日本国憲法は誰がためにあるのか。常に問い続けられて来た問題です。いうまでもなく私達

日本国民のためにあるものです。戦後の疲弊と混乱の中、たとえ押しつけられたものとは言え、

日本国民のものとして今日まで私達と共にありました。江戸時代の封建制、明治政府になって

からの欽定憲法、法は常に私達の上に立つ者達の立場を擁護するためのものでありました。

 先日ラジオを聴いていたら、ある人がこんな事を言っていました。「憲法とは、ともすれば暴走

しがちな国家権力を抑えて、立場の弱い私達国民を擁護するためのものである」

確かに、戦前の欽定憲法は天皇を頂点とする国家権力そのものを擁護するものでありました。

その中では、国民は国家のために奉仕するものであり、個人の権利とか基本的人権は認めら

れていませんでした。政府が戦争を始めれば、国民は否応なく徴兵され、戦場に送り込まれて

いったのです。その限りに置いては、国民は消耗品であり、兵器の一部でしかあり得なかった

のではないでしょうか。

 今、声高に憲法改正が叫ばれています。小泉総理は憲法九条を変えることを視野に置いて

いることを明言しました。そして、歴史教科書問題が中国や韓国との間で大きな問題となって

います。これらの問題は一見何のつながりもないように見えますが、伏線は同じです。同じ

思想的背景があることは明確な事実です。

 私自身は憲法を絶対的なものだとは思っていません。国民がこぞって賛成することであれば

憲法を変えることをタブー視することはないと思っています。しかし、今日現在、何を理由に

変えようとしているのでしょうか。衣の下に鎧が見え隠れしているような気がしてなりません。

憲法九条を変えようとしている人達が考えているのは自衛隊を軍隊として位置づけるための

ものです。私達は第二次世界大戦の手痛い教訓をもとに戦争を放棄し、世界に先駆けて平和

憲法を我が手にしました。その理念は崇高であり、かつ世界平和を先取りするものでありました。

 アメリカとソ連という超大国による対立関係がなくなった今日、新たな緊張や紛争が続発して

いることは紛れもない事実です。しかし、だからといって戦争の手段である軍隊を持つ必要が

どこにあるのでしょうか。攻め込まれたら反撃をすれば良いことです。反撃が出来る防御態勢と

気構えさえ持っておれば良いことなのではないでしょうか。国際紛争がいきなりやってくることなど

考えられないことです。紛争に至るまでには様々なプロセスがあるはずです。その中で紛争に

至らないような外交努力をするべきです。それでも真珠湾攻撃のような卑怯なまねはすべきでは

ないでしょう。攻められれば守る。これで良いのではないでしょうか。それなら国民は納得して

銃を手に取ることと思います。ともあれ今の世にあっては専守防衛に徹すべきです。

 仮の話、ここで憲法九条を放棄し、軍隊を容認したとしたらどうでしょうか。同盟関係を結んで

いるアメリカは、当然日本に戦争参加への同調を求めてくるでしょう。アメリカは世界の警官を

自認している国です。どこにでも首を突っ込み紛争を起こしています。かつてのベトナム戦争

では、お隣の韓国からもたくさんの兵士が動員されました。同盟関係を持っていたからです。

しかし、日本には憲法九条があり、参戦を拒否する事ができました。ベトナム戦争では多くの

兵士が傷つき倒れていきました。いまもなお、ベトナム戦争の後遺症は、アメリカ国内でも

たくさん残っています。こんな悲惨な戦争に今の若者が耐えられるでしょうか。そして、親として

大切な子供達を他国が起こした戦争に参戦させることが出来るでしょうか。多くの職業軍人は

辞めるに違いありません。そうなった時には職業軍人だけでなく、徴兵制に持って行かざるを

得ないでしょう。自衛隊を軍隊として容認することは徴兵制とセットでなければ成り立たないの

です。

 小泉さん達の言うような、まやかしの言葉に惑わされることなく、慎重に考えなければなりま

せん。小泉さんが総理就任の記者会見で話したような簡単な事ではないのです。言葉のマジック

に惑わされてはならないと思うのです。小泉さんは話さなくても山崎幹事長は盛んに三味線を

弾いています。

 今後は首相公選への憲法改正と相まって、益々、この論議がマスコミを賑わせるものと思い

ます。首相公選は国会に於ける与野党の比率がバランスの取れた形で運用されているときに

こそ生きてくるものです。今日のような未成熟な与野党の対立図式の中で首相公選などやったら

より一層、混乱をするだけです。アメリカのようにトップに強い権力を集中させなければ出来ない

ことです。しかし又、それは両刃の剣と同じ事です。人間的に完成された人ならともかく、欠陥を

もった人が人気だけで首相に選ばれた場合はどうなるのでしょう。先の大阪府知事のように話す

のも恥ずかしいような事になってしまうのか、あるいはヒットラーのような独裁者を生むような事に

なるのか、いずれにせよ、国民がその被害を被るのは明らかな事です。人間は欠陥の多いもの

です。完成された人間というものはあり得ません。従って、人間の叡智で生まれた今の制度を

改革すべきところは改革して、よりよいものにしていく以外には、とるべき方法はないと思うのです。

政治、経済、社会問題へ戻る

ホームへ戻る