心に潜むもの

 和歌山県であった毒物カレー事件の判決が出ました。被告に対する判決は死刑でした。弁護団は早速控訴する

ようです。はや忘れ去られようとしている事件ですが異常な事件でした。

 事件は団地の夏祭りで起きました。夏祭りで食べたカレーに毒物が混入されていたのです。毒物は亜砒酸という

シロアリ駆除などに用いられる薬でした。誰でも簡単に手に入るというものではありませんでした。その結果、同じ団地

に住んでいた林真須美という女性に疑いの目が向けられました。しかし、決定的な証拠が出ないまま時間が過ぎて

いきました。この間、週刊誌をはじめワイドニュース等でも何度も取り上げられ、林真須美被告の顔は全国に知られる

ようになりました。

 林真須美被告の夫は以前シロアリ駆除の仕事をしていました。その仕事で亜砒酸を使っていたことで、林真須美被告

とその夫に疑いの目が向けられました。その後、明らかになった事ですが、夫にも保険金がかけられ、亜砒酸による

夫殺害未遂事件があった事が発覚しました。その他、元従業員の中にも被害者がいたことなども次々に明らかになり、

真須美被告と夫は保険金詐欺事件でも逮捕されました。

 しかし、逮捕後も林真須美被告は黙秘を続けました。従って、検察は傍証を積み上げる方法でしか、事件を立証する

手段がありませんでした。それこそ徹底的に真須美被告の家の中や台所の排水口等からサンプルを採取し、カレーに

混入された亜砒酸と同じ物であることの立証をしてきました。毒物の成分分析には最新の分析技術が使われました。

亜砒酸は精製の仕方によって成分に微妙な差が出るからです。カレー鍋の毒物と家の周辺かららの毒物は、きわめて

良く似ていることが立証されたのです。目撃証言もありましたが曖昧な点も多く審理過程で覆されてしまいました。唯一

決めてとなったのは亜砒酸だったのではないでしょうか。

 日本の裁判では被疑者が黙秘を貫き通したため無罪になった事件がいくつかあります。従来の事件では本人の自白

が事件断定のきわめて大きな決め手になっていました。反対に犯してもいない事件を自白という手段ででっち上げられ、

死刑判決にまで至ったケースもたくさんあります。いわゆるえん罪事件というものです。

 また、犯行の動機が何であったのかは、犯罪を認定する際の大きな決め手になっています。しかし、動機は自白に

よるものでなければ明らかになりませんから、黙秘権を使って自白をしないときには犯罪理由も動機も推定のままに

なってしまいます。殺人等の大罪を犯すとき動機がないなどとはとても考えられません。被害者の家族や裁判所も

一番知りたいのは、この事ではないでしょうか。喧嘩をしてかっとなって殺してしまったと言うのでも立派な動機です。

 犯人が誰か定かでないとき見込みで逮捕し本人の自白が得られないままですと、犯罪として立証するのは極めて

困難になってしまいます。それどころか裁判になった時、余程状況証拠をきちんと固めないと見込み逮捕と言うことに

なって裁判では無罪となってしまいます。

 今回の事件も被疑者だと断定するための自白は得られませんでした。従って、状況証拠を固めていかなければ犯罪

を立証することは出来ませんでした。その点、今回の判決にも注目が集まったのです。そして、結果は状況証拠が

極めて科学的であり犯罪を立証するに十分だと断定されました。今までの裁判ではなかった事です。今後、二審まで

争われることになりそうですが、注目をしていきたいものです。

 それにしても真犯人は誰なのか、それは犯罪を冒した人間しか分からないことですが、無差別に四人も殺し、なお

かつ六十数人の人が今日なお後遺症に苦しんでいるというのに、平気でおられると言うのは並の精神ではないと

思われます。人間というものの底知れない恐ろしさを感じてしまいます。だからこそ、こんな事件を起こしてしまった

のだとも言えます。人の心の中には鬼と仏が同居していると言われます。しかし、時として鬼が顔を出し、こんな大きな

罪を犯してしまいます。

 薄笑いを残して退廷したと言われている真須美被告に反省の色は見られません。死刑判決を受けても表情すら

変えなかったというのは、どんな心境なのでしょうか。本当に犯行を犯していないのだとすれば、理不尽な判決だと

激しく抗議するか、打ちひしがれて泣き叫ぶはずです。如何に黙秘を続けたからといって、心の内まで隠し続ける

ことは出来ません。しかし、何故という疑問はいつまでも消えません。そして、殺された家族の心の傷もいつまでも

癒されることはないのです。

                                                     2002年12月31日掲載

今の世を生きるのページへ戻る

ホームへ戻る