倉敷市には、NHKの大河ドラマにもなった源平合戦の遺跡や伝説が数多く残っています。浮洲岩

や乗り出し岩、藤戸寺や経島、笹無山と言った遺跡などがあり、佐々木信綱によって殺された浦男

の伝説等も残っています。

 源平合戦当時、倉敷市の大半は大小さまざまな島々が点在する遠浅の海でした。その海が何度

もの干拓によって今日のような姿になりました。今も当時の名残として、地名には「島」と名の付く

ところが多く、私の住んでいる倉敷市児島もかつては児島ではなく「小島」だったようです。その他、

水島、連島、玉島、乙島、柏島、隣の町である「早島」等の地名が数多く残っています。

 江戸時代末には、広沢虎造の浪曲等で有名になった「遠州 森の石松」が清水の次郎長の代参で

詣でたという金比羅行きの船も、ここ児島の何ヶ所かの港から出ていました。その当時は両参りと

言って金比羅さんに行く人は、ここ児島にある瑜伽大権現(ゆがだいごんげん)に参詣し、向かいの

四国に渡りました。金比羅大権現だけや瑜伽大権現だけのお参りを片参りと言い、両方に詣でて

初めて御利益があるとされていました。

 従って、参詣人は瑜伽大権現に詣でた後、早朝に唐琴の浜や下津井の港から手漕ぎの船で四国

の丸亀に向かいました。波穏やかな瀬戸内海を船頭の唄を聞きながら、瀬戸内海の多島美を楽しみ

つつの、のんびりとした旅ではなかったのでしょうか。

 今でこそ瑜伽大権現の参道には金比羅大権現の門前町に見られるような賑わいはありませんが、

参詣人の多かった頃には遊郭などもあったようで、こんな山中にこんな賑わいがあったのかと参詣人

は驚いたそうです。今も残っている参道の石の道標(みちしるべ)は、当時の遊女が寄進したと聞いて

います。また、境内には講談でおなじみの江戸本所の豪商「塩原太助」が寄進したとされる玉垣も

残っています。

 江戸時代後期から明治初めにかけての下津井港は北前船の着く港として大変栄えたようです。

当時、大量の物資を一度に運ぶ手段としては大型の帆船しかありませんでした。多いときには八十艘

を越える大船団が入港したと言いますから、その様子は壮観だったに違いありません。

 北前船は春になると大阪を出港し米、酒、塩、砂糖、紙、木綿等を仕入れた後、瀬戸内海から

関門海峡を抜け日本海に出ました。途中、幾つかの港に入り、そこで積み荷の商売をしました。

そして北海道まで行き、残った商品の荷下ろしをした後、干鰯(干したニシン)や海産物を仕入れ、

再び大阪に向かいました。

 北海道で仕入れた干鰯は肥料として用いられました。下津井港に船が入るというニュースが流れる

と近郷近在の商人や豪農が干鰯の買い付けに集まりました。また、荷下ろしのための人夫や下働き

の女性達が駆り出され大変な賑わいだったようです。水源の少ない港町でもあり水売り等の商売も

あったと言います。今も残るニシン倉には当時の繁栄振りが偲ばれます。

 下津井に「まだかな橋」というところがあります。今はかつての遺構の一部が残っているだけですが、

ここには海にせり出すように桟橋が架かっていたようです。北前船の船乗り達の下船を待ちかねた

遊女達が「まだかな、まだかな」と声をかけたことから、この橋は「まだかな橋」と名付けられたようです。

中村美律子さんが最近「下津井 お滝 まだかな橋」という歌を唄っています。

 倉敷はもともと天領(徳川幕府の直轄地)でした。従って、直轄地には幕府の出先機関である代官

所が置かれ幕府の役人が駐在していました。町衆としてある程度の自治権を与えられていた地域

住民は自立意識が高く、今もその気風は残っているようです。

 当初、「古録」という一握りの人達が実権を握っていました。しかし、倉敷周辺の干拓が進み新たな

豪農や大商人が生まれました。こうした新興勢力は財力を付け「古禄」をしのぐようになりました。

やがて古禄に取って代わり実権を握るようになり「古禄」に対抗するものとして「新録」と呼ばれる

ようになりました。こうした「新禄」の中に大橋家や大原家などがありました。倉敷紡績の創始者

であり篤志家であった大原孫三郎氏なども新録と言われた人達の子孫だと言われています。

 また、こうした「新録」の中に下津井屋という屋号がありました。今日の倉敷を大きく発展させたと

言われている豪商や豪農と言った人達の中には、下津井出身の人達がいたものと思われます。

北前船商売で財をなし商才を磨いた商人達が、干拓が進んだ新天地へと果敢に進出していった

姿が見えるようです。

 倉敷市は、かつての旧倉敷市、児島市、玉島市という三つの市が合併して新倉敷市になりました。

その後、平成の大合併により旧船穂町、旧真備町を加えて更に大きな「市」になりました。

 倉敷市は、山間部が多く古代の遺跡の多い真備町から、海に面した玉島や児島、水島と言った

ところまで変化に富んだ町です。私は海に面し瀬戸大橋の本土側の起点になっている倉敷市児島

に住んでいます。

 その倉敷市児島は瀬戸内海国立公園の中でも特に美しいと言われている鷲羽山からの景観を

擁しています。鷲羽山の海抜133メートルの高さと、ほぼ360度に近い視界は、実に素晴らしい

眺めです。瀬戸内海には大小さまざまな島が点在し、まるで箱庭か一幅の絵を見るような美しさです。

 また、島と島の間を流れる潮の流れは速くかつ複雑で、満ち潮、引き潮によって様々な縞模様を

描きます。午前、午後、夕方と太陽の位置が変化するに連れ、陽光と潮の流れが織りなす海の縞模様

は多島美をより一層美しく引き立てています。特に夕日が西に傾く頃になると、空も海も真っ赤に

染まって例えようのない美しさです。

 観光と言えば季節毎の景色だけではなく、「食」もまた観光の楽しみの一つです。瀬戸大橋周辺部

は潮の流れが速く、それだけに潮に揉まれ肉の引き締まった蛸やメバルは味が良いとされ、古くは

関西方面でも高級魚として取引されていました。

 水島コンビナート建設のため大干拓が進むまでは遠浅の海が各所にありました。遠浅の海には

藻場(あまも)が群生しており、春先から島の麦の刈り取りが始まる頃までの間、外洋からタイやフグ、

サワラと言った高級魚が産卵のために遡上してきました。最盛期には海の底から魚が湧くように

群れていたと聞いています。今もこうした季節のことを「魚島」と言っています。

 この地方に立ち寄られましたら、まずは「蛸のさしみ」など魚料理を御賞味下さい。また、決して

高級魚ではありませんが「ままかり」という小魚は、この地方の特産品として酢漬けのものがお土産品

として売られています。高級魚には高級魚としての味わい、雑魚(ざこ)には雑魚としての味わいが

あるものです。この地方に住んでいないと食べられないものに春の「いかなご」があります。成魚の

外見がドジョウに似たこの魚は、煮付けにするとお酒が一本余分に要るほどです。痛みやすいのが

欠点で遠くにまで運ぶことが出来ません。従って、地元の人だけが知っている味です。

・岡山県は古くから果樹の生産が盛んでした。山の斜面を利用してのブドウや桃の生産です。マスカットや白桃と言った果樹は岡山県が他県に先駆けて生産を始めた果樹です。
・瀬戸内海周辺の平野部では米作、また、山間部では米作と果樹栽培が県南の農業の特徴です。近年はマスカットに代わるものとしてピオーネという大粒の種なしブドウが岡山県の特産品として喜ばれています。先頃、倉敷市に併合された船穂町ではピオーネの生産農家が多く、玉島などでは古くから桃の生産が盛んに行われています。また、一部では蜜柑など柑橘類の生産も行われており、果物王国と言われる岡山県の一翼を担っているのが倉敷市です。

産業の街倉敷
繊維産業の街(足袋から小倉帯、そしてジーンズへ)
・江戸時代からの干拓によって児島(小島)と旧倉敷の間が陸続きになり、また、周辺部も干拓され広大な農地が次々に生まれました。しかし、干拓当初の農地は塩分濃度が高く稲作が出来ませんでした。そこで換金作物として注目されたのが綿花(わた)の栽培でした。綿花の栽培には大量の肥料が必要でした。人糞尿や牛馬の糞尿では足りず、多くは北海道から移入した干鰯(ほしか=ニシンを干したもの)を使いました。その干鰯を運んできたのが北前船でした。
・こうして生産された綿は製糸され綿布になりました。倉敷市児島が繊維の町として栄えるのには、そういった背景があったからではないでしょうか。全国に先駆けてヨーロッパから輸入した紡績機による製糸工場が建てられたのも私の住んでいる町、児島です。その後に豪農だった大原家が倉敷に同じような紡績工場を建設したようです。
・倉敷市児島には野崎邸があります。野崎武左衛門は足袋の行商から身を起こした人です。ソックスなどと言うものがなかった時代、足袋は貴重で高価なものでした。武左衛門は、それまで足のサイズを測っての注文生産であった足袋を、色んなサイズの足袋(既製品)を作ることによって生産性を飛躍的に向上させました。レディメイドによる大量生産の先駆けです。
・こうして莫大な資産を貯えた武左衛門は次ぎに製塩業を始めました。足袋の行商をしながら各地を回っていた武左衛門は、この地が製塩に適した地であることを早くから見抜いていたのかも知れません。児島の広大な海岸を干拓し塩田を作ったのです。瀬戸内海沿岸は晴天の日が多く天日干しであった塩の生産に適しています。古くから製塩は盛んだったようで、鷲羽山周辺や近くの櫃石島からは塩を作る際に使われたと思われる土器がたくさん出土しています。今は埋め立てられ市街地になっていますが、児島駅から下の町一帯にかけては広大な塩田でした。
・当初は「入り浜式」と言われた製塩法でしたが、生産効率を上げるために「流下式」という方法が採用されました。近年になって「隔膜法」という製塩法が導入され、広大な塩田は必要なくなり駐車場や住宅地になっていきました。往時の野崎家の富を物語るものとして、野崎邸には岡山城主の池田公も訪れたという広大な庭や屋敷、塩を貯蔵した倉、たい暇堂(たいかどう)などという建物が残っています。また、通生と言うところには野崎家の別荘であった「梅荘」という立派な建物も残っています。(私の家内の父方の祖父が野崎に勤めていた関係もあって、祖父の筆による「梅荘」に付いての書き付けが残っています)
・今、児島はジーンズの街として観光にも一役買っています。また、街の中をジーンズバスが走っています。そもそもジーンズは、この地に誕生すべきものとして条件がそろっていたようです。足袋になるような分厚い布(帆布)を織る技術は古くからこの地域にあったようです。また、小倉帯といった男性が使用する着物用の帯や畳の縁に使用する丈夫な布などは古くから生産されていたようです。(私の家内の母方の祖父も小倉帯を生産していたことがあり、自ら考案した帯の柄絵が残っていました)
・このような伝統は、戦後、学生服に受け継がれ、その後、作業服や事務服などに変わっていったようです。当初はワークウエアとしてのジーンズも様々なデザインや加工技術の進歩によってファッション性の高いものへと変わっています。かつての学生服の全国シェア80パーセントはジーンズ生産日本一へと受け継がれているのではないでしょうか。
・大いなる地場産業としての繊維産業の発展は、この地に住んでいた主婦などの内職や全国から集団就職でこの地へ来た女工さん達によって支えられてきました。戦後の一時期、この町は女工さん達で溢れたことがありました。また、中卒で就職した女工さん達に就学のチャンスを与えるために市立の高校や短大まで作られました。あちこちの小さな路地裏から動力ミシンの音が聞こえたのも、この頃のことでした。
・しかし、中国など開発途上国の安い労働力によって繊維製品の生産は衰退の一途をたどりました。いつしか路地裏からの動力ミシンの音が消え、女工さん達の姿も見ることがなくなりました。そして、今は生産拠点を海外や地方に移すなどコストダウンによる巻き返しが図られています。また、学校の制服などもファッション性の高いものに変わり、より付加価値の高い繊維製品へと転換が図られています。その一つがファッション性を重視したジーンズ製品ではないでしょうか。
・また、昨今ではかつての女工さん達に代わり、中国からの女性研修者が多く見られるようになりました。
また、日曜や祭日ともなると列になった自転車があちこちで見られ、スーパーマーケットでの買い物姿を見かけます。近頃では地元鴻八幡宮の秋祭りへの参加者も見かけるようになりました。
水島コンビナート
・一方、戦後の一大躍進期に新産業都市としていち早く名乗りを上げたのが岡山県でした。旧倉敷市や玉島市、児島市の一部を含む広大な土地を埋め立てて大コンビナートが建設されました。戦前から戦後にかけて大工場と言えば水島にあった三菱重工業(今は三菱自動車)だけでした。ここでは戦時中、戦闘機などが作られていました。他には見るべき産業もなく水島コンビナートが出来るまで岡山県は農業県でした。
・ここへ鉄鋼、化学の複合型大コンビナートが作られました。本格的な埋め立て工事や工場の建設は昭和36年頃から始まりました。私も昭和39年6月にこの地へ赴任してきました。当時、埋め立て工事も一部が終わっただけで、埋め立てが済んでいない海岸にはトビハゼ等がいる広大な遠浅の海が広がっていました。コンビナートも建設当初から数えると40数年が過ぎ老朽化が進んでいます。しかし、未だ日本の基幹産業として経済を支え続けています。
・こうした産業の発展は日本全国からこの地に集まった人々によって支えられてきました。多くが九州出身の人達でした。炭坑が閉山となり再就職を余儀なくされた人達もいましたし、農家の次男や三男もいました。こうした人達の多くがこの地に家を建て定着するようになりました。それに連れ多くのコンビナート周辺地域の田畑が住宅地や道路に変わっていきました。かつての広大な干拓地は田や畑から住宅地や道路へと変わっていったのです。
・それでも広大な干拓地をすべて住宅地として埋め尽くすほどのものではなく、まだまだ田畑はたくさん残っています。しかし、かつてのように農業生産だけで生活することは不可能であり、コンビナートでの仕事の傍ら農業をしている人も少なくありません。


果物王国

児島は地理的には瀬戸内海に大きくせり出した半島です。

ここから四国へは瀬戸大橋で一またぎ。ほんの目と鼻の先です。

古くは塩の町,近年は織物の町として発展してきました。

今は半島の児島もかっては瀬戸内海の多くの島の一つでした。

そんな児島の見所といえば,やはり海に関わるものが多いようで

由加山蓮台寺

境内に入ると一番に目に付くのが赤い備前焼の大鳥居、そして壮大な建築物

自己紹介のページでも、少しふれましたように、かっては四国の金比羅山と並ぶ信仰のメッカでした。全国各地

から善男善女がこの地を訪れ、大変な賑わいだったようです。

お寺の背後には県南地方では珍しい椎等が原生林を感じさせるように鬱蒼と生い茂っています。

この寺は岡山藩主であった池田候ゆかりの寺で建物の中にはいると円山応挙の絵や江戸時代の有名な絵師

の手になる見事なふすま絵などがあります。

境内の多宝塔からは遠く瀬戸内海を望むことが出来ます。

多宝塔の建つ場所からは遠く瀬戸内海が見える。右はかっての賑わいを句に表している

夏は蛍、県南では珍しいヒグラシなど自然が豊富に残っているところです。

参道沿いのみやげ物屋には由加名物「あんころ餅」等があります。

かの有名な塩原太助もここを訪れ寄進している。右は由加の里

アクセス    瀬戸大橋線児島駅からタクシーかバスで

         マイカーなら水島インターから児島方面へ

鷲羽山

児島に来て鷲羽山に登らない人はいないと思いますが、案外山頂まで登ってみたという人は少ないようです。

日光を見ずして結構と言うなということわざがありますが、この言葉は山頂に登らずして結構と言うなという言葉

に置き換えることが出来ます。たいていの人が下のレストハウスのところから引き返してしまいます。

少ししんどいですが、是非山頂に立ってみて下さい。その眺めには素晴らしいものがあります。

季節によっても又朝夕でも時事刻々と姿を変える瀬戸内海の眺めは見る人を飽かせません。

多島美と穏やかな海。日本に国立公園が制定された際、一番に指定されたのもわかるような気がします。

今は瀬戸大橋の人工美と自然美の調和。お越しの際はぜひ少し時間を割いて山頂に足を運んでみて下さい。

アクセス:  瀬戸大橋線児島駅からタクシーかバスで

       マイカーなら児島インターから鷲羽山方面へ

鷲羽山を下津井側から撮影、山頂付近は火事で禿げ山と化した。1999.8撮影

むかし下津井回船問屋

下津井はかって北前船の寄港地でした。大量の乾燥ニシンや数の子、昆布等北の産物を満載した

船が荷下ろしのために船を付けた所です。北前船が碇を降ろすと街の中はニシンの買い付けに

近郷の人も集まって大変な賑わいであったようです。そんなニシンで栄えた町並みが今も残っています。

軒瓦の三つ巴の紋やニシン倉等の名残にかってこの地がニシン景気で潤っていたことを感じさせます。

むかし下津井回船問屋はかってのニシン倉を岡山県が改装した建て物です。

入館は無料です。地元出身の係の人が案内をしてくれます。

街の中には北前船の水を補給した大井戸やニシンで財をなした荻野美術館等があります。

アクセス:鷲羽山のすぐ下です。車で来られた人は湾岸道路を通りますと案内板が立っています。

      鷲羽山を駐車場から反対側に下りる道がありますので、この道を行くと徒歩でも30分位でつきます。

      街の中をゆっくり散策しながら歩いていくのも良いのではないでしょか。

      倉敷市下津井  086−479−8880

瀬戸大橋

側で見ると実に巨大な構築物だ。これは下津井瀬戸大橋。1999.8撮影

瀬戸大橋を知らない人はいないと思いますが、10年の歳月をかけて完成したこの鉄道併用橋は

自然景観にも配慮をして建設されました。ここが瀬戸内海国立公園の中心ということもあって、景観を

損なうことのないように橋の形もトラス橋、斜張橋、そして、おなじみの吊り橋と3タイプを使い分けて

います。瀬戸大橋は瀬戸内海の多島美と一体となって、新しい観光スポットなっています。

夕日が西に沈む頃、橋と島とが一体となって幻想的なシルエットを作ります。

橋の巨大さは田の浦港の瀬戸大橋記念公園に立ってみると、その橋脚の巨大さから推し量ることが

出来ます。そして、その素晴らしさは鷲羽山山頂から眺めるとき、より一層実感できます。


児島味どころ

国民年金センター「しもつい」

宿泊施設としてもお勧め。展望浴場からからの瀬戸大橋の眺めは素晴らしい。水島灘に沈む夕日は旅の疲れ

を忘れさせてくれる。館内の施設も整っており、係の人の接客マナーも良い。

夕食は瀬戸内海の魚が中心のメニュー。心ゆくまで堪能できる。公共施設でここまで行き届いたところは

数少ないのではないだろうか。

それより何よりお勧めなのが、お昼の定食。しもつい定食は鍋物、刺身、茶碗蒸し等と品数多く、

それでも1000円。そして何よりうれしいのが下津井名物たこ飯が付いていること。

腹一杯になること請け合いです。

倉敷市下津井  086−479−8880

三喜寿司

児島の人でこの店を知らない人はいないくらい有名なお寿司屋さん。

店はいつ行っても地元のお客さんで一杯。口の肥えた児島の人が押し掛けるくらいだから、

その良さがわかるというもの。新鮮な海の幸は掛け値なし。

一元のお客さんでも快く迎えてくれる。飾り気のない大将と女将さん、そしてお店の人、みんな明るくて

いい人ばかりです。この店に入ったらお寿司もさることながら、この店オリジナルの鉄板焼きを是非

味わってほしい。感想は食べてからお聞きしましょう。

倉敷市児島小川1丁目  086−472−4796 

清香

三喜寿司が兄貴株なら清香は弟分というところだろうか。まだ若いマスターはホテルで修行を積んだ

というだけあって腕は確か。洗練された料理は魚だけでなく、肉料理も。盛りつけの器は奥さんと産地で

直接仕入れたというだけあって、日本各地の有名な物が揃っている。そしてセンスがいい。

料理は器で一層引き立つもの。確かな腕と洗練された器、両方がかね備わっている。

店内は和洋折衷というところだろうか。最近はずいぶん人も増えてきた。人気がでてきた証拠だろう。

若い人から年輩の人までにお勧めのお店。

倉敷市児島駅前1丁目  086−474−1667

イーハトーブとマサーラ

この聞き慣れない名前は一度聞いたら忘れない。イーハトーブは宮沢賢治が理想郷として思い

描いていたところ。そんな名前にふさわしいアットホームなお店。

マサーラはカレーの香辛料から取った名前とのこと。

イーハトーブは喫茶店、マサーラはカレーのお店。喫茶店は娘さん、カレー屋さんは娘さんのお母さんが

やっている。姉妹店ならぬ親子店。どちらの店も良くはやっている。喫茶店では小さなコンサートをしたりと

心温まる催し物もあったりする。コーヒーは豆を秤ではかって調合し、その場で轢いてくれる凝りよう。

カレーのお店はママさん一人で切り盛りをしている。カレーの種類も多いし、味も好評だ。

倉敷市児島駅前1丁目  イーハトーブ  086−472−2828

                マサーラ    086−473−2444


児島地図

児島地図の適切なものがありませんでした。出来るだけ早い内に自分で作ってみたいと思っています。

私のリンク集、「インタ−ネット倉敷」か「倉敷チボリ公園」の中に倉敷周辺の観光案内が出ておりますので参考にして下さい。

インターネット倉敷か倉敷チボリ公園をクリックしてみて下さい。

観光とふる里のページへ戻る

児島見所、味どころパート2へ

ホームへ戻る