2000円の散髪屋

 最近、格安の散髪屋が児島にも出来た。以前からあった散髪屋が値段を下げたものもあれば、開店当初

から格安の散髪屋として開業した店もある。この内の一軒がユニクロの近くに第二店舗を作った。格安の散髪

屋には何となく抵抗感があったので、知ってはいたが一度も利用したことはなかった。

 しかし、安くてもきちんとしてくれれば、それに越したことはないので思い切って入ってみた。つきあいの長い

近所の散髪屋さんには何となく後ろめたくて悪いような気がしたのだが・・・・。

そこのシステムは店に入ったところにノートが置いてあり名前を記入するようになっていた。いわば順番表で

ある。一回目の時は店長と思われる人がやってくれた。偶然に店長だったのか、あるいは新しいお客さんの

場合は店長が対応するのか定かではない。二回目は店長ではなかったが、ベテラン店員らしく、きちんとした

仕上がりだった。

 ところが三回目の時には女性スタッフだった。この女性、下働きをしている同僚の女性に対しては何かと

見下したような物言いであり、いやな態度だった。確かに、一見手早くて手際が良さそうに見えたのだが、

その仕事の粗いこと、仕上がりを見て驚いた。ただ単に髪を短くしただけといった状態だった。家に帰って

洗髪するとばさばさになり、丁寧にすれば素人でもこんな事にはならないだろうと思われるような状態だった。

電話で文句を言うと店長は店に来てくれれば手直しをしますと言うのだが、こんなに短くなった髪の毛をどの

ようにしようというのだろうか。

 以来、この店に行くことはやめてしまった。私の場合、セットをしないので近所の散髪屋さんでは4000円で

ある。他の物価に比較して決して安くはない。従って、半額の2000円には魅力はあったのだが、こんな仕上

がりでは二度と行く気はしなかった。

 近所の散髪屋さんには他の店に浮気をしたことを心の中で詫びながら、先日久々に行ってみた。何か聞か

れるかと思っていたのだが何も聞かなかった。散髪屋さんごめんなさい。二度と浮気はしませんから。

                                             2004年 10月7日掲載

今の世を生きるのページへ戻る

ホームへ戻る