退 院

平成14年4月16日


朝、「手術は??」と言ってしゅんちゃんが起きた。(もう、終わってるよ)
結局、用意してもらっていた痛み止めの注射は使わずにすんだ。
朝食もきれいにたいらげ、調子も良さそう。
昨日の先生の「
よくない細胞」というのは間違い??であって欲しい。
消 毒
傷口の消毒に先生が来る。
ドレーンが2本入っている。(出血は少ないとのこと)痛そう・・・

イソジンがしみるらしくて、半泣き状態。(でも、元気

傷口がかなり大きくて、脂肪もごっそりと取ったため上の皮膚だけを縫っているので、右手はしばらく動かさないように、と言われた。(普通は脂肪を縫ってから皮膚を縫うらしい)
平成14年4月17日
経過がよいので傷口のドレーン抜去。
イソジン消毒をして、そのままスルスルと抜く。
すごく痛いらしい、しゅんちゃん号泣。
長い!まるでストローが入っていたみたい。
(看護婦さんいわく・・・あれは私でも泣く)

しゅんちゃんのお友達がお見舞いに来てくれた、ちょっと恥ずかしい?
担任の先生がお見舞いに来てくれた。

平成14年4月18日

消毒のイソジンがしみて痛がるので今日からヒビテンに変わる。
右手が使えないかな?と思いきやゲームボーイを平気でやってる。

平成14年4月20日

傷もきれいだし痛みもなさそうなので退院する。

平成14年4月21日

消毒のため日曜でも受診する。
明日、抜糸予定  病理の結果 も出る。