果樹園病害虫対策

名前

用途

使用する時期

備考
石灰硫黄合剤 カイガラ虫等越冬病害虫駆除 2.3月 ネクタリンの縮葉病は3月初め芽が膨らみ始める直前。
マシン油乳剤 同上 1月 柑橘類の霜対策も兼ねる
カルホス乳剤 木の葉を食べたり、汁を吸う害虫防除 年間 毛虫,カイガラムシ、アブラムシ
ジマンダイセン

うどん粉病などの殺菌剤

なしの赤星病、黒星病、黒班病

年間 安くて効果がある
ケルセン乳剤 ハダニ防除 夏場 ハダニは耐性が出来るので多用は禁止
ベンレート 他品目殺菌剤(かび病等) 年間

ほぼ何でも効く薬

柑橘類の貯蔵にも可

パダン水和剤 チャノキイロアザミウマ 実の小豆大の時 実の表面に傷を付ける虫
スミチオン アブラムシや葉を食い荒らす虫 年間 アブラナ科に害が出る
アディオン

カメムシ、ハモグリガ(桃、蜜柑)

キンモンホソガ(リンゴ)、クリタマバチ

年間 梅雨明けに伸びるミカンの葉やリンゴの葉にもぐる害虫に有効
. . . .
. . . .
. . . .
. . . .
. . . .
防鳥ネット カラス、ヒヨ 果樹の塾期 .果樹全体を覆う
防虫灯(特定の波長の黄色の光を嫌う) 夜盗蛾 果樹の塾期

面積により灯数を増やす

黄色の特殊蛍光灯

古いCD カラス、ヒヨ 果樹の塾期 竿の先につり下げる
カラス、ヒヨ 果樹の塾期 竿の先につり下げる
. . . .

農機具(使ってみての評価)

農機具名

特徴、その他

使ってみての評価
小型耕耘機 ミニ何々と言われている物

大いに役立ちました。

少し大きめの重い物の方が良いです。

草刈り機 今ので3台目

日頃の手入れが大切です。

エンジンは大きい方が良いです。

蓄圧式噴霧器 DIA SPRAYER

今まで使った中では最高に長持ち

少し重いのが難点

エンジン式噴霧器 今年から使っています。

今年は実の付き初めの被害が少なかった。

威力が違います。重いので移動が不便

スコップ これ一つで果樹園を作りました 腰を痛めないように。
クワ(平クワ、三目クワ) 竹の根を着るのは平クワの刃の厚いものが最適です。 私はクワよりスコップの方が好きです。
水道 自分で配管しました。 必需設備です。
竹かご 道具入れ、収穫の際の入れ物 自然のものには自然のものがいい。
渦巻き線香 夏の必需品です。 腰に付けています。
脚立 大、中、小 三種類使っています。
高枝剪定ばさみ 伸縮式 長くすると重くて疲れます。
ステンレス製のもの 錆びず長持ち
ハサミ 何種類か使っています。 比較的便利なのが万能ハサミ
サバイバルナイフ 大きくて重いもの 竹を切ったり、剪定枝の処理に使っています。
ビニール紐 荷造り用 大変重宝しています。
虫取り用の網 柄を長くして使っています。 高いところのスモモなどを採るのに便利
熊手 大、中、小 それぞれ使い分けています。
レーキ 畑仕事 土をならすのに使っています。
じょれん 畑仕事 時には必要なものです。
小枝粉砕機 剪定枝を小さくする機械です。 これは優れものでした。小さく粉砕した枝や葉は放っておくと発酵し堆肥となります
防鳥ネット カラスに対しては有効です。 覆い被せなくてもこれを張っておくだけで効果があります。

もくじ1  もの作りへ戻る

ホームへ戻る