歴史を学ぶ

歴史を知ろう
近年の発掘調査で多くの発見があり、歴史は大きく書き替えられようとしている。
縄文の足跡
意外に知られていなかった縄文文化、今、縄文文化が見直されている。
出雲大社と日本の原風景
壮大な大建築物が日本海に向かって建っていた。
三内丸山遺跡の復元
出雲大社を現代に甦らせた大林組が三内丸山遺跡に挑戦した。
もののけ姫とたたら
鉄を作る「たたら」とはいったいどんなものだったのでしょう。
国定忠治
史実に基づいた忠治とは、どんな時代に生き、どんな人物だったのだろうか。
刀剣の魅力
研ぎ澄まされた刀剣には、人の魂をものみ込んでしまいそうなほどの魅力を秘めています。
お大師さん
地元の人は親しんで「お大師さん」と呼んでいます。古くより地域の人の信仰の対象として生き続けて  きた大師堂について書いて見ました。
歴史を明らかにする
歴史教科書を書き換えなければならないほどの発見が相次ぐ中、更なる発見は天皇家の墓と されて きたものの中にあるのでは。
四国の山々
何気なく車窓を流れて行く景色、その景色にも様々な歴史ドラマが秘められていることを想像しながら  眺めていると見飽きることはない。
戦国時代の武将達
信長、秀吉、家康と三代続いた戦国時代の武将達の時代は家康が天下を取り終わりました、その間、多くの武将達やその妻達のドラマがありました。
縄文と弥生
放射線測定法による年代測定の結果、弥生時代は500年位遡るのではないかと言われています。   しかし、疑問に思うのは、何故、縄文時代が終わり弥生時代になっていったのかと言うことです。
タイムカプセル飛鳥
甘粕の丘に登ると眼下には明日香盆地が広がります。多くの遺物や遺跡が点在するこの地の地下には、更に壮大な飛鳥時代の古代都市が眠っているようです。古代ロマンの宝庫です。
海人(あま)の国ロマン
日本は周辺を海に囲まれた島国である。この列島にいつ頃人が住み着いたのか定かではない。しかし、中国の長江流域に点在する不思議な棺は日本との繋がりをも感じさせる海洋民族の壮大なロマンが隠されている。
源平合戦と倉敷
かの義経もこの地を駆け抜けていったのだろうか。倉敷周辺には源平合戦ゆかりの遺跡が実に多い。遙か昔、この地にも壮大な歴史ドラマがあったことに思いを馳せてみたい。
安政の大地震
かつて徳川幕府崩壊、明治維新という激動の時代、何故か天災や人災が相次いで起きている。これは単なる偶然なのだろうか。この時代に今の時代を重ね合わせてみたい。
幻想「吉備王国物語」
いつの時代も変わらぬ権力闘争。人間という動物の宿命であろうか。甘樫の丘近くで蘇我一族の館の跡と思われる遺跡が発掘されたと聞いたとき、私はそう思った。
. .
. .
. .

目次その3  人作りへ戻る

ホームへ戻る