牛やブタの病気である口蹄疫が、世界的な流行の兆しを見せている。口蹄疫そのものは、

きな昔からあった牛やブタ等のウイルス性感染症であるが、近年イギリスで発生し、大社会

問題となった。ヨーロッパ各地では、イギリスからの牛肉の輸入制限をしたり、それが原因で

一時、欧州連合(EU)の体制そのものにも影響しかねないような大騒ぎとなった。現在では

イギリスだけでなく、ヨーロッパ各国に飛び火し、遠く離れた台湾やモンゴルでも感染の疑い

の濃厚な牛が見つかる等、深刻な状況を呈してきた。今や口蹄疫は世界的な広がりを見せ

始めたようだ。日本も食肉や畜産品の輸入を制限しているが、病原菌が持ち込まれるのは

時間の問題ではないだろうか。(日本でも疑似感染らしきものも発見されている)

 口蹄疫は空気感染もするし、人間の移動によっても拡散する。実に始末の悪い感染症だ。

今のところ感染した動物は、焼却処分しか対処の方法がない。畜産農家にとっては実に

深刻な問題であるし、私達消費者にとっても、決して見過ごしには出来ない問題である。

 世界の食肉や乳製品は各国間を互いに行き来している。従って、一国の輸入を制限した

だけで問題の解決になるのだろうか。特に、家畜の飼料には家畜の骨などが粉砕されて

混ぜ込まれている。従って、畜産品のみならず、家畜の飼料にも配慮が必要だ。こうして、

今日ではあらゆる食品が世界を互いに行き来しており、一国の問題は世界中の問題に

なりかねない状況にある。このことを真剣に考えなければ、深刻な食料不足ということも

十分懸念されるような事態にも、なりかねないのではないだろうか。

 家畜を媒体にした、もう一つ深刻な問題が発生している。もう何年も前の事になるが、

これもイギリスに端を発した牛の病気である。プリオンという生物とも単なるタンパク質とも

異なる、実に奇妙な物質によって引き起こされる牛の病気である。名付けて「狂牛病」という。

始末が悪いのは、狂牛病に感染した牛の肉を食べると、人間にも感染するのではないかと

言われている点だ。本当に人間に感染するのであれば、口蹄疫以上に深刻な問題である。

 こちらも家畜の飼料を媒体にして、感染が広まっているという。畜産農家は家畜の飼料の

多くを輸入に頼っている。飼料の高い安いが収入にも関係してくる。従って、収入を増やす

ためには、より安い飼料を求めるようになる。こうして世界中から様々な飼料が入って来る

のだ。この飼料の中に狂牛病に感染した羊の肉や骨が入っていたのが、イギリスでの狂牛病

の発端だと言われている。


関連リンク

  日本の口蹄疫情報

  口蹄疫に関連するリンク先

  狂牛病情報サイト

  狂牛病の正しい知識

.

科学新時代へ戻る

ホームへ戻る