次の日は沖縄を一挙に北上することになった。米軍基地を道の左右に見ながらバスは走る。

道の両脇の緑地帯には街路樹として、南国らしく椰子の木が植えてあり、大きな実を付けていた。

この日の初めにはハブとマングースを闘わせたり、沖縄の民族芸能を見せる場所へも行ったのだが、

いずれも時間を気にしてばかりの駆け足見物で、あまり印象に残らなかった。雨は相変わらず

降ったり止んだりしていた。期待していたパイナップル畑見物は本格的な農場ではなく、観光用の

見せかけだけのもので、とうとう本格的な畑を目にすることは出来なかった。やはり観光中心と

なると、こういった見せ物的なものになってしまうのだろうか。その代わり、何処の土産物店に

入ってもパイナップルの試食は十分すぎるほどさせて貰った。現地で口にするパイナップルの味は

適当な酸っぱさと甘さがミックスして、とてもおいしかった。

沖縄の代表的な伝統芸能「エイサー」

太鼓のリズム良い音が心地よく響く

 そして、沖縄の観光地としてはとても有名な万座毛に行った。天気さえよければ沖縄らしい景観の

楽しめるところだ。遠くに、この後行く予定になっている海洋博記念公園が見えている。万座毛には

次から次へと大型観光バスが入ってくる。雨でぬかるんだ駐車場は満車状態だ。土産物店からは

ひっきりなしに客寄せの声がかかる。大変な賑わいだった。

 万座毛を後にして、昼食を海洋博記念公園近くのレストランで済ませ、記念公園に着いた。

この頃からやっと雨も小降りになり、天気も回復し始めた。公園は実に広く、整備が行き届いていた。

特に沖縄周辺の伝統的な建物を、身分や地域別に再現していたのは珍しくもあり、印象的であった。

園内は亜熱帯の植物が生い茂り、ゆっくりと散策するには、もってこいのすばらしい景観と雰囲気だ。

記念公園からは海辺まで下りていけるようになっていて、珊瑚礁の岸辺をバックに写真を撮ったり、

時間的にも比較的ゆったりとした気持ちで、園内を楽しむことが出来た。

  

沖縄海洋博記念公園にて

左は海岸線に降りてみたところ、右は沖縄郷土村の一角

海岸線には珊瑚礁の岩場が続く、郷土村は沖縄の民家等を復元展示している

 海洋博記念公園を出て二日目の宿泊先であるホテルへ着いた。実に巨大なホテルだ。それでも

満室になるくらいの客がいる。客層も色々だった。外人もいれば、修学旅行生もいる。台湾からだろ

うか、それとも中国からだろうか、大きな団体も宿泊しているようだ。

 ホテルに着いた頃から又雨が降り始め、海で泳ぐことが出来ず、結局ホテル内のプールでひと

泳ぎ。そして、ひと泳ぎした後、程良くおなかも空いたところで夕食。和洋食、沖縄料理、いずれも

バイキング形式だが、それぞれ客の好みに合わせて、いろんな食事が楽しめるようになっている。

これならリゾートホテルとして、長期に滞在しても飽きることはないようだ。ホテルの一角にはショッピ

ングスペースがあり、ブティックやクリーニング、写真の現像焼き付けの店等も入っていた。

 夕暮れの海を窓越しに見ながらの夕食は別世界のようで、最高の気分だった。ゆったりとした時間

が流れてゆく。暮れなずむ南国の薄明かりの中で、椰子の葉が風に揺れている。

      

左は沖縄の代表的な植物「ガジュマル」太く大きな根が無数幹から地面に下がっている

右の二枚は内地では見たこともないような南国の植物

あの町この町のページへ戻る

沖縄旅行その3へ続く

ホームへ戻る