新撰組

 幕末を描いたテレビドラマは、今までにもたくさん制作されて来ました。その中で、今回の「新撰組」ほど

面白いものはありません。毎週が大変楽しみです。

 昨年の大河ドラマは「宮本武蔵」でした。こちらを「静」だとすれば、「新撰組」はまさに「動」です。実に

リズミカルで面白いテレビドラマです。久々に、連続を心待ちにしています。一時、時代考証に問題があると

批判が出ていました。脚本家の三谷幸喜さんは、そんな批判をまったく意に介する事なく、書き続けています。

確かに、ドラマ通りに受け止めてしまうと間違った歴史認識を持つことになるかも知れませんが、あの

「忠臣蔵」が様々な形でドラマ化されている事を考えれば、まったく問題視するには当たらないと思うのです。

 これは、あくまでテレビドラマなのです。正しい歴史認識は多くの書物が出版されていますから、そちらを

読んでみたらどうでしょうか。しかし、様々な事件の多くは闇の中です。と言うのも、この時代の主人公達は

明治維新後も多くを語ることなく、この世を去っていったからです。従って、研究者によって色んな説があり、

テレビドラマがデタラメだなどと言うことこそ間違いではないでしょうか。

 そんな事より、これを芝居としてみる方がよほど面白いと思うのです。近藤勇と言う人は写真で見る限り

実に怖そうな顔をしています。写真写りが悪かったのか、写真を写すという緊張感が顔をこわばらして

いたのかどうか分かりませんが、とにかく優男(やさおとこ)ではなかったようです。やはり、当代一流と

言われた多くの刀の遣い手を率いていた頭領にふさわしい顔をしています。

 「新撰組」は、幕末を描いたドラマでは常に脇役か敵役でした。「新撰組」を中心に描いた作品は、皆無

に近いのではないでしょうか。(「壬生義士伝・中井貴一主演」という映画が、近年封切られましたが)今回、

「新撰組」の配役は非常に若々しく、いい男が揃っています。近藤勇に扮しているのはスマップの人気者

香取慎吾さんです。その他、土方敏蔵の山本耕史さんや沖田総司の藤原竜也さん等、若々しく良い男が

揃っています。その他、桂小五郎や坂本龍馬なども人気俳優が脇を固めています。いよいよ新撰組も

京都での活躍となるわけですが、ここでも優香さん等、若手女優陣がずらりと顔ぶれを揃えています。

恋あり、笑いあり、涙ありと活劇とは、ほど遠い時代劇ですが、どんな展開が待っているのでしょうか。

                                            2004年4月19日掲載

シネマの世界のページへ戻る

ホームへ戻る