2日目(7月16日・・・日本時間)

 早朝、娘を送り出した後、散歩を兼ねてジュースを買いに近くのスーパーに行った。

行き帰りには町のあちこちの写真を撮した。通りに面した家には、たいてい庭があり、紫陽花、

シャクナゲ、きゃらぼく、かんぞう等といった植物が植えられていた。日本になじみの植物も多い。

しかし、街路樹には見たこともないような種類の木が植えられていた。なんという名の木だろうか。

宿泊したホテルの前を走っている便利な乗り物、地下鉄

 朝食を済ました後、予定通り市内見物に出かけた。乗り物は電車。市内の交通はタクシーか

路面電車(とは言いながら、実はれっきとした地下鉄である)。この電車でフリーダムトレイルの

出発点にまで行ってみる。州議会議事堂が目の前に見える。路面の赤いラインが名所を訪ね

歩くための目印となる。旅行ガイドの本を片手に、不安を胸に抱きつつ歩き始める。

(フリーダムトレイルとは市内見物の際、路面に印された赤いラインに沿って歩けば、一通りの

観光場所は迷わずに見物できるというもの。これは参考にしても良いアイディアだと思う。)

   

左、家内の足下にあるのがフリーダムトレイルの目印、赤いライン

右側はアメリカの独立宣言をした議事堂、ケネディもここで演説をしている。

 ボストンはイギリスからの独立戦争時代の遺跡が実に多い。ポールリビアと言う人は

アメリカ独立戦争の英雄だった人で、彼に関する遺跡がたくさんある。午前中は家内と2人で

これら遺跡巡りをし、お昼頃、娘と待ち合わせの場所に行く。そして、一緒に昼食を食べに

中華街へ行った。さすがに、アメリカではあっても中華街に来ると雰囲気が何となく異なる。

夜は一人歩きが出来ないと言う。そう言われてみれば、そんな感じがしないでもない。

   

左はボストンの中心地、巨大なビルが林立している、右は中華街(ここだけは雰囲気が違う)

 今日の昼食は飲茶とのこと。大きな店の中には客がいっぱいだった。人種は様々だ。

テーブルに着くと、早速、中国人の店員が蒸籠に入ったシュウマイ等を、ステンレス製の

ワゴン車に乗せて持ってくる。欲しいものを自分で選んで、皿に載せて貰えば良い。

コース料理ではないので、自分の適量を食べれば良いから便利だ。ついでに、中国製ビールも

頼んでみる。味は、どこのビールも同じようなものだ。飲茶は程々に腹を満たすには、

もってこいのメニューで味も大変良かった。

市内至る所で目にする風景、街角の音楽師達

 この日はボストン美術館の無料開放の日だった。入り口でバッジを貰って中に入る。バッチが

ここの入場券代わりとなっている。世界でも有数と言われているボストン美術館は、大きすぎて、

とても1日では回り切れない。従って、自分が見たい所だけをピックアップして、大急ぎで回る

事にした。家内と娘はエジプトや日本の収集品コーナーに、私はギリシアと日本の収集品の

コーナーを見て回った。さすがに質、量ともにすばらしい収集品の数々だ。近くに住んでいれば、

もっとゆっくり鑑賞出来るのだが、本当に残念だった。ほとんど、記憶に残らないような急ぎ足の

見学だったが、あっという間に閉館時間が来てしまった。三人ともいささか歩き疲れていた。

 美術館を出た後は、ベトナム料理の店で夕食を食べようという事になっていた。ベトナム料理は

日本料理に近いようなあっさりしたものだろうと思っていた。ところが、想像していたのとは大違いで、

とうがらし辛く、油でべとべとだった。チャーハンを掬うと皿の底には油がどろりと溜まっていた。

その上、お米はタイ米なので、ぱさぱさしていて全く粘りけがない。とてもベトナム料理は口に

合わない。半分くらいは残してしまった。ホテルに帰って早速、胃薬の世話になった。旅行の間中、

私も家内もずっと胃薬の世話になっていた。不思議なことに、日本に居た時には小食で油ものに

弱かった筈の娘は平気で食べていた。住むところが違うと、こうも人間は変わるのかと驚くやら

感心するやら。環境は人を変えるのだろうか。

あの町この町へ戻る

アメリカの旅3へ進む

ホームへ戻る