靖国神社参拝問題

麻生総務大臣の発言について=「靖国で会おう」と本当にみんなそう言っていたのだろうか

 今年は先の大東亜戦争が終わってから六十年を迎えた。戦後も私と同じように還暦を迎えた

わけである。あの大戦を体験した人々の胸に去来するのは、どんな思いなのだろうか。

 そんな節目の年でありながら近隣諸国との関係は決して良好とは言えないような事件が相次

いでいる。お隣の中国では一部の教科書の記載内容や小泉首相の靖国神社参拝を巡って大

きなデモが頻発した。また、先日行われた韓国の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領と小泉首相の会

談でも靖国神社参拝が大きな問題になった。答弁に困った小泉さんは靖国神社の代替施設で

ある国立の追悼施設を作ることを提起した。しかし、以前から代替施設の建設に付いては賛否

両論があって棚上げ状態のままになっている。

 靖国神社には国際裁判でA級戦犯となった人達も祀られている。A級戦犯が合祀されている

からと言うだけでなく、そもそも靖国神社そのものが問題になっている。靖国神社は戦前、戦争

遂行の目的をもって国威発揚のために建てられたものだ。そんな施設に侵略戦争をしてきた日

本の首相に参拝して貰いたくないと言うのが近隣諸国の考えだ。従って、両者の間が埋まるわ

けがないのである。

 そんな場所にかたくなに参拝を続ける小泉さんが韓国の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領に詰め

寄られ、苦肉の策で提案したのが国立施設の提案であった。この提案を聞いて、いち早く自民

党議員の間からは喧々囂々(けんけんごうごう)たる意見が噴出した。

 その中でも特異だったのは麻生総務大臣の発言だった。戦地で亡くなった人は「みんな靖国

で会おうと言って死んでいった」というのだ。戦争にも行っていない人が何故こんな事が言えるの

だろうか。後方からの支援もなく飢えと闘いながらマラリヤ等で苦しみながら死んでいった人達

がそんな事を考えただろうか。一歩譲って、予科練の若者達が我と我が身を奮い立たせるため

に靖国で会おうと言って機上の人になったかも知れないが、心の中では死にたくない、生きて帰

りたい、古里の父や母に会いたい、古里の山や川や海を見てみたいと思っていたに違いない。

それよりも靖国神社がどんなところかも知らない若者が多かったはずである。そんな若者達が

「靖国で会おう」などと言うはずがないのである。いい加減な事は言わないで欲しい。戦地でむ

なしく亡くなっていった人達に対し大変失礼だと思うのである。

                                     2005年7月7日掲載

政治経済社会問題のページへ戻る

ホームへ戻る