告 知

平成14年4月22日 今日は、午後に病理の結果が出る。
朝から落ち着かないが手術でがんばった、ご褒美に しゅんちゃんを「クレヨンしんちゃん」の映画を観に連れて行った。
(なんだか、胸キュンのしんちゃんだったなぁ〜)
しゅんちゃんも「お母さん、なんか涙でそうじゃった〜」と言う。
おぉ、なかなか感性の豊かな息子だね。(親ばか)
私と二人でお昼ご飯を食べに行く。
おいしそうに「ハンバーガー」と大好きな「フライドポテト」を食べている。
午後、主人と、しゅんちゃんと3人で病院に。
しゅんちゃんは恐怖の抜糸に悲鳴をあげる。
涙と鼻水でヨレヨレだ。
N先生に右手が上がるか診察を受ける。
「大丈夫そうだね。まだ痛い??上まではあがらないな」
しゅんちゃんは、看護婦さんとお話をしているあいだに先生から病理の結果を聞く。

まだ、途中結果なんだけど、やっぱり悪性と書かれています。

悪性ってなにがどう悪性なのかその時はよく分からなかった。
先生から「
非ホジキンリンパ腫」と告げられたが、それが何なのかこれから、どうなるのか・・・
頭の中はまっ白で何を聞いていいのかもわからない。
とりあえず、思い浮かんだ事を聞いてみる。
「治療は化学療法ですか?」 
「治るんですか?」 
「どのくらいの期間が必要?」
N先生の言葉は、「ここでは、子供の治療はできないから
大学病院に紹介状を書きます。  僕は子供のリンパ腫を
みたことがないから、何もわからないんです。」   
    

それからは、胸が張り裂けそうな日々を過ごすことになる・・・・