トピックス

 私は3年ほど前にNGOピースボートが企画運用している地球一周の旅で南半球を一周して

きました。百余日間の長い航海で南半球の色んな国や地域を訪ねてきました。詳しくは私の

ホームページの「地球一周旅日記」に詳しく掲載していますので読んでみて下さい。

 その旅の中では多くの若者達とともに行動しました。一見、活発に見える若者達の中には

生きることに疲れた若者や孤独な思いをしている若者や心を病んだ若者達がたくさんいました。

これら若者達の心の中にどんな変化が起きているのだろう。そして、その理由は何だろう。

ずっと疑問に思っていました。

 一方、傷付いているのは若者達だけではなく、訪問する先々の自然も満身創痍と言える

ほどに傷付いていました。多くは地球温暖化による影響でした。国や地域の異なる幾つもの

氷河がことごとく小さくなっている姿でした。

 そして、イースター島に上陸したとき、その異様な風景に愕然としました。森や林と言った

ものは皆無で海風が島を吹き抜けるような荒涼たる景色の中に、目をくり抜かれたモアイ像が

孤独な顔をして立っていました。

 この島の周辺に他の島は見当たりませんでした。広い広い太平洋のど真ん中に小さな島が

ポツンと取り残されたような姿は、何かしら私たちの地球の姿を感じさせました。今、地球は

許容量を越える人口を抱え、その上、二酸化炭素の温室効果により気温が著しく上昇して

います。それにも関わらず人間は今の生活を変えようとはしません。このまま進めば森林と

いう貴重な資源を使い切ったイースター島と同じ運命にあることは間違いありません。

 地球の近くに生物が住めるような星は一つもありません。広い広い宇宙の中に孤立している

点でもイースター島と地球は良く似ています。このまま進めば明日の地球はイースター島の

今の姿ではないでしょうか。

 私は在職中にTPMという手法による設備保全を実施して来ました。工場の機械が故障する

のは機械が勝手に故障するのではない。本来、行うべき保全(メンテナンス)をきちんと行って

いないから故障するのだ。つまり人間がなすべき事をしていないから故障するのだと言うもの

でした。言われてみればその通りです。機械が故障しないようにきちんと管理するのも人間

なら、放っておいて故障させてしまうのも人間です。

 このように考えてみますと、地球上の全てのことが人間との関わりの中で動いているのだと

気付きます。つまり環境を壊しているのも人間なら環境を修復できるのも人間です。その人間

自身が今、壊れかけています。飽くなき欲望に走り謙虚さを忘れています。

 地球温暖化は人間の心の荒廃とけっして無縁ではありません。その事をはっきりと気付か

せてくれたのが高木さんの講演でした。高木さんの話を聞いている内に、私の心にあった

何かはっきりしないもやもやのようなものが消えていきました。そうだ自分が伝えたいと思って

いたものは、これなんだと気が付きました。

 今は多くの方に私の思いを聞いて貰いたい。地球の裏側ではこんな自然破壊が進んでいる

のですよと伝えたい思いでいっぱいです。そんな気付きを与えてくれた高木さんの講演会が

近々岡山市で開催されます。ぜひ、多くの方に聞いていただきたいと心から願っています。


活弁公演決まる(数々の奇跡が実現の道へ)

私達夫婦が演ずる活弁(無声映画時代の古い映画に活弁士が台詞を付けて映画を見せるもの)

の日取りが決まりました。

2008年6月24日(火)午前10時30分〜12時15分  岡山市光南台公民館

   上映映画:岡山市出身の尾上松之助主演「豪傑児雷也」

   ここでは活弁を演ずるようになった経緯についても講演します。

2008年7月2日(水)午後14時〜  社会福祉法人「共愛会」しおかぜ

2008年7月3日(木)午前10時〜  同上 琴浦園

   上映映画:岡山市出身の尾上松之助主演「豪傑児雷也」

子育てサロン「プーさん」のご案内

開催日:    2008年7月18日(毎月一回 第3金曜日)但し8月と来年3月は変更になります。

参加対象者: 子育て中のお母さんとお子さん(三歳児未満対象・・・但し就学前の児童も可)

参加費:    一回一家族100円

開催場所:  児島公民館隣の「児島いこいの家」

お母さんと子どもさんの交流の場です。お気軽に来て下さい。

電話: 岡邊 086−455−2381

    矢吹 086−472−6339

第16回倉敷市児島市民文化祭スケジュール決まる!!

上記をクリックし詳細ページへアクセス下さい。

第4回児島活弁シネマライブ

(無声映画に活弁士が語りを入れる昔懐かしい映画)

上映映画(田中絹代主演「伊豆の踊子」)

活弁士「佐々木亜希子」

開催日時:11月4日(月曜日)午後6時30分開場、7時開演     

開催場所:児島文化センター大ホール(倉敷市瀬戸大橋架橋記念館向かい)

           有料駐車場が倉敷市瀬戸大橋架橋記念館横にあります

こちらは入場整理券が必要です。(上映協賛金として1000円が必要です)

入場整理券は児島文化協会の会員を通じて配布しますが、児島地域以外の人は下記まで

電話にてお問い合わせ下さい。

           電話:児島公民館  086−472−7423

「伊豆の踊子」解説

            写真提供 スローシネマ

1933(昭和8)年/松竹キネマ蒲田作品

原作:川端康成

監督:五所平之助 

出演:田中絹代 大日方傳 小林十九二

川端康成を読んだことがなくとも「伊豆の踊り子」を知らない人はいないでしょう。これまで

美空ひばり、吉永小百合、山口百恵など歴代の人気女優で何度も映画化されてきた

この不朽の名作は、1933年田中絹代がヒロインとなり、はじめて映画化されました。この

無声映画を、活動弁士 「佐々木亜希子」さん、音楽は「野原直子」さんを迎え、この夜だけの

スペシャルライブで上映します。秋の一夜を美しい踊り子と孤独な学生のせつない恋物語で

美しい日本の純文学の世界へお誘いします。


高木善之さんの講演「美しい地球を子どもたちに」は盛会裏に終わりました。ありがとうございました。

 (社)日本植木協会青年部通常総会記念講演

とき:2008年2月6日(水)15:30〜17時30分

ところ:ホテルグランヴィア岡山4階フェニクス(岡山市駅元町)

講師:高木善之さん(NPO法人 ネットワーク地球村代表)

共催:日本植木協会中四国ブロック・(財)岡山県環境事業団・グローカルネット吉備

後援:岡山県・岡山市教育委員会他、報道機関多数

コメント

私達の地球には、動物、花、人間などたくさんの命が生き、幸せに暮らしています。ところが

今、地球規模の異変が起こっています。地球環境はこれからどうなっていくのでしょうか。

環境破壊の現状とその根本原因、そして「私たちに何ができるのか」をわかりやすくお話し

します。私たちの未来、子どもたちの未来を、ともに考えてみませんか。

予告・・・・盛会裏に終わりました。ありがとうございました。

4月にも倉敷市でも青年会議所主催で高木さんの講演会が開催されました。

また、私の住んでいる地元児島でも開催したいと思い、協賛してくれる人や団体を募集し

います。

 愛の歌声「田中郷子さんのソプラノ」コンサート終わる

   日時:2008年1月27日(日曜日)

   場所:児島公民館

 田中郷子さんは私の長女の友人である田中M子さんの妹さんです。実は郷子さんも姉の

M子さんも二十数年前に倉敷市児島に住んでいました。娘が神戸に嫁いだとき、偶然にも

ごく近いところにM子さんが住んでいることが分かりました。

 成人になっての二人の再会は、まさに奇遇としか言いようのない出来事でした。M子さんと

私の娘は小学校時代、大の仲良しでした。しかし、お父さんの仕事(瀬戸大橋の工事関係者)

の関係で転校してしまいました。以来、再び会うこともなく二十数年が過ぎてしまったのです。

 娘が嫁いだ頃、M子さんもすでに結婚しており、彼女たち二人は主婦として再会しました。

M子さんの妹さんである郷子さんは、児島に住んでいた頃、ピアノを習っていました。その時の

先生が今も児島に住んでおられ、その先生との関係で児島でのリサイタルが開かれるように

なったようです。先日、郷子さんのお母さんから手紙を添えてリサイタルの案内状が届きました。

 この案内状が届く前に、知り合いのYさんから郷子さんのコンサートのチラシを貰っていました。

Yさんはソフィアというグループに所属する人で、児島公民館へはチラシを置かせて欲しいと

お願いに来ていたようです。

 しかも、郷子さんのピアノの先生だったという人は、児島市民文化祭の常連出演者である

稗田アコースティックバンド(HAB)のメンバーの一人でもあります。人の繋がりというか

何かしら縁浅からぬものを感じました。

26日前夜祭、27日のソプラノリサイタルIN児島は盛況の内に終わりました。声量あるソプラノは

会場の空気を振動させるほどの迫力がありました。美しい歌声に魅了されました。

社会作りのページへ戻る

ホームへ戻る