うそつき列島

 私は大変温泉好きです。各地の温泉巡りをして、その感想を私のサイトである「あの町この町」のシリーズに

加えようかと思ったほどでした。そんな構想を練っている時に、長野県の白骨温泉の不祥事が発覚しました。

 白骨温泉と言えば乳白色のお湯が、いかにも天然温泉らしいと人気の温泉でした。ところが特徴である乳白色

が薄くなったとかで、他の温泉地から買った温泉の素を長年にわたって使っていたそうです。そんな事とは

つゆしらず、お客さんはみんな天然温泉だと思い込んで入っていたわけです。

 この問題がきっかけになって、全国各地の温泉地で温泉のチェックが始まりました。本当に表示通りの温泉

なのだろうか。みんなの疑いの目は温泉地に向けられました。そんな事がきっかけとなって調査をしてみると、

温泉とは名ばかりで水道水や井戸水を沸かしているホテルや旅館がたくさん出てきました。

 また、温泉とはいっても、かけ流しの温泉もあれば循環式の温泉もあります。最近では多くの温泉が循環式

になっています。その上、ラジオネラ菌による感染症の問題もあって、たっぷり消毒薬を使った温泉もあります。

このような他の薬物が混入したようなお湯が果たして温泉と言えるのでしょうか。どんな温泉効果があるという

のでしょうか。

 私は問題が発覚するずっと以前から疑問に感じていたことがありました。全国にある有名な温泉地には

大きなホテルや旅館が林立しています。毎日大勢の観光客が押し掛ける、これらのホテルや旅館が使う

お湯は半端な量ではないはずです。それこそ温泉のお湯を湯水のように使うのですから、よほど大きな湯井

がなければ賄うことはできないはずです。しかし、家庭の井戸ですら地下水の水位が下がって汲み出せない

ような時代に、ここだけは例外だと言えるようなところがどれ位あると言うのでしょうか。私が知っている範囲

では、火山脈の真上に位置する九州地方や北海道、東北地方を除いて、そんなに多くはないと思っています。

 また、最近では地下数千メートルまでボーリングをして温泉を掘り当てたという話を良く耳にします。岡山県

にも県南地方には何カ所かこんな温泉があります。これらは温泉だけでなくレジャー施設としても家族連れ等

で賑わっています。確かに温泉としての条件は満足しているのでしょうが、何となく温泉というイメージからは

ほど遠いのが実状です。このように温泉とは言ってもピンからキリまで多種多様です。

 中には一軒だけというひなびた温泉もあります。このような温泉は観光とはほど遠く、湯治客や地元の人達に

なじみの温泉になっています。これこそ本来の温泉と言えるのかも知れません。

 話はすこし横道にそれますが、温泉に限らず偽りの表示や報告がまかり通るような世の中になってしまい

ました。バレさえしなければ何をしても良いという嘆かわしい風潮が、業種を問わず蔓延しているように思われ

ます。野菜の産地の偽装表示、食肉の産地の偽装表示、原子力発電所などの検査の虚偽報告、自動車の

リコール隠し等々、まさに、日本はうそつき列島と化しています。

 なにが真実なのか何を信じて良いのか分からないような状態です。温泉の偽装表示は多くの偽装表示の

ほんの一部分に過ぎません。どうか、これを機に業界の襟を正して堂々とした商売をするように改めて欲しい

ものです。温泉好きな私としては切に願っています。

 そんな中にあって、ほんもののかけ流し温泉を二つ紹介してみます。一つは会社の保養施設になっている

温泉です。奥津温泉の一角にあるこの温泉は、本来の温泉地から少し離れているため独自に掘削した温泉

です。お湯の温度は体温より高いため水で適温にしています。その上、会社の保養施設ですから必要量しか

使いません。従って、枯渇することもなく、かけ流しで使えるという今時うらやましいような温泉です。

 そして、もう一つは白骨温泉と泉質がそっくりな温泉です。乗鞍岳の中腹にあるこの民宿は「青葉莊」と言い

ます。玄関の戸を開けると家の奥から硫黄の匂いがプーンと漂って来ます。お湯はまさに乳白色です。浴槽に

つかると毛に白いものが付いてきます。湯ノ花となのでしょうか。ここの温泉に一度入ると体から硫黄の匂いが

抜けません。それほど濃いお湯なのです。私の住んでいるところから遠いのが難点ですが、機会があればもう

一度訪ねてみたい素晴らしい温泉です。

                                                   2004年9月12日掲載

政治経済社会問題のページへ戻る

ホームへ戻る