許せないこと

中学生虐待事件

 また、悲しむべき事件が起きてしまいました。この手のニュースを聞くたびに暗い思いにさせられてしまう

のは私だけでしょうか。そして無性に腹立たしさを感じてしまいます。

 今回の事件は、中学三年生の男の子が、何も食べさせて貰えず飢え死に直前までに追い込まれた事件

でした。飢えに苦しみ、死の直前状態まで追い込まれた少年の事を考えると、非人間的な扱いをした親達

に同じような苦しみを味合わせてやりたいという思いに駆り立てられます。

 救出された少年の昏睡状態は依然続いており重体のようです。継母と実の父親による虐待でした。離婚

した実の母親は、何とか助け出そうと試みたようですが成功しなかったようです。

 世も末だと言わざるを得ない事件です。それにしても周りにいた大人達は何をしていたのでしょうか。学校

側の対応にも腑に落ちないことがたくさんあります。こんな状態になるまでに、少年の友達が学校側に虐待

されているのではないかと通報していたそうです。その時、何故もっと真剣に対応しなかったのでしょうか。

その時、何らかの手を打っておけばこんな事にならなかったのではないかと悔やまれてなりません。

 また、児童相談所も何らかの情報は得ていたようですが、ここもまた具体的な行動をとっていませんでした。

教師も児童相談所係員も職務怠慢と言わざるを得ません。そして、そのために置かれている児童相談所が、

何もしていなかったという責任は大変大きいものがあります。こういう事を解決するのが児童相談所の職務

なのではないでしょうか。

 幼児虐待や児童虐待などの事件では、行政サイドの手遅れや手抜きの事が、いつも問題になっています。

そして、いつまでたっても改善の兆しがないのは何故でしょうか。関係者は法律に限界があると言うかも知れ

ません。法律に問題があるのであれば、実情に即したものにすれば良いのです。政府はイラクに自衛隊を

派遣するためには憲法の精神を曲げてまで法律を作ったではありませんか。ましてや国内の尊い命を救う

ために何故もっと真剣に考えようとはしないのでしょうか。また、自分の子供のことだったら、そんなのんきな

事を言っておられるでしょうか。もっと、色んな手段を使って救出のために奔走するに違いありません。

 そこに、行政機関の怠慢を感じてならないのです。何も出来ない行政機関ならやめた方が良いのです。

職員は何のために給料を貰っているのか分かっているのでしょうか。紙の上だけなら何でも書けるし何でも

言えるのです。しかし、人を相手の仕事は、現場に行って具体的な行動をしなければ何の価値もないのです。

そこのところが、あまりにも分かっていない関係者が多すぎるように感じてなりません。

 どうか今は、救出された少年の命が助かり元気に回復することを祈って止みません。そして、関係者の厳しい

処分と、少年を虐待した親達を厳しく裁いて貰いたいと思っています。

介護保険制度の悪用

 介護保険はみんなの助け合いの精神で発足した制度です。事もあろうにその制度を悪用して、不正請求を

して儲けたものがいます。それも一件や二件ではないようです。この制度が発足したときに、予想されていた

事でもありました。問題なのは、それを許した行政と表向きは老人看護を装いながら制度を悪用して不正請求

をした業者達です。

 こんな事を平然とやってのけるような業者達に、安心して老人看護が任せられるのでしょうか。はなはだ疑問

だと言わざるを得ません。人が人の世話をする、簡単なことのようで一番難しいことだと思っています。実の親

でさえ世話に限界を感じている親族がたくさんいるといいます。ましてや、赤の他人が人の世話をするとなると、

金銭関係を超えた人間としての奉仕の精神がなければ、なかなか出来ることではないと思っています。

 仏教に布施という教えがあります。布施には色んな形があって、お金で人を助けるのも布施の精神ですが、

歩けなくて困っている人がいれば、杖や足になって助けてあげるのも布施と言います。老人介護は、この布施

の心なくしては考えられません。

 お世話をしてくれた人に心ばかりのお礼をする。それが介護保険の精神ではないでしょうか。従って、報酬と

してお金を受け取るのは当たり前の事としても、何もせずに何かをしたような不正請求は断じて許されないこと

です。もし今後も頻発するようであれば、この制度のあり方そのものを問い直す必要があるのではないでしょうか。

介護保険料は等しくみんなが支払っています。その金が悪徳業者に流れていると思ったら、むなしくなって

しまいます。一度でも、そのような不正を行った業者に対しては永久に資格を剥奪すべきだと思っています。

 先日も奥さんがデイサービスセンターに勤めているという人の話を聞きました。デイサービスとは表向きの

姿で、中は人間関係のおどろおどろしい人の集まりだそうです。全てがそうだと言うわけではないでしょうが

口入れ屋家業のような感じのところが多いのではないでしょうか。そこには老人にやさしくサービスを提供する

といった考えはあまりないようです。儲け本意のデイサービスセンターに何が提供できるというのでしょうか。

                                              2004年2月8日掲載

政治経済社会問題のページへ戻る

ホームへ戻る