get's" in Canada.

In a situation where people are handing things to each other(picnic, party etc.) "give" is more appropriate, but still not so polite. At a restaurant or even a friend's house, "give" is not polite, however people often use it because they want to convey a sense of control or authority over...a waiter?

Also, I'd like a coke, please.

 

 コメントにもあるように,giveという語は使用に注意すべき動詞である。giveはあまりにも直接的な言葉であり,丁寧さとは相容れない語である。今回give を使った文例335を調査した結果,その目的語に「食べ物・飲み物」をとる例は次の1文だけであった。

     35) Give me some water. (THE SANDS OF TIME:608)

 また,あまりにも丁寧すぎる表現は皮肉に聞こえるのは日本語と同じである。しかしともすると我々は,英語のスピーチレベルを考慮せずに,ときには尊大な,ときには卑屈な表現を知らずに使っているのではないか。これまでの英語教育にはこうした社会言語学的側面の情報が忘れられていたように思われる。

 

 

2.3. 動作を要求する

 

(When you are carrying too heavy baggage)

 

 

         対 象 文

丁寧度

×数

SD

 P

Carry my baggage, will you?

1.3

9

0.20

Q

Won't you carry my baggage?

1.3

21

0.22

 R

I'd like you to carry my baggage.

1.5

17

0.29

 S

Can you carry my baggage?

2.3

3

-0.02

 21

Will you carry my baggage, please?

2.6

2

-0.26

 22

Could you carry my baggage, please?

2.9

1

0.14

 23

Would you mind carrying my baggage, please?

3.6

2

-0.12

 24

I was wondering if you could carry my baggage.

3.9

1

0.02

 25

I'd be grateful if you carry my baggage.

4.2

2

0.12

 

 

 

2.3.1. 前回の研究のまとめ

 

1)want to より 'd like to の方が丁寧であるといわれるが,I'd like you to のような使い方においては必ずしも丁寧ではない。

2)「垣根表現」を付加するによって丁寧度を上げることができる。

3)動作を要求する表現としては,21 22 23 24 が使い易い表現である。

 

2.3.2.Infomantのコメント

 

P Carry my baggage, will you?

informant のコメント】

Sounds like an order.

Rude and not natural.

Sarcastic.

"Will you" is awkward.

An awkward expression, not commonly used.

A command.

 

 

 CCEU(1992)は,"You can use the question tag' will you?' to make an order sound less forceful and more like a request."としながらも,"Note that people also use 'will you?' to make an order more forceful when they are angry."と警告している。

 前回の調査でもこのような question tag に対しては awkward であるという指摘が informantからもしばしば出された。Pの丁寧度は1.3であり,×の数は9であった。すなわち,CCEU(1992)の指摘にあるような丁寧さの効果がほとんど見られなかったのである。

 今回の調査では「命令文,will you?」の文は次の5例が見つかった。

 

     1) Hold it(=hatch) a second, will you? (THE HUNT IS ON:2692)

     2) Teddy, handle this, will you? (MADE IN AMERICA:611)

     3) Now you finish locking up, will you? (CASABLANCA:2364)

     4) Keep that table open for us, will you, Paul? (JFK:2660)

     5) Move that goddam thing out of here, will you, lady? (DIE HARD 2:2388)

 

いずれも社会的心理的に目上のものが目下のものにむかって言っている発言である。「いらだち」を示す5)を除いては,命令・指示の口調を少しでも和らげるために用いられていることがわかる。また,さらに丁寧にするため SOFTENER として名前が付加されることが多い。また,You won't ..., will you? の形も2文あった。

     6) But you won't tell anybody, will you? (GONE WITH THE WIND:4637)

      7)You won't have any trouble in Lisbon, will you? (CASABLANCA:2847)

以上のことから「命令文,will you?」表現は「動作を要求する(依頼)表現」として確かに使用されていることがわかった。informantawkwardであるという指摘は,こうした「命令文,will you?」表現全体に対してなされたのではなく,"Carry my baggage"という表現そのものに対してなされたものと思われる。もしこれが,"Help me with my baggage, will you?"のようなものであればまた違ったコメントが得られたのであろう。( 30 参照)

 

Q Won't you carry my baggage?

informant のコメント】

Rude and not natural.

I have never heard this, and I would never use this.

Very rude. Only used if you know someone doesn't want to do it.

It assumes that other person will say, "no." When making a request, I wouldn't use this form.

 

 否定疑問の持つ問題についてはすでにBで触れた。上記のコメントはいずれも「どうしてやってくれないのだ(してくれてもいいじゃないか)」というニュアンスをQの中に感じとっている。 しかし,依頼したり招待したりするのに否定形の won't を用いると,肯定の答えを期待する感じが強く出るので肯定形の will を用いるより親切に響くという[Bald(1988)]。同様に,Won't you close the window please. の方が,Will you close the window please. より丁寧であるという人もいるとのことである[小西(1989)]

 前回の調査の結果では丁寧度1.3,×の数は21もあった。否定疑問が引き起こすマイナスの効果については,30で述べているように現在の日本の英語教育の中で見落とされていることではないだろうか。( 30 参照)

 

      8) Won't you and Anne join us for tea, Miss Cutherbert? (ANNE OF THE GREEN GABLES:1207)

       9) Oh, Emmet, won't you come in? (BACK TO THE FUTURE 3:1730)

     10) Won't you come in? (SCENT OF A WOMAN:2275)

     11) Oh, Mrs. Watling, won't you come in the house? (GONE WITH THE WIND:4347)

     12) Won't you join us for a drink? (CASABLANCA:1081)

     13) Well, won't you sit down? (CASABLANCA:2379)

     14) Well, won't you sit down? (CASABLANCA:2379)

 

 上の例文に見られるように、"Won't you ..."表現は確かに丁寧な表現として用いられてはいるが,それは「非常に限られた表現」の範囲内でのみ言えるのだということがわかった。(否定疑問については 30 を参照)

 

R I'd like you to carry my baggage.

informant のコメント】

Strange if I am in pain.

Sounds more like a command than a request.

Sounds like an order.

Not a request for the act to be performed.

This is a command, not a request.

Depends on who you are talking to. It's a demanding sentence. Could be sarcastic. Adding "please" makes it more polite.

Not really a polite way to request someone to do something.

Sounds like an order from a superior.

 

 学校英語では「'd like to」は「want to」より丁寧な表現であると教えられてきた。また,LDELC(1992) "would/should like to""to wish"であるとして,次の例を示している。

      15) We'd like him to come.

COBUILD(1987) は,"You can say 'I would like you to...'or'I'd like you to...'as an indirect, polite way of telling someone to do something, especially someone you have authority over."と説明し,

      16) Well look, Ian, what I would like you to do is to try.

を例にあげている。

 しかし,前回の調査ではRについては丁寧度1.5,×の数は17であった。丁寧度が極端に低いのは,コメントにあるようにこの表現が「依頼でなく命令である」という印象を与えたからである。

 今回の調査では I would (またはI'd ) like + + to 」の表現は次の4例が見つかった。

 

      17) Frank, I'd like you to stay on. (THE BODYGUARD:13)

      18) Beverly, I'd like you to meet my friend, Lee and--(JFK:3441)

      19) I'd like you to meet Oliver Lambert. (THE FIRM:78)

      20) I would like you to welcome a new member to our house, Sister Mary Clarence. (SISTER ACT:741)

 

これらはいずれも上司から部下に向けての発言である。例えば88)は,フランクという男に会社の専属にならないかと勧めている場面で発せられた台詞である。その内容が職務上当然の指示・命令である場合は,「I would/I'd like++to」の表現を用いても何ら問題がない。しかし,本来の職務とは関係のない私的な用事を依頼する場合にはこのような表現は適当ではない。つまり,「I would/I'd like++to」という表現は,「上司が部下に仕事の上で指示を与える」ような場合にはよく用いられるが,「私的な用事を依頼する」ために用いられた場合は,相手に有無をいわさぬ命令表現と受けとられ,無礼にきこえるということがわかる。仕事以外での依頼にRを使用することは避けたほうがよいであろう。

 

S Can you carry my baggage?

informant のコメント】

Not a request for the act to be performed. Could be answered "yes"without the person intending to help.

Slang for close friends. Here it sounds like "Are you able...?"rather than "Will you...?"

I usually use to a porter. "Can you carry my bag for me?" or "Would you mind carrying this for me?"

 

 LDELC(1992)は,"can""used when asking someone to do something, give something, etc."と説明し,

      21) Can you help me to lift it, please?

を例として載せている。OALD(1989)"indicating requests"として,

      22) Can you help me with this box?

      23) Can you feed the cat?

を例示している。

 前回の調査では,丁寧度は2.3,×数は3であった。Bにもあったが,Can...?が「依頼」ではなく「可能」として受け取られうるという指摘がここでも見られた。様々な文化背景を持つ人々が集まっている社会では,「依頼」なら「依頼」であることをはっきりと示す必要があるらしい。つまり,コメントにあるように"Can you carry my bag for me?"と表現したり,3.3のコメントにあるようにhelp meを加えて"Can you help me carry my baggage?"とすると依頼の意思がはっきりしてくる。

 今度の調査では,47もの Can you...?」表現が検索された。これらを内容別に分類すると次のようになる。

  ア)依頼(18例)

     24) Can you honestly say you don't love me? (GONE WITH THE WIND:3143)

      25) Can you provide us with a guide to take us to Delhi? (INDIANA JONES AND THE TEMPLE OF DOOM:246)

  イ)可能(21例)

      26) Mr. Shaw, can you identify this man? (JFK:4186)

      27) Pepe, can you hear me? (FINAL ANALYSIS:2201)

  ウ)驚き・意外(8)rhetorical question

      28) Can you imagine that? (THE BODYGUARD:1064)

Can you ... は「依頼」を表す表現としてよく用いられていることがわかる。ただ,誤解を避けるためには,コメントにもあるように「依頼」であることを表す語句(ここではhelp meなど)を付け加えることが望ましい。

 

(21) Will you carry my baggage, please?

informant のコメント】

I would use this because it is more of a subtle request for assistance.

Most generally used.

Could be sarcastic, depending on the tone of voice.

 

 Will は,丁寧に依頼したり招待したり願望を述べたりする場合に用いられる。

      29) Will you please follow me? [Bald(1988)]

しかし,その丁寧さはあくまでinformalな状況での丁寧さである。CCEU(1992)"In formal situations, you can say 'Can you...?'or 'Will you...?'"として次の例文を示している。

      30) Will you post this for me on your way to work?

同時にCCEU(1992)"You use 'Will you...?'to give an order in a forceful and direct way, either to someone you have authority over or when you are angry or impatient."という説明の後,次の例もあげてある。

      31) Will you stop yelling!

 大杉(1982) 21 のような表現では,「上昇調を用いてこそ『敬意的』になるので,下降調では『命令的』になり失礼に響く」と述べている。

 前回の調査では 21 の表現は丁寧度2.6,×数は2であった。そしてinformant のコメントは好意的であった。

 今回の調査では, Will you ... という表現は47例あった。そのうち5つの文には pleaseが文末に付加され,9つの文にはplease Will youの後に置かれていた。内容はいずれも「依頼」を表す表現であった。例えば,

     32) Will you ask the piano player to come over here, please? (CASABLANCA:1003)

     33) Will you speed up, please? (AMERICAN GRAFFITI:1016)

     34) Will you please put on the suit? (MADE IN AMERICA:471)

などである。 47例の例文はいずれも「親しい間柄の人」や「レストランのウエイター」などに対して発せられた会話である。このことから,Will you ...?はinformalな表現であり,時には客が店員に向かってものを頼むときの「丁寧な指示」としても使用されていることがわかる。「イントネーションに注意し,informalな場で用いる」という条件のもとで, 21 は依頼表現として適当であるといえる。

 

(22) Could you carry my baggage, please

informant のコメント】

You could say this at any time, as long as it was said in a nice way.

Most generally used.

Could be sarcastic, depending on the tone of voice.

 

 could can と同様に相手の「能力」に関係する含みがあるが,「意志」に関係して直接の答え(yesno)を求めるよりは間接的でばく然としているので,could の方が would will より丁寧であるという[大杉(1982),Leech(1983),鶴田(1988)]。もっとも,would could ではどちらが丁寧かという点では人によって見解が分かれている。

 また鶴田(1988)Would you...?は「指示をする」ときに使い,Could you...?は「依頼をする」ときに使うとしている。

 前回の調査では22の丁寧度は2.9で, 21 Will より0.3上回っていた。informant のコメントは概して好意的であった。

 今回の調査では,Could you ...?の表現のうちJの「ものを要求する」例文を除いて,18例あった。

 

      35) Could you say that again? (AMERICAN GRAFFITI:1667)

      36) Could you provide us with some detail? (SCENT OF A WOMAN:3154)

 

その中で please が文末に付加されいるものが6例あった。

 

      37) Could you take our family and our luggage up to the room, please? (HOME ALONE 2:1505)

 

could would に限っていえば,この両者のいずれがより丁寧であるかは今回の調査から云々することは難しい。むしろ,小西(1989)のいうように,その判断には個人差が見られるということであろう。いずれにせよ, 22 は動作を要求する(依頼)表現として安心し得て使える表現である。

 

 

(23) Would you mind carrying my baggage, please?

informantのコメント】

Most generally used.

I prefer this.

Could be sarcastic, depending on the tone of voice.

 

16で述べたように,「上司が部下や秘書に頼む場合や頼む権利のある場合には Will you..., please?/ Would you..., please?/ Would you mind...ing, please? を使う」「もし,指示しようとしていることが相手のこころづもりと違う可能性がある場合には Would you mind ...ing, please? を使う」と鶴田(1988)述べている。

しかし,COBUILD(1987) 次のような説明を加えて「丁寧に許可を求めたり依頼する」ときに使うと述べているだけである( 6, 16 参照)。

 

  Mind is used in the expressions "Do you mind...?" and "Would you mind...?" as a polite way of asking permission or asking someone to do something.

  Would you mind waiting outside a moment?

 

前回の調査では丁寧度3.6 SD=0.69 という結果を得た。「頼む権利がある場合」という条件をつけたinformant は1名もいなかった。

今回の調査では,1例のみを検索することができた。「風と共に去りぬ」の中でスカーレットに "I have important things to do." と言われてレット・バトラーが申訳なさそうに "Would you mind...?" という場面である。  

 

   38) A: What is it you want? I have important things to do.

     B: Would you mind satisfying my curiosity on a point which has bothered me for some time?

     A: Well, what is it? Be quick.

     B: Tell me, Scarlett, do you never shrink from marrying men you don't love? (GONE WITH THE WIND3922)

 

「頼む権利がある」かないかは別にして,相手に遠慮して丁寧に依頼する表現であることは間違いない。

 

24 I was wondering if you could carry my baggage.

 

informantのコメント】

Proper with elder superiors and elder strangers. Never with peers.

If you are carrying bags that are too heavy, you probably wouldn't use a long drawn-out expressions to request the favor.

Sounds sarcastic.

 

 この表現は相手の意向を問う形で,しかもこの問いかけが今でなく過去に,そして進行形を使うことで一時的な問いかけに過ぎないことを表現することによって間接的に「依頼」を表わしている。CCEU(1992)は丁寧な「依頼」表現として "I was wondering if you could..." をあげている。鶴田(1988)も「最も丁寧な依頼表現」の一つとしてあげている。

 前回調査でも3.9 SD=0.67 と極めて安定した数値が得られた。よく似た表現として I am wondering/ I wondered/ I wonder if you could (possibly).... があげられる。今回の調査で検索できたのは以下の用例である。興味深いのは I was wondering ... could you...? の形で,最初ためらいがちに丁寧にきりだしかけて,途中からやや強めの依頼表現に変えていることである。I was wondering....が「丁寧さ」を保証する marker のような役割を演じているようである。

 

   39) I was wondering, since you're going there, anyway, could you pick me up some Old Harpers, hard stuff? (AMERICAN GRAFFITI1177)

   40) I was wondering, could you...--- Buy you a bottle of booze? AMERICAN GRAFFITI1244)

   41) I wonder if you could give me some advice.  (GONE WITH THE WIND:5073)

 

 

25 I'd be grateful if you carry my baggage.

informantのコメント】

I would use this because it is more of a subtle request for assistance.

Very polite, but the expression "grateful" is a little dated.

Can be used in answer to the question; "Is there anything I can do to help?", but not at the beginning of a conversation.

 

CCEU(1992),手紙・演説などで使う formal な依頼表現として以下のような用例をあげている。

  In formal letters and speech, you use very polite expressions such as "I would be grateful if.../ I would appreciate it if.../ Would you kindly...?:

 

   42) I would be grateful if you could let me know.

   43) I would appreciate it if you could do anything to bring all that appened into the open.

   44) Would you kindly call to see us next Tuesday at eleven o'clock?

 

前回の調査では,丁寧度4.2 SD=0.57 であり formal な「依頼」表現といえる。 今回の調査では,以下の用例が検索された。 なお thankful を利用した例は検索できなかった。

    45) Thank you for telling me, Eagle Nest, but if you could show it to me as well, I would be grateful. (DIE HARD 2:1842)

 

なお,ALTのコメントにはなかったが 対象文は I 'd be grateful if you would/could carry my baggage. とすべきであったと思われる。

 

 

(26) Would you be so kind as to carry my baggage?

informantのコメント】

Sarcastic, in this situation.

Good.

Proper with elder superiors and elder strangers. Never with peers.

Sound sarcastic.

Maybe a little old fashioned but still OK.

 

COBUILD(1987) はこの表現に関して以下のような記述をおこなって「口語」で用いることを記述している。

 

     Kind is also used in spoken English to show politeness or firmness when you are asking someone to do something.

 

   46) Before you go to bed, would you be kind enough to pop into the sitting-room and close the window...

   47) I wonder if you'd be so kind as to remove your car...

 

 前回の調査では,丁寧度4.4 SD=0.64 で「やや古めかしく,かなり formal」 な表現であるというコメントが多かった。

今回の調査では,丁寧な表現であるが日常会話などでも十分使われる程度の表現であることを示す用例2例が検索された。男Bが目上の人間にへりくだって「この写真を見てもらえないでしょうか」とAに丁寧に依頼している場面である。

 

   48) A: What can we do for you today?

     B: Would you be kind enough to take a look at this, please?

     A: Certainly, senor.

     B: Am I not better looking than this picture?  (THE SANDS OF TIME1506)

 

 

2.3.3. その他

 

informantのコメント】

We would say "Could you please give me a hand?"

These depend upon whom one is asking. A hotel employee would expect less polite than a friend.

I would use "bags" or "suitcase" instead of "baggage".

Such expressions as "I'd like", "Will you", "Won't you" are not polite at all. It sounds like what a spoiled or selfish child would say!

You should say "Please" with all requests.

You wouldn't say simply "Carry my baggage." You would say "Help me carry my baggage."

Without including "help me" in these requests, they all sound fairly strange.

I would not ask to carry something if I wasn't with a good friend. So I changed the sentences to include "help me."

That qualifier would be added, i.e. "Will you carry some of my baggage, please?" "Could you help me carry my stuff(luggage)?"

     [Level 2-3] "Could you grab some of my stuff?"[Level 2]

 

   「依頼」表現をを考える上で注意しなければならないのは,1)頼みごとの性質(相手がそれがすべき義務を持っているかどうか),2)頼むことがらの難易度,3)相手との心理的距離であると言われている[鶴田(1988)]。このことは同じ相手にたいしても頼みごとの内容によっては表現を変えなければならないことを示している。こと実,Leech(1983) は「気配りの原則」を「寛大さの原則」に基づいて以下のような丁寧さに関する興味深い示唆を行っている(下に幾程丁寧であることを示す。)

 

       * Answer the phone.

        * I want you to answer the phone.

       * Will you answer the phone?

       * Can you answer the phone?

       * Would you mind answering the phone?

       * Could you possibly answer the phone?

 

しかし今回の調査では「指示」(相手がそれをすべき義務があるとき)・「依頼」(相手にはそれをする義務がないとき)によって,Will you/ Would you/ Would you mind...? と Could you/ Can you...? を使い分けているという検索結果を得ることはできなかった。

  次に,少なからずの informant から help me carry my baggage のように文を直す必要があることが指摘された。「自分が荷物を運ぶのを手伝って欲しい」と頼むべきであって,「(自分の代わりに)運んでくれ」と頼むのはよほど親しい友達の間でもないかぎり不自然だというのである。我々は当然 ...you carry my baggage... には「手伝う」意味が含まれていると考えていたが,依頼の内容を明確にする必要性を改めて認識した。 また,R.Lakoff(1973)のいう kind of/ sort of/ some of/ possibly などの hedges(垣根言葉)を使って,表現を曖昧にすることによって丁寧さを増す効果が指摘された。 その他の「依頼」表現を検索した。

 

ア) Why don't you...? (19例)

イ) How about ...ing? (5例)

ウ) Would you...? (28例)

エ) You'll..., won't you? ( 3例)

オ) Would you be (so) kind...? ( 2例)

カ) 命令文, won't you?/ would you?  ( 1例)

キ) Do you want to...? 1例)

ク) Do you think you could...? 1例)

ケ) Is it / Would it possible to...?   0例)

コ) Would you mind if you could/ would...? 0例)

サ) I hope you will.... 0例)

シ) I hope you could... 0例)

ス) Would you like to...? 0例)

 

 

2.4. 勧誘する

(You are thinking of having a party next Sunday.)

 

 

(27) Why don't you come to my party next Sunday?

(28) How about coming to my party next Sunday?

(29) I hope you'll come to my party next Sunday.

(30) Won't you come to my party next Sunday?

(31) Please come to my party next Sunday.

(32) Would you like to come to my party next Sunday?

(33) I was wondering if you'd like to come to my party next Sunday.

(34) May I request your presence at my party next Sunday?

 

 

 

2.4.1.前回の研究のまとめ

 

1) 27,28 のWhy don't you...? /How about ...ing? の構文はinformalな表現である。一般に行為の選択肢をあらわす表現であり,あらかじめパー   テイーに言及した後に How about...? と勧誘するのであって、 この表現で文をはじめるのは唐突である。

 

2)丁寧な提案・勧誘の表現として 30 が辞書・参考書にあげられるが、 informant 36名中 ,17名が不適切な表現と判断している。 この表現は、  普通「聞き手が来る意志がないと言っているときに再度招待するときに使用される。」また,「皮肉・強引な誘いを意味し,普通使われない」とい  う。

 

3) 29 31 32 33 の表現が勧誘するのに使い易い表現である。

 

4) Can you...?/ Will you...? (丁寧度3)などもよく使うと述べる informant もいる。

 

2.4.2. Infomantのコメント

 

(27) Why don't you come to my party next Sunday?

informantのコメント】

This would only be used if suggesting an alternative course of action--- they offer an idea rather than an invitation, although the

  invitation is implicit. 

Best not to use negative questions.

This is widely misused/overused in Japan. Likewise for "How about...?"

Negative questions are rude.

 

 Why don't you...? には )理由を尋ねる イ)依頼 ウ)勧誘 エ)提案 の意味がある。イ)ウ)エ)の場合,たとえ be動詞がきても Why don't you ...? の形で文をはじめる点に特徴がある。また,「発話の力」が加わって「提案」(依頼・勧誘も含む)が含意される条件は(1)主語は2人称あるいは1人称複数(2)時制は現在形、(3)do 以外の法助動詞とは共起しない、(4)動詞は自制可能([+self-controllable])なものに限られるという[村田(1982)]。

 

      1) Why don't you be a doctor?

 

 CCEU(1992) You can also invite someone indirectly using, "How would you like...?" or "Why don't you...? と述べて次の例文をあげている。

 

      2) Why don't you come to the States with us in November? 

 

 前回のアンケート結果から,丁寧度は2.4と低く informal な表現と考えられる。SD0.56でありばらつきは少ない。「勧誘・招待」が暗示されるが基本的には「提案」の表現でるとの指摘,及び日本人が使いすぎるとの指摘に注意したい

 今回の調査のなかで,Why don't you...? の型で使われた例文59のうち Why don't you come...? の型で勧誘の意味で使われたのは3例のみであった。このことから,この表現は 3「依頼」,及び5「提案」の意味で使われることが多いということがわかる(「依頼」の機能に関しては「3.3.その他」参照)。以下に「勧誘」の意味で Why don't you...? が使われた例文をあげる。 

 

      3) Why don't you come with us?((AMERICAN GRAFFITI:242)

      4) Why don't you come this way?(MADE IN AMERICA:1176)

      5) Why don't you come on down here and have a drink? (BLADE RUNNER703

     

 

(28) How about coming to my party next Sunday? 

informantのコメント】   

This is OK if you say: I'm having a party---how about coming to the party? But 'How about...?' is a bit abrupt to begin in the sentence   with.

Suggesting an alternative course of action.

 

 「勧誘」の意味をあらわす How/What about ing...? の表現は,丁寧度2.4 Why don't you...? とほぼ同じ程度に informal な表現であることがわかる。鶴田(1988)は「強制力のある勧誘表現」として,How about...?/ Why don't you...?/ 命令文, if you like. をあげている。

 27 と同様に,ア)依頼 イ)提案 ウ)勧誘の意味で使われるが、 今回の調査ではっきり「勧誘」の意味で使われた用例は一例もなかった。あくまで,ある状況にたいする行為の選択肢を「提案」する機能を持ち,結果的に「依頼」「勧誘」の機能を持つと予想される。唐突さを避けるため伏線となる I'm having a party. などの状況設定が前もって必要である。 日本人学習者には注意が必要である。(40 参照)

 

 

(29) I hope you'll come to my party next Sunday.

informantのコメント】

This expresses expectations that the person will come, so is rather formal(the person questioned has little option to decide).

Quite humble, so fairly polite.

If the party has already been mentioned, then this is OK.

OK if you have already told them about it.

 

 話し手の希望を表明することで間接的に「勧誘」を表現する I hope you will come...の表現は,ア)希望を述べる イ)依頼 ウ)勧誘 の意味を持つ。

 CCEU(1992)は「勧誘」の表現として I hope you'll....をあげているが,相手が誘いを受けてくれるかどうか自信のない場合に使うと述べている。

 

You can invite someone to do something in the future by saying "I hope you'll...". You use this form of invitation especially when you are not confident that the other person will accept your invitation.

 

   6) I hope you'll be able to stay the night. We'll gladly put you up.

   7) I hope, Kathy, you'll come and see me again.

 

  前回の調査では,丁寧度3.0,SD0.50 で極めて標準的な表現であることがわかったが,あらかじめパーテイーに言及して唐突さを避けることが望ましいようである。 今回の調査では、 I hope you will come...の表現は見当たらなかったが、次のような「勧誘」を意味する表現を見つけることができた。いずれも「ややformal」な響きを持つようである。

 

    8) I hope you will (be on the plane) too.(THE SANDS OF TIME:2718)

    9) M: I'm so glad to see you again.

     S: Melanie Hamilton, what a surprise to run into you here. I hope you are going to stay with us a few days at least.

     M: I hope I shall stay long enough for us to become real friends, Scarlette.

     S: I do so want us to be.GONE WITH THE WIND463

 

 I hope you'll....の検索例文23の中で,「希望を表わす」もの14例,「依頼」を表わすもの6例,「勧誘」を表わすもの3例であった。

 

 

(30) Won't you come to my party next Sunday? 

informantのコメント】    

In British English, this is rarely, if ever, used when making a request.

'Won't you/ Can't you...?' are quite forceful, therefore rude.

Very rude and assuming that the person doesn't want to come.

I wouldn't use it (only if they've said no and you're asking again), but it's OK in British English.

Won't you...?' is tricky. In England, (some parts) it's a friendly invite. In America it's sarcastic at times: mostly we don't say it.

Say this when you think other person has plans and won't be able to come to your party.

Possible, but rather a Japanese construction. "Will you...? " Is better than "Won't you...? 

 

Won't you...? を使って丁寧な勧誘を表わすことが,国内外の辞書・専門書に記述されている。 高校の教科書や参考書の類にも少なからず紹介されている(「The International English Writing」開拓社)。

  

When we wish to persuade someone:

    10) Won't you help me?(=Please help me.)[Alexander(1988) P.255]   

Typical suggestions:

    11) Won't you come for a walk (with me)? [Alexander(1988)P.223]

When you want to be very polite and persuasive, you can say 'Won't you...?'

    12) Won't you take off your coat?

    13) Won't you sit down, Sir Clarence, and have a bite to eat?

    14) Won't you join me and the girls for lunch, Mr. Jordache?[CCEU]

Will/Won't you...?は相手の意志をとうだけにとどまらず,通例勧誘・依頼の気ちを含む。 Won't you...? は Will you...? よりも親しみのこもった言い方。

    15) Won't you have some coffee with me? [ジーニアス(1994]

Sit down(, please).より間接的で丁寧。相手の利益になることに対しては本例のように否定文のほうが肯定文より強調的でいっそう「敬意的」になる。

    16) Won't you sit down? [英語の敬意表現(1982)]

 

 前回の調査では丁寧度3.1(アメリカ2.8/英国・カナダ3.9SD=1.21という結果を得た。ばらつきが極端に大きいこととアメリカと英国・カナダの間に有意な差があることがわかった。また,適切性に関しては informant 36名中17名(49%)から「この場面では使わない」という回答を得た。そこで,今回 Won't you...?を検索した(Q 参照)。

 

    17) You will promise, won't you?---Yes.(GONE WITH THE WIND:1573)

    18) Oh, you'll help him now, Richard, won't you?(CASABLANCA:2537)

    19) Oh, you will take good care of it, won't you? (GONE WITH THE WIND:1500)

    

 最初の3例は..., won't you? という付加疑問文の例である。 命令文に won't you? の付加疑問がつくと, will you? の場合より丁寧さが増すと一般に言われているが[村田(1982)], Leech(1994)は丁寧になるわけではないと指摘していることに注意したい。おそらく「指示」の口調が穏やかになるのであろう。

 

Another way (to tone down or weaken the imperative force of a command) is to add please, or the tag question won't you:

   20) Please hurry up.

   21) Look after the children, won't you.

However, none of these alternatives is particularly <polite>.

 

「依頼」においても Won't you...? を使うことによって「より押付けがましくなる」ことが指摘されている[Leech(1983)]。明らかに相手のためになるような場合には,「押付けがましさ」が相手への好意になり丁寧さを産み出すが,その他の場合には persuasive に響く。

    You can also use a negative question, which expects a polite answer, and is to that extent less <tentative> and more persuasive; 

     22) Won't you come in and sit down?

     23) Oh, Rhett, won't you please give me the money? (GONE WITH THE WIND:3510)

 

 「依頼」の意味から「勧誘」の機能がうまれたと考えられるので,同じことが「勧誘」を表わす場合にもいえる。 しかし,以下の用例をみれば明らかに丁寧な「勧誘」を表わしている。(Q参照)

 

     8) Won't you and Anne join us for tea, Miss Cutherbert? (ANNE OF THE GREEN GABLES:1207)                           9) Oh, Emmet, won't you come in? (BACK TO THE FUTURE 3:1730)

    10) Won't you come in?(SCENT OF A WOMAN:2275)

    11) Oh, Mrs. Watling, won't you come in the house? (GONE WITH THE WIND:4347)

    12) Won't you join us for a drink? (CASABLANCA:1081)

    13) Well, won't you sit down? (CASABLANCA:2379)

    14) Well, won't you sit down? (CASABLANCA:2379)    

 

 

 この用例をみて次のことが推測される。

 

1)この表現は丁寧な「勧誘」の意味で使われるときには Won't you come in?/ Won't you join us?/ Won't you sit down? など相手の利益になることが明らかな場合にかぎられる。その他の場合には,現代では押付けがましく聞こえるので「依頼」「勧誘」には使わ

れない。

 

2)Won't you...? が使われている映画は「風と共に去りぬ」(1939)「カサブランカ」(1943)など50年ほど前の映画であり、「赤毛のアン」「バック・トウ・ザ・フユーチャー3」も時代設定が19世紀であること,「夢の香り」では「大佐」が意識的に古風な表現を使っていること,前回調査のアンケートに答えてくれたのは20代のinformantであったことを考えると,使われるにしても,現在ではやや古風な表現である

と感じられている。

 

3)映画の設定の中での印象では決して persuasive でもなく friendly でもなく,どちらかというと「敬意的」であったことを考えると,従来は敬意を表わす表現であったものが否定疑問文の持つ「否定的な含み」に影響され informantがいう forceful なニュアンスを持ちはじめ、結果として現代では sarcastic な響きを持つようになっていることが予想される。

 

 

(31) Please come to my party next Sunday. 

informantのコメント】

OK

 

please を使ってア)許可 イ)依頼 イ)勧誘 における丁寧さを表現する方法はよく知られいる。CCEU(1992)は please に関して次のように述べ, 命令文に please をつけると丁寧な「招待・勧誘」を表わすが,その場を取り仕切る人物(ホスト・ホステス)が主として使うと述べている(30 の Leech(1994)のコメントと比較)。

    Another polite form of invitation is 'please' with an imperative. This form of invitation is used mainly by people who are in charge of a situation.

   24) Please help yourselves to another drink.

   25) Sit down, please.

 

 しかし,please の使い方は日本語の「どうぞ」と同じではない。鶴田(1988)は please の使い方にイギリス英語の立場から次のような制約を加えている。

 

1)「pleaseは「指示」に添えて口調をやわらかくする言葉である。...注文・指示の場面ではplease をつけないとぶっきらぼうに聞こえる。 しかし「依頼」の表現と一緒にこれを使ったら,<私は指示できる立場にいるのだ>,言い換えれば<あなたはこれを断るわけにはいかないのだ>」。

 

2)「イギリス英語なら Please come in. といわない。...Please は<申し訳ないけれども私のために〜してください>というときに使い,do〜は<遠慮しないであなた自身のために〜してください>」というニュアンスを持つことになる。

 

3)「普通のプライベートなパーテイーの招待では頼む表現は使われない。 もし使ったら<あなたが楽しい時間を過ごそうが過ごすまいがどうでもいい。大切なのは私自身に利益があるかどうかだ>といっていることになる」。

 

 please の使い方の難しさについて LODCE1987)の pragmatics and the Dictionary が参考になるので引用しておく。

 

    Please is a conventional marker of politeness added to requests. But it cannot be simply equated with items such as bitte in German or dozo in Japanese. Unlike these words, please cannot be used in reply to thanks(eg.by a hostess giving a visitor a drink). And moreover, please is minimal marker of politeness, which in some situation can actually be less polite than its absence! For example, "Will you please sit down?" is more likely to be used in addressing a naughty child than in addressing an important visitor to one's office. "Mind your head, please" is inappropriate because "Mind your head" is a warning, not a request: it is the kind of remark which is meant to benefit the hearer, rather than the speaker.

 

 前回の調査では informant からは丁寧度3.3 SD=0.57 X数1という,極めて標準的な表現であることを示す結果が得られた。LDOCE(1987)/ CCEU(1992)/ 鶴田(1988)のような語法上のコメントはなかった。

 今回の調査では please を含む例文381のうち,ほとんどは1)命令文,please. 2)「許可」を得るもの(Can I/ May I/ Could I...?) 3)「指示」するもの(Will you/ Would you...?)であって,鶴田の言う「依頼」表現は5例のみであった。

     26) Could you come stand over here, please? (SISTER ACT:1469)

     27) Alma, could you give me an A, please? (SISTER ACT:1476)

     28) Could you say good night to these clowns, please? (SISTER ACT: 233)

     29) Can you step in here, please, Mr. Tolar's office.(THE FIRM: 764)

     30) Could you please?(THE FIRM 436)

 

また,対象文のような命令文の形で「勧誘」を表わすものは次の3例しかなかった。

 

     31) Please come in and make yourself comfortable.(ANNE OF THE GREEN GABLES:1581)

     32) Please join us, Mr. Rick.(CASABLANCA:735)

    33) Please be seated. (GONE WITH THE WIND:682

 

 このことから,please を使う表現は基本的に丁寧に「指示・許可」を表わす場合に使われることが多く,「勧誘」を表わす場合に使われることは予想外に少ないのではないかと推測される。今後,データ・ベースを拡張して再度調査を行ないたいと考えている。

 

(32) Would you like to come to my party next Sunday?

informantのコメント】

A good choice all the time.

Very polite because it puts no pressure.

Very good, commonly used.

 

 我々日本人は普通丁寧に「勧誘」するとき,「依頼」の表現を使うことが多い。そのため,この表現のように「パーテイーに来たいと思いますか」と問われるとそれが「勧誘・招待」であることを即座に理解することが困難であるようである(綾部「英語教育」1995.2月号)

    来週のパーテイーに来ていただけませんか。

 

 Leech(1994)/ CCEU(1992)/ COBUILD(1990)はすべて「勧誘」を表わす最も標準的な表現であると述べている。前回の調査でも,この表現は丁寧度も3.4であり,不適切な表現と考える informant が1名もいない極めて標準的な勧誘表現であることがわかった。

 

 しかし今回の調査から他の用法もあることがわかった。

  ア)相手の好みを聞く( 例)

    34)Okay, what would you like? A plane ticket to Switzerland?(THE SANDS OF TIME:1199)

    35)How much would you like? uh, would twenty pounds be enough?(ANNE OF THE GREEN GABLES:2381)

    36)What kind of a ring would you like, my darling? --Oh, a diamond.(GONE WITH THE WIND:4622)

  イ)勧誘する(7例)

    37)Would you like some water? (BACK TO THE FUTURE 3:539)

    38)How would you like to sleep in a bed tonight, Sister?(THE SANDS OF TIME:898)

    39)Would you like to be seated?(SISTER ACT:751)

    40)Would you like to be in a beauty contest?(JFK6086)

    41)How would you like to go visiting somewhere?(GONE WITH THE WIND1020)

    42)Would you like to have your phone programmed for speed dialing, ma'am? (THE FIRM: 472)

    43)Would you like to learn to tango, Donna? (SCENT OF WOMAN2100)

 

 鶴田(1988)は「かなり親しい間柄でかつ既に同じような INVITATION を互いにしあっている場合に用いられる」のであって「その INVITATION を相手が断ることはまずないだろうという予測ができる場面でのみ用いられる」とし, I was wondering if you'd like to...のほうが「相手に自分の考えを押し付けない姿勢を示す」とイギリス英語の立場からコメントしている。しかし,前回調査のなかで英米間の有意な差異は見られなかった(資料B参照)。

 

(33). I was wondering if you'd like to come to my party next Sunday?

informantのコメント】

Sarcastic except in a very formal situation.

Sounds shy.

It is very polite.

I would use.

 

 この表現は 24 I was wondering if you could carry my baggage.(3.9) と同じ発想の表現であり,丁寧度も同じ3.9であった。相手の意向を問う形で,しかもこの問いかけが今ではなく過去に,そして進行形を使うことで一時的な問いかけに過ぎないことを表現することで丁寧さを表現している。24 との違いは could ではなく would like to の形をとることで「依頼」ではなく「勧誘」を示している点にある。

 CCEU(1992)は,この表現を casual な表現として次のように述べている。

     Another way of making an inviatation semm casual is to say 'I was

wondering if...':

    44)I was wondering if you'd care to come over next weekend.

    45)I was wondering if you're free for lunch.

 

 鶴田(1988)は,「普通のパーテイーの招待では頼む表現は使われない」「あなた自身が自由意志で来るかどうか決めて欲しい」ということを示す「相手の気持ちを尋ねる表現」を使うと述べている。

    46)I'm having a few friends around to dinner on Sunday, and I was

wondering if you'd like to come, if you're not doing anything?

 

 しかしながら,今回の調査では,I was wondering if.../I am wondering if.../I wonder if.../ I wondered if...の形で勧誘に使われた表現は一例もなかった。検索されたのは 8 の「許可」,24の「依頼」で取り上げた例文のみであった( 8, 24参照)。原因として推測されることは,検索対象の映画が全てアメリカの映画であったためやや堅苦しい表現である I was wondering if ...が検索できなかったことと,対象となるデータ36万語では十分でなかったことがあげられる。

    

(34) May I request your presence at my party next Sunday?

informantのコメント】

Archaic/out of date.

Too pompous, only upper class people would use.

Sarcastic except in a very formal situation.

Used in the written form on invitations.

Far too formal, only used in extremely formal situations such as

President's Ball. 

 

この表現は,formal な勧誘・招待で使われる表現である。鶴田(1988)は結婚式の招待状として次のような例をあげている。

    47)Mr. And Mrs. Parker request the pleasure of Mr. Aubrey Watkins'

company on the occasion of the marriage of their

daughter, Hilary, to Mr. Frank Richardson.

丁寧度は 4.8 で極めて丁寧な表現であるが口語で使われることは少ないようで、今回の調査でも一例も検索できなかった。

    

2.4.3. その他

 

informantのコメント】

When inviting someone out, it is always nice to give them an easy way to

say no, so you don't cause embarrassment.

All of these are OK.

The best informal/friendly invitation is "Can you/ Will you come to...?"

The level of formality is less for this section, because you are not

requesting helping.

Can't you...?" is very rude.

I would say "Can you...?"

I would say "If you can make it, please come to...."

I would say "I'm having a party. Can you come...?/ Can you make it?"

 

 相手に何かを勧めたり誘ったりする場合,難しいのは,自分の希望をストレートに述べるのか「依頼」の表現を使うのか,それとも「相手の意向」を尋ねたり「提案」の形をとるのかということが問題となる。0.3. 英語表現の機能と丁寧さ でも触れたように,それぞれの表現形式が様々な「機能」にまたがって使用されることが多く、また日本語における特定の形式と機能の一致が英語においては必ずしもあてはまらないような場合が出てくるからである。(32参照)。informant が言うように,相手の意向を尋ね,NO と答え易いように「勧誘」すること,言い換えれば決定権(Decision Giving)を相手にゆだねることが重要となるようである。

 前回の調査の中では取りあげられることがなかった幾つかの「勧誘表現」について今回会話文のコ−パスの中で検索を試みた。

ア)Why don't we...?(19例)

イ)Will you ...?(5例)

ウ)Can you ...?(0例)

エ)You can..., if you like.(3例)

オ) Would you care to...?(2例)

カ)Wouldn't you like to...?(0例)

キ)You're welcome to...(0例)

ク)Don't hesitate to ....(0例)

ケ)Wouldn't you...?(0例)

コ)Can't you...?(0例)

サ)Wouldn't you like...?(0例)

シ)Might you not...?(0例)

   

2.5. 提案

   (You are asked where to visit in Japan.) 

 

 

         対 象 文

丁寧度

×数

SD

(35)

You'd better visit Kyoto.

1.3

13

0.54

(36)

You should visit Kyoto.

2.3

0

0.75

(37)

Why don't you visit Kyoto?

2.6

3

0.60

(38)

How about visiting Kyoto?

2.8

3

0.56

(39)

You could visit Kyoto.

2.8

3

0.61

(40)

Why not visit Kyoto?

2.8

4

0.53

(41)

What do you say to visiting Kyoto?

2.9

21

1.02

(42)

You might visit Kyoto.

3.2

10

0.70

(43)

I suggest you visit Kyoto.

3.6

0

0.60

(44)

It might be a good idea to visit Kyoto.

3.7

4

1.05

 

 

 

2.5.1 前回の研究のまとめ

 

1had better... の表現は強制力の強い表現で、前回の調査でもX数13であった。

2You should... の表現も我々が感じる以上に強制力のある表現といえる。

3What do you say to...ing? の表現は「話し手が聞き手といっしょに出かけること暗示」するものであり,X数は21と否定的な評価が加えられている。

4I suggest...の表現は positive and direct な表現であり "A very firm way of making a suggestion" である。

5It might be a good idea...の表現は書き言葉・放送用語であり You might (like to)...  は vague な表現であり積極的な提案・忠告の表現にならない。

6)提案・忠告に使い易い表現は 37 39 43 44 の表現である。 I think you'd like Kyoto./ Don't miss Kyoto. などの表現も使われる。 いずれの表現も There're beautiful temples. などの理由を示す言葉を付け加える必要がある。

 

2.5.2 Infomantのコメント

 

(35) You'd better visit Kyoto.

informantのコメント】

Rude, like an order.

Like a command/ offensive.

Only used sarcastically among friends.

Sounds derogatory.

This is used for scolding children: You'd better be good.

"You'd better..."is quite rude. This implies "You had better...or else...."

My parents used it when we were misbehaved.

 

 鶴田(1988)は had better...が使われる場面を次の4つの場面に限定している。他に選択の余地のないような場合のアドバイスと考えられる。 

ア)脅かし(母親がこどもをしかっている)

     1)You'd better pick up your toys before your father comes home, or he'll spank you.

イ)指図 (仕ことの場面で状況を理解している人間に,上の立場から下の立場へ)

2)Boss: Look, John, I'm going to be out of the office all day tomorrow, so you'd better give Mr. Jones a ring about the plans for his new shop.

 Jone: OK, fine.

ウ)緊急時のアドバイス 

      3)You'd better go to hospital as quickly as possible.

エ)最終的な結論としてのアドバイス

4)A: Well, in that case, I suppose you'd better leave him.

B: I suppose so.

 

 前回の調査での,丁寧度1.2,X数13という結果と上述のinformantのコメントから考えると、この表現は使い方が極めて限定されるといえよう。今回の調査で検索された例文は以下の3例であった。 いずれも「風と共に去りぬ」 のなかの台詞で I think/ Don't you think...? の形で直載さを減らす工夫ががされている。

  5)I think you'd better stay to supper, too. 

GONE WITH THE WIND3645

6)But, sugar, don't you think you'd better come home with me?

                           (GONE WITH THE WIND3811

7)You'd better say.  (GONE WITH THE WIND4240

 

 よく似た形の You better... の表現は38例検索され、口語ではこちらの形のほうがよく使われていることがわかる。 大部分は informal な「提案」表現と考えられる。 以下にあげるのは「カサブランカ」の結末,空港での別れの場面である。 この場合は,鶴田(1988)のいう「緊急時のアドバイス」と考えられる。

      8)Rick: Here it is.

Lazro: Thanks. I appreciate it. And welcome back to that fight.

This time I know our side will win.

Rick: Are you ready, Ilsa?

Ilsa: Yes, I'm ready. Good bye, Rick.

Rick: God bless you. You better hurry or you'll miss that plane. 

                               (CASABLANCA3044

 最後に,had better... は「2つの行為を比較してどちらかを相手に勧める」場面では使えないことに注意しておきたい。LDOCE1987)に次のような記述がある。

     Had better is not used to compare two courses of action. Instead we use

expressions like It would be better to..., You'd be better to..., or

Your best plan would be to...:

9)"Do you think I should fly directly to Australia or break my

journey in Hong Kong?"

"It would be better to/ You'd be better to/ Your best plan would be

to spend a few days in Hong Kong. There are so many things to see

there."

 

(36) You should visit Kyoto.

informantのコメント】

Rude, like an order.

If not said just to friends, this can be rude.

This is by far the sentence I would most often use.

Strongly recommended.

Only used or recommended when used in response to the question:

"Where should I visit?" Otherwise like an order.

 

 一般に,義務を示す法助動詞は should<ought to<have to<must の順番に強制力が強まるが、いずれも相手にたいする提案・助言に用いられることが知られている[Thomson & Martinet(1980)] 注意しておきたいのは should の意味の多様性である。Jennifer Coates1983)は「最も強い場合 should は(道徳や法律によって定義される)道徳的義務・当然という意味を表わしている。 最も弱い場合,主観的な意味と客観的な意味がある。主観的な場合は忠告(advice)を,客観的な場合には正当な手続き(correct procedure)を意味している」と述べている。

 鶴田(1988)は,「テニスの技術,ワープロの使い方,料理の作り方...」など「客観的な知識に基づく」ことに対しては,「個人的な価値観や評価にもとづくアドバイスに比べてずっと直載的な表現」の You should.../ 命令文/ If you..., (you) will....が使われると主張している。 

 前回の調査では,丁寧度2.3(アメリカ2.6/英国・カナダ2.3)であり,SD=0.75 とばらつきも少なく「ややinformal」な表現であるという結果を得た。X数は0であり,予想以上に強制力のある表現であることに注意して SOFTENER を有効に使えば使い易い表現といえよう。Informant からのコメントもそのことを示していると思われる。

 今回の調査のなかで You should... の構文が59例検索された。そのうち、 9例には I think you should..., Maybe you should... などのSOFTENERをつけた例文が見られた。should の丁寧度を確定することは困難だが,次のような例に見られるように informal な場面で使われることが多いようである。「ザ・ファーム」の最後の場面,夫のミッチと妻のアビの会話である。妻に弁解する夫は I think you should.... と穏やかな口調で話している。

     10)A: You wanna tell me what happened?

M: Some day. I think you should know that Avery was pretty decent.

A: He was decent...and corrupt and ruined, and so unhappy.

M: Listen, Abbey...(THE FIRM: 3242)

 

(37) Why don't you visit Kyoto?

informantのコメント】  

I would never use this.

Negative questions are forceful.

Suggesting with enthusiasm.

Only in response to the question "Where should I visit?" I probably

wouldn't use. 

 

 27 で触れたように, Why don't you...? の表現は「依頼」・「勧誘」・「提案」などを表わす。CCEU1992)は次のように述べている。

  If you want to suggest persuasively but gently that someone does

something, you can say "Why don't you...?:

11)Why don't you think about it and decide later?

 

 鶴田(1988)は「特殊な知識を持っていること柄についてのアドバイスでも,対等な立場にいること柄についてのアドバイスでもいずれの場合にも使える表現」として If I were you, I'd ..../ Why don't you...?/ Why not...? をあげている。

 前回の調査の中では,丁寧度2.6であり,これは 27 2.4とほぼ同じ丁寧度を示していると考えられる。使い易い表現であるが,日本人が使いすぎるというコメントには注意したい(【informantのコメント】27参照)。また,informal な表現であることにも注意しておきたい。

 今回検索された例文59例中、明らかに「提案」を表わす例文をあげる。

      12)Why don't you call up front?(SCENT OF A WOMAN:1987)

     13)Why don't you take your coat off?(FINAL ANALYSIS:393)

     14)Why don't you get out of your comfortable suite and join them?

                          (THE SANDS OF TIME:1772)  

     15)Why don't you get off your high horse?

(ANNE OF THE GREEN GABLES1508

 

ほとんどの場合,身近な人間にたいして,informal に「〜したらどうか」と「提案」する機能を有していることがわかる。  

 

(38) Why not visit Kyoto?

informantのコメント】  

Sounds awkward, not so common.

Negative questions are forceful.

You assume the person doesn't want to go there.

Suggesting with enthusiasm.

 

 村田(1982),鶴田(1988)が指摘するように Why not...? は一定の条件下で「依頼」・「勧誘」・「提案」を表わし,専門的なアドバイスにも対等の立場での提案にも使用できる(文字どおり,「何故〜ではないのか」の意味でも用いる)。

 前回調査での丁寧度は2.8であり,Why don't you...? よりわずかではあるが丁寧な表現ということになるが有意な差とはいえない。ほぼ同じレベルと考えられる。

 今回の調査では検索された用例33のうち「提案」の意味で用いられているのは4例のみであった。37 の Why don't you...? に比べて「提案」「依頼」などの意味で使用される機会は少ないようである。 ほとんどの場合が先行する否定文を受けて「何故〜ではないのか」の意味で使われている。

 ア)提案

   16)Why not just shoot Kennedy comin' up Houston?(JFK:3627)

   17)Why not invest it? We figure, why not.(ONCE UPON A TIME IN AMERICA2303

   18)So, uh, why not take me?THE SANDS OF TIME:412)

   19)Why not try a husband of the right age with a way with women.

                        (GONE WITH THE WIND:4577)

 イ)理由を問う

   20)I didn't think you were home. ---Why not?---NO car.(THE FIRM:1234)

   21)Ah, no, I don't like boats.---Why not? (THE BODYGURD:253)

 

(39) You could visit Kyoto.

informantのコメント】

OK.

Good in response to "Where should I visit?"

Rather neutral.

 

 鶴田(1988)は,「弱いアドバイスの表現としては You could..../ You could try....」があり、 「could を使うと、それはもうほとんど勧めているのでなく,こういう可能性もあるという情報を与える響き」があると指摘している。

     22)A: Right. I'll do that. How about nightlife?

B: Well, you could go to Gion, but it's a bit expensive.

A: Oh well, I'll see when I get there.

CCEU(1992) も「提案」の表現として次のような例をあげている。

    23)Well what shall we do?---You could try Ebury Street.

    24)You could phone her and ask.

    25)You could make a raft or something.

 前回の調査では,丁寧度2.8(アメリカ2.5/英国・カナダ3.2)という結果を得た。アメリカでは informal ではあるが 英国・カナダでは幾分丁寧さを増すようである。我々の持つ丁寧さのイメージよりは強めの表現のようである(少なくともアメリカでは)。

 今回の会話文コーパスの検索では「提案」を表わす You could....の例が13例検索された。

以下に例を示す。いずれも,可能性を示すことで遠回しの提案を示している。注意したいのは 単独で You could....を使うのではなく,maybe/ if you don't have any plans, などの SOFTENER を利用していることである。

    26)If you don't have any plans, you could come along.(MADE IN AMERICA2083)

    27)Maybe you could be my palace slave.(INDIANA JONES721)

    28)You could work with me through the black market.(CASABLANCA423)

 

(40) How about visiting Kyoto?

informantのコメント】

Japanese sentence.

Awkward.

Only if you are going with the other person, not if they are going

on their own.

 

 CCEU1992)は,「提案」の表現として How about/What about...ing? を使うと述べ以下のような用例をあげている。

    29)How about taking him outside to have a game?

    30)What about becoming an actor? 

 鶴田(1988)は,Have you thought of...ing? などの表現を使い相手の態度をひきだし」「It might be an idea to....などでこちらの案を出し,相手の反応をひきだしていって、より強い表現の How about...?/ Why don't you...)などを使い,「最後の結論を出す段階で Perhaps you should.... を使う」と述べている。

 前回調査では,丁寧度2.8で標準的な丁寧さであることがわかった。「いっしょに行くことときにのみ使うという」コメントは一名のみであった。

 今回の調査では,) How about...ing? イ)How about +名詞句? の二つの場合に分けて検索した。検索されたのは20例のみでそのうち How about...ing? は4例のみであった。

予想外に使用例が少なく,この表現もまた日本人が使いすぎる表現の一つかもしれない。

    ) 31)How about just being professional? (DIE HARD 2448)

     32)All right, how about gettin' over top of it? (DIE HARD 21479)

     33)So how about fixing me up with her sister?FINAL ANALYSIS1468)

     34)How about...being the queen of this night?(THE BODYGUARD1947)

    ) 35)How about somebody else in there? (AMERICAN GRAFFITI375  

     36)All right, well, how about this one over here?SCENT OF A WOMAN2369)

     37)How about F-111 fighter? (JFK5569)

     38)How about, Uh, hotels? (Home Alone 2: 856)

     39)Well, how about "How you doin'"?(ONCE UPON A TIME IN AMERICA2408)   

     40)How about New York? CASABLANCA 769)  

     41)How about you?(4例)

     42)How about that?(3例)

 

 同じような表現に What about...? があるが,今回の調査では52例が検索され How about ...? より頻度が高いことがうかがわれる。しかし興味深いことに,What about...ing? の例は52例中1例もなかったことである。

 

(41) What do you say to visiting Kyoto?

informantのコメント】

Not natural. To receive a second question as a reply to a question is

irritating, since (assuming I am ignorant about the delights of Kyoto)

I must reply to a third question"Why, what has Kyoto got to offer?"

Meanwhile no passive statement has yet been made.

This means the speaker is going to Kyoto with the person who asked where to visit.

The same as "Why don't we...?"

This is awkward unless you will accompany the person.

Japanese English.

Only if you are going with the other person, not if they are going on their own.

This could/would be said if you are asking someone to accompany you, but it's awkward if you are recommending a place.

I would never use.

This would be used if you were going together.

Used when one person is suggesting that they should go to Kyoto together.

 

 ジーニアス英和(1994)に次の記述を見ることができる。

      43)What do you say to ...ing?:

(略式)「提案」どうですか。<散歩などは>いかがですか

      Let's do... と What do you say? の一種の縮約表現]

      What do you say to going for a drive? ドライブはいかがですか。

How about going...? 次のような節で言い換えることもできる。

What do you say we go for a drive?

これは,LDOCE1987)の次の記述を参考にしたものと思われる。

    44)What do you say? Infml You'll agree, won't you?: Let's go into business together; what do you say?/ What do you say we go into business/ to going into business together?

COBUILD(1987) は次のような例を載せている。

      You use expressions like "What would you say to a cup of coffee?"

in order to make a suggestion or an offer; an informal expression.

    45)What would you say to a trip to Paris?

 前回の調査では、丁寧度2.9,SD=1.02,X数21名にのぼった。その理由は,この表現は「相手といっしょに行動することを提案する際に使用する表現であり,この場面では不適切」であるからであるという。LDOCE(1987), COBUILD(1987)はともに informal な表現であることを示しているが,丁寧度が2.9 の値を示したのはSD1.02 というばらつきの大きさが原因と推測される(資料@参照)。

 今回の調査で検索された用例は1例もなかった。日本の学習英文法での取り扱いが大きすぎること,この表現の持つ意味をきちんと学習辞典が明記していないことの問題点が指摘できるようである。

 

(42) You might visit Kyoto.

informantのコメント】

Rarely used in this way in British English. "You might want to visit...." is an American way of making a suggestion.

"You might want to visit Kyoto" is more natural/conversational.

Doesn't make sense.

 

 プログレッシブ英和(1987)には次のような記述が見える。

    (軽い命令・依頼・提案)...してくださいませんか/...したらどうでしょう

    46)You might pass me the newspaper, please.

    47)You might help me with the work.

    48)We might ask him to be chairman.

    49)You might ask that policeman for directions. COBUILD(1987)には次の記述が見られる。

     You also use might when you give advice to someone or suggest that they do something.

    50)If the noise in your home exhausts you , you might try double glazing and draught proofing....when you suggest to someone that they do something with you.

    51)I thought we might have some lunch....to indicate that someone ought to do something because it is right for them to do it.

    52)You might do the washing up for a change.

CCEG(1990)は might の後ろには like/ want などの意味を持つ動詞が来ると述べている。

      If you want to make a suggestion in a very polite way, you can use

'might' with 'you' in a declative sentence. 'Might' is followed by a verb

meaning 'to like' or 'to want'.

   

 前回の調査では,丁寧度3.2,SD=0.70,X数は10という結果であった。この表現を不自然に感じる理由は might の後ろに like/want などが来ないことにあるようである。

 今回の調査では以下のような例が検索された。いずれも might の後ろに consider/ want などの動詞が来ている。 

    53)If you're going to continue to get this close, do you think you might consider...(DIE HARD 21488)

    54)You might want to dance with me. (DIE HARD 2539)

    55)Now it's up to you, Charlie, but you might consider cuttin' the kid a little slack. (THE HUNT IS ON1343)

    56)You might wanna try the crab next time.

MADE IN AMERICA2161)

 

 You might.... で「提案」を表わす例は検索できなかったが Jennifer Coates(1983)には次の用例があげられている。

    57)You might try nagging the Abbey National again.[=it would be possible for you to try nagging the Abbey National again (if you wanted).]

        

 You might...のみでは「どうしてしないのか」といういらだちや非難をしばしば含む(ジーニアス英和)ことがあるので、 You might want/ like to/ consider... の形のほうが無難な表現になるようだ。

 これとよく似た表現で, You might as well ....という表現がある。 そのニュアンスは If you do not feel strongly about what you are suggesting, but cannot think of anything better that the other person might do, you say "You might as well.../ You may as well...(CCEU)ということになる。

    58)You might as well question why we breathe.CASABLANCA2595

    59)You might as well let him go now.CASABLANCA2695

 

(43) I suggest you visit Kyoto.

informantのコメント】

This sometimes means "You better do it."

I would say "I'd suggest visiting Kyoto."

Positive and direct.

This sometimes (means) polite "Do it".

 

 鶴田(1988)は「弁護士・経営コンサルタント・医者...などいわゆる専門的知識を持った人が依頼主・患者などに助言を与える場合には非常に改まった表現を使う」として,I'd (strongly) recommend (that) you..../ I'd suggest that you..../ I'd advise you to... などをあげている。そして「いずれも非常に改まった口調の表現なので日常的な場面では使われることがない」と述べている。

 CCEU(1992) "I suggest you.../ I advise you to..." に関して次のように述べている。 

A very firm way of making a suggestion is to say "I suggest you..."

    60)I suggest you leave this to me.

A more formal and serious way of giving advice is to say "I advise you to...."

    61)"What shall I do about it?" ---"I advise you to consult a doctor, Mrs. Smedley."

 

 前回の調査では丁寧度3.6, SD0.6でありやや formal という結果を得た。母親がわざと他人行儀に,子供に「〜しなさい」というときに使うことがあるという指摘もあった。

 今回の調査では以下の5つの用例が検索された。会話で使われないわけではないが,かなり堅苦しい表現であることは間違いがないようである。( )の例文はそれぞれ潜水艦の下士官が船長に意見を述べる場面,( )は恋敵に皮肉っぽくリックが「おまえの女房に聞いてみたらいい」という場面,( )は警官のルノーがリックの店の閉鎖を客全員に宣言する場面である。

    62)I suggest you cooperate, or this could get very unpleasant. (THE SANDS OF TIME850)

    63)I suggest you cooperate.THE SANDS OF TIME1322)

    64)I suggest we open our orders, Captain.THE HUNT IS ON295)

    65)I suggest you give me what you owe me, or anything goes.(INDIANA JONES37)

    66)I suggest that you ask your wife.CASABLANCA2215)

    67)I advise that this place be shut up at once.(CASABLANCA:2231)

 

(44) It might be a good idea to visit Kyoto.

informantのコメント】

This is sometimes polite "Do it."(Mother to son)

This would sound less like an implication that you should do it.

Rather vague, polite but not so positive.

I wouldn't use this, nor commonly used

I would say "It might be an idea/interesting to visit...."

Too vague an expression.

This sometimes means "You better do it."

 

 鶴田(1988)は「こちらから最初に案を出すのに It might be an idea to.../ It might not be a bad idea to.../ It might be worth ...ing」などの弱い表現を使うことを勧めている。 It might be better to... などの表現も使うことができる。

CCEU(1992) Another way of advising that is used mainly in writing and broadcasting is to say "It's a good idea to...." と述べて次の用例をあげている。

     68)It's a good idea to spread your savings between several building

societies.

69)It's a good idea to geta local estate agent to come and value your

house.

 前回の調査では,丁寧度3.7、 SD=1.05 X数は4という結果を得ることができた。丁寧ではあるがあまり使わないという意見が少なからずあった。

 今回の調査では以下のような用例が1例検索されているだけで,会話表現に使われることは少ないようだ。今後,データベースを拡張して調べてみる必要がある。

     70)It might be a good idea for you to disappear from Casablanca for a  

      while.(CASABLANCA:3098)  

 

2.5.3. その他

 

informantのコメント】

"Well I think...." indicates merely the speaker's personal option, so self-humbling...

I would say "Kyoto is worth a visit."

You don't need to worry as much about level of politeness if you are asked for a suggestion. All acceptable.

You can be direct because the listener would expect a direct statement.

One way of being polite is to answer with a question back, especially 36 37.

We might say: "Don't miss Kyoto."

I would say "I think you should visit Kyoto."

I would say "I think you'd like Kyoto."

I would say "I would recommend visiting Kyoto./ Kyoto is a nice place to visit."

Try to avoid "should" or "better".

All of above sentences feel as if they would have qualifying sentences following them: There are beautiful temples there.

"You could...." is rather neutral.

 

 「提案」の表現は多岐にわたり必ずしも固定しているわけではないが,You'd better.../ You should....は極めて informal な表現であり日本人が使用する場合には使い方にかなり注意したほうよいようだ。また,Why don't you...?/ How about...? なども日本人が好む表現であり,使いすぎないように注意したいものである。自分の意見・判断を相手に押し付けることは英語の世界では個人の自立を犯すものであり,きわめて forceful な表現と受け取られる。その意味で, perhaps/ possibly/ I think などの SOFTENER を上手に使う事が必要となってくる。

 以下に,その他の「提案」表現を検索したのでその結果をのせておく。

ア)Let's.... (253例)

イ)Shall we...?            (10例)

ウ)You (really) ought to....       (5例)

エ)If I were you, I'd....         (4例)

オ)I 'd recommend....         (1例)

カ) May I recommend...?       (1例)

キ)I would advise....          (1例)

ク)Have you thought of ...ing?     (0例)

 

 

 

 

 

 

参考文献

 

<辞書・事典>

 

* Collins COBUILD English Grammar (1990) London: Collins ELT.

* Collins COBUILD English Language Dictionary (1987) London: Collins ELT.

* Collins COBUILD English Usage (1992) London: HarperCollins Publishers.

* 「英語基本形容詞・副詞辞典」(1989) 研究社出版 東京

* 「ジーニアス英和辞典」(1994) 大修館書店 東京

* Longman Dictionary of English Language and Culture (1992) Essex: Longman.

* Longman Language Activator (1993) Essex: Longman.

* Oxford Advanced Learner´s Dictionary (1989) Oxford: Oxford University Press.

* Oxford Wordpower Dictionary (1993) Oxford: Oxford University Press.

* 「プログレッシブ英和辞典」(1987) 小学館 東京

 

<書籍>

 

* 東照ニ (1994) 「丁寧な英語・失礼な英語」研究社出版 東京

* Bald,W-D., Cobb,D., Schwarz,A. (安藤昭一他訳)(1988)『コミュニケーションのための学校文法』 ロングマン

* Blundell,J., J.Higgens and N.Middlemiss (1990) Function in English Oxford:Oxford University Press.

* Brown & Levinson (1987) Pliteness Cambridge: University Press

* Greenbaum,S. and Quirk,R. (1991) A Student's Grammar of the English Language London : Longman.

* Jennifer Coates (1983) The semantics of the Modal Auxiliaries :Croom Helm

* Leech,G. (池上・河上訳)(1987) 「語用論」 London: Longman

* Leech,G. (1989) An A-Z of English Grammar and Usage London : Edward Arnold.

* Leech,G. (1994) A Communicative Grammar of English London:Longman

* Levinson,S.C. (安井・奥田訳)(1990) 「英語語用論」 Cambridge: University Press

* 村田勇三郎「機能英文法」(1982) 大修館書店 東京

* 大杉邦三(1982)『英語の敬意表現』大修館書店 東京

* 高橋朋子(編)田中茂範(編)鈴木佑治 阿部一(1994)『英会話 機能表現スタイルブック』アルク 東京

* 田中実(編)(1988)『英語構文ニュアンス事典』北星堂書店 東京

* Thomson,A. and Martinet,A. (1988) 『第4版 実例英文法』オックスフォード出版局東京

* 鶴田庸子, Rossiter,P., Coulton,T. (1988) 『英語のソーシャルスキル』大修館書店

* 上地安貞(1991)『英語の人間関係学』ぎょうせい 東京

* 脇山怜(1990) 「英語表現のトレーニング」講談社新書



論文トップへ
Home Pageへ