わきの下の
コリコリ発見



平成14年3月1日


お風呂上りに、しゅんちゃんの右脇にコリコリしたものを発見。

次の朝、近所の総合病院の小児科を受診する。
「普通、右の脇が腫れるってことは、右の手の先あたりに傷があって、そこからバイキンが入って
リンパ節が腫れるんだけどなぁ?傷、ないね・・・」と言われ抗生剤を一週間飲んで様子を見ることになる

抗生剤を一週間飲むと、なんとなくコリコリが小さくなった。
(気がした)

小児科を受診して診てもらうと「小さくなったと言うか一回り凝縮された感じだね。」といわれもう一週間抗生剤を飲む。

平成14年3月28日


なんと、こりこりが第一発見の時よりデカくなった!!
(ピンポン球大)
あわてて小児科を受診する。 そこで、血液検査。
結果にしばらく待たされたが「血液検査は異常ないです。というか数字的にはいいほうだね。でも、ここまで大きくなったから外科でみてもらいましょう。」で、外科に転科になる。


外科のT先生がエコーを見て「N先生を呼んできて」と看護婦さんに指示。 (なんかいやな予感)
N先生「いきなり取るって言うのもね〜、とりあえず細胞を注射で採って調べてみよう。」  
 しゅんちゃん、びびりまくりのところを大きな注射器が登場!
でも、泣かずにがんばりました。


平成14年3月29日

昨日の細胞を採った所の消毒をしてもらいに外科に受診。
いきなり「手術で腫れているリンパ節を取りましょう」と言われる。
入院期間は3日〜4日で、手術時間も一時間ほどらしい。
そうか・・・外科にまわされた時点で手術を覚悟しないといけなかったのね・・・
手術の日にちを決め、そのための検査、心電図、CT、採血などを受けて帰る。
でも、手術が終われば、もうなにも心配しなくていい、全部終わる。
と思っていた、このときまで。