活弁その不思議な出会い

私達夫婦が活弁を行っている写真です

 人の出会いとは不思議なものです。何故か私は活弁なるものに漠然たるあこがれを抱いて

いました。その活弁士なる女性が5年前に乗ったピースボートに水先案内人として乗ってきた

ときには、本当に驚きました。それもNHK山形放送局のアナウンサーだったという美人でした。

佐々木亜希子さんという人です。とかく私達世代は活弁士と言えば鼻髭をはやし大仰に身振り

手振りで語るという、そんな人物のことを思い描いていただけに驚きでした。実に妙齢な女性

が活弁士とは。

 何度か活弁を上映し、その後ワークショップが始まりました。ワークショップには多くの人達が

集まりました。その内の一人だったのが私の家内でした。私自身は事情があって参加でき

なかったのですが、その時、参加できなかったという思いが消化不良のまま、帰国後はぜひとも

弁士を呼び活弁なるものを地域の人に見て貰いたいと思うようになったのです。

 第一回目の児島活弁シネマライブの開催は実に困難を極めました。ついには東京まで行って、

佐々木亜希子弁士が所属するプロダクションの責任者と会い直談判をする事になりました。

この時、責任者の方の活弁に対する熱い思いも知りました。上京は大成功でした。

 それが児島活弁シネマライブなるものの始まりでした。以来、回を重ねて2009年で五回目

となります。年を追う毎に鑑賞者は増え、昨年は500人を超える数になりました。この種の

ライブとしては他に例を見ない入場者数です。

 この間、私達夫婦にも思わぬ出来事がありました。それは岡山映画祭を主催する方々との

出会いから始まりました。岡山映画祭では岡山を代表する映画人であった松田完一さんという

方を追い続けていました。松田完一さんの生涯をかけた映画人生に関するドキュメンタリー

映画の製作でした。

 その続編を収録中に松田さんは不慮の事故で亡くなられました。そんなわけで2007年度の

岡山映画祭は松田さんの追悼映画祭でもありました。在りし日の松田さんの映画が上映され、

その後に松田さんがかねがね話しておられた尾上松之助主演の豪傑児雷也が上映される

ことになりました。

 尾上松之助さんは日本映画草分け時代に大活躍した大スターでした「目玉の松ちゃん」と

多くの人々に慕われた人でした。その尾上松之助さんが岡山市出身であったことから、

松田さんは尾上松之助の顕彰碑を建てたいと願っておられました。その熱い思いが実現しない

ままに亡くなられたのです。

 当然のことながら松田さんを悼む気持は、尾上松之助の主演映画の上映と言うことになり

ました。この映画フィルムの貸し出しに関しては弁士付き上映が条件でした。ところが活弁士

になれる人も活弁士なるものを知っている人もいませんでした。そうした経緯から白羽の矢は、

多少なりともワークショップの経験がある私の家内に立ったのです。

 しかし、男の主演映画を女が語るには難しすぎました。そこで私が協力することになりました。

こうして脚本作りから始まった活弁の練習は出演の前日まで続きました。この間、師匠である

佐々木亜希子さんもプロダクションの責任者であるY氏も家に来てくれ、何かとアドバイスをして

くれました。佐々木亜希子さんは本番当日、わざわざ東京から岡山まで駆けつけてくれました。

 本番当日は、練習をしてきたビデオテープとフィルム送りのスピードが違うという、とんでもない

ハプニングがあったものの何とか開演までには脚本を修正し、柳下美恵さんというプロ演奏者

のキーボードで「豪傑児雷也」を語るという大任を果たしました。

 こうした経緯はNHK岡山放送局が収録し全国放送にまでなりました。これが夫婦活弁士

誕生の物語です。以来、高齢者の福祉施設、公民館、団体の余興などに呼んでいただき、

活弁ワークショップまで行うようになりました。また、音楽にも得難い演奏者の協力が得られる

ようになり出来心から感謝しています。以下は今までの活動実績と今後の公演予定です。

                                    2009年8月2日掲載

夫婦活弁士活動記録

07年11月3日  岡山映画祭2007 夫婦活弁デビュー

07年11月    NHK岡山放送局の追っかけ取材が県内及び全国放送される

08年1月     地元「山陽新聞」に夫婦活弁の取材記事が掲載される

08年6月24日  岡山市光南台公民館にて「豪傑児雷也」口演

08年7月2日   倉敷市高齢者福祉施設「しおかぜ」にて「豪傑児雷也」口演

08年7月3日   倉敷市高齢者福祉施設「琴浦園」にて「豪傑児雷也」口演

08年8月4日   FMくらしきにて夫婦活弁のインタビューを受ける

08年10月30日 RSKラジオカーの来訪にて夫婦活弁のインタビューを受ける

08年11月4日  児島市民文化祭「児島活弁シネマライブ」に出演

08年12月13日 健生岡山「セカンドライフの生きがい創造ジョイフル講座」で活弁についての講演

09年1月11日、25日、2月8日、22日、3月1日 岡山市光南台公民館 活弁ワークショップ講師

09年1月11日  同上活弁ワークショップに先立って「突貫小僧」口演

09年3月1日   同上活弁ワークショップ終了に当たって「突貫小僧」口演

09年5月30日  マリン児島福祉協議会にて「豪傑児雷也」口演

09年7月27日、28日 8月2日 光南台公民館(小串コミュニティハウス)活弁ワークショップ

09年7月27日  同上活弁ワークショップに先立って「突貫小僧」口演

09年8月2日   同上活弁ワークショップ終了に当たって「月世界旅行」口演

09年11月3日  倉敷市児島文化センターでの活弁シネマライブにて口演

09年12月3日  岡山市一宮公民館 活弁の話と口演

09年12月9日  倉敷市琴浦公民館 活弁の話と口演

09年12月11日 岡山市興除公民館 活弁の話と口演

10年2月18日  倉敷市立琴浦西小学校にて活弁口演

10年2月22日  玉島歴史勉強会主催 活弁の話と口演

今後の口演予定(2010年)

4月25日(日) 東京の活弁ワークショップにゲスト出演

6月14日(月) 岡山市西大寺コミュニティハウスにて活弁の話と口演

6月26日(土) ホテルセントイン倉敷にて活弁の話と口演(玉島観光協会主催)

8月20日(金) 岡山市山南公民館にて活弁の話と口演

※活弁公演の依頼はEメールもしくは下記の電話番号までお電話下さい。

       Eメール:monohito@mx5.kct.ne.jp

       電話:自宅 086−472−6339

           携帯 090−7543−1640

私達夫婦のプロフィール、写真、口演可能な映画などのお問い合わせや資料送付承ります。

第6回児島活弁シネマライブ開催予定

開催日時:2010年11月8日(月)  18時30分開場 19時開演

開催場所:倉敷市児島味野  児島文化センター

上映映画   未定

入場整理券は9月上旬より配布予定  上映協賛金 1000円

入場整理券の問い合わせは倉敷市児島公民館へお願いします。

                  電話:086−472−7423

多数の方々のご来場をお待ちしています。

※なお、本年度から玉島口演が行われることになりました。

  開催日時:11月9日(火)開催時間未定

  開催場所:玉島駅前 ホテル セントイン倉敷

活弁関係リンク

   スローシネマ(佐々木亜希子さんが所属)

   佐々木亜希子さんのホームページ

   akikoの活動徒然記(佐々木亜希子さんのブログ)

.

社会作りのページへ戻る