活弁デビュー

                                           

 人の縁というものは実に不思議なものである。今までにも何度か繰り返し書いてはいるが、

会社を定年退職した後、自然の成り行きのような形でピースボートに乗ったことが、その後の

大きな変化の始まりであった。

 NGO「ピースボート」は、多くの乗客を乗せて一年間に三回の割合で地球一周の旅をして

いる。その船旅は単なる旅行ではなく、行く先々の国で様々な交流を目的としている。その

交流は反戦目的であったり、人種差別や環境問題へのアプローチと様々である。

 そのために目的地に着くまでの間、訪問先から講師を招き、あるいは日本国内から講師を

招いて学習を行っている。それが大きな魅力となり、乗客八百人近くの半数くらいは二十代

から三十代の若者であり、その内の何%かはボランティアを志す若者や既に日本国内で

そうした活動を続けてきた若者達である。

 船の中は、そうした若者達の熱気で溢れている。従って、毎日がお祭りのような賑わいで

ある。私達夫婦も若い頃に反戦や社青同などの活動をしてきたので、船に乗った時から、

この雰囲気にどっぷりと浸かり若者達と同じように行動を始めてしまった。

 以来、船を降りるまでの百余日間を若者達と伴に過ごした。また、乗客の半分は私達と

同世代や年輩の人達であり、こうした人達との交流も多かった。こうした年齢を問わぬ数多く

の交流の中から多くの友人が出来た。

 その一人が、短期間の交流ではあったが水先案内人として乗船してきた女性活弁士の

「佐々木亜希子」さんであった。水先案内人とは、一般的に言うところの講師のようなもの

である。後で聞いた話ではNHKの山形放送局のアナウンサーをしていたが、女性活弁士

「澤登緑」(さわとみどり)さん演ずるところの活弁なるものを鑑賞して大いに感ずるところが

あったようである。私の目指すべきものは、これだと思ったようである。

 その後、澤登さんが主催する活弁士の養成講座に入り、ここを卒業後、本格的な活動を

始めたとのことであった。その志を支えたのがプロダクションを立ち上げたばかりのY氏だった。

東京を中心とした活動を続けていたが、なかなか全国展開の機会がなかった頃、ここ児島で

シネマライブを開きたいという私からの依頼を受け、地方での公演が果たして可能なのだろうか

と半信半疑で来てくれたようだ。それが、児島活弁シネマライブの始まりだった。三年前の

ことである。

 児島での経験と成功が地方へ出ていく自信に繋がったと、Y氏が翌年のシネマライブのときに

話していた。こうした縁のある話は他にもあるのだが、それは別の機会に譲ることにしたい。

そして、今は岡山映画祭の人達との交流が始まりつつある。岡山映画祭は、数々の行事や

自主映画を制作してきた伝統ある団体である。特に松田完一さんという往年の活弁士を

ドキュメンタリータッチで追った映画は有名である。

 松田完一さんは自ら活弁を演じた事もあり、活動写真の幕開けの頃からの膨大な資料の

収集家としても有名な方であった。岡山文庫という単行本の一つに「岡山の映画」という本を

執筆されている。とにかく幼少より映画大好き人間であったようだ。

 そして、岡山が生んだもう一人の映画人に、日本映画の草分け時代に欠かすことの出来ない

大俳優「尾上松之助」がいる。「目玉のまっちゃん」として多くの人に愛され、牧野省三監督の

下で数多くの作品を残している。その作品の一つを私達夫婦が活弁士として、昨年の岡山

映画祭で演ずることになったのである。

 岡山映画祭2007は一昨年、不慮の事故で亡くなられた松田完一さんの追悼と、松田さんが

常々話しておられた大俳優「尾上松之助」主演の映画を上映する事を決めていた。松田さんの

追悼というからには、ぜひ活弁でと言うことになり、白羽の矢が立ったのが私達夫婦であった。

 その作品は「豪傑児雷也」という、当時としては実に斬新なトリックという手法を取り入れた

忍術映画である。短編だがなかなか面白い。家内がこの話を引き受けてきたとき、やって

みたいという思いと経験のないことをやらなければならないという気の重さが交錯して、なかなか

決断が付かなかった。

 当初は、ピースボートでのワークショップで多少経験のある家内一人で演ずることを考えて

みた。しかし、主役が男であり男の声を女で語る事はなかなか難しいと心細い事を言うので、

結局は二人でやろうと言うことになった。

 問題は、どのように語りを入れるかであった。練習用のビデオテープに吹き込まれていた

澤登緑さんのように語ることも一つの方法ではあったが、声色を様々に使い分けて登場人物

みんなを演ずるという佐々木亜希子風でいくことに決めた。

 そうなれば、それに応じた台本が必要であった。何度も何度も繰り返し映画を観てイメージを

膨らませながら書いてみたが、まったくシーンに合わなくて書き直しとなってしまった。やはり

家内が言っていたように、シーン毎に繰り返し観て、台詞を作っていかなければならないと言う

気の遠くなるような作業が続いた。そして、師匠である佐々木亜希子さんに見て貰ってOKと

なった。

 その後、書き上げた台本を元に練習が始まった。画面を追いながら台本を作るときと同じ

ようにワンシーン毎に繰り返し練習を行った。台本の制作と練習は連日の猛暑の中、一夏中

続いた。既に台本を作るときから夫婦喧嘩は始まっていた。あそこがどうの、ここがどうのと、

言い争うことは毎度のことであった。喧嘩の挙げ句に、お互いに口を利かない日も何度も

あった。喧嘩別れにならなかったのは、ただただ岡山映画祭との約束を果たさなければなら

ないと言う義務感があったからであった。全編を通しで語れるようになったのは九月も下旬の

事であった。

 そして、十月に入り岡山映画祭の事務局長であるOさんを我が家に招いて聞いて貰った。

素晴らしいという感想を頂き、ホッと胸をなで下ろした。これから先は、音楽が入っての練習で

ある。どんな曲を選んでくれるのか大変楽しみであった。(実はその後、松田さんと懇意だった

柳下(やなした)美恵さんという女性ピアニストの生演奏が付くことになった。この世界では

知らぬ人はいないというプロ中のプロ演奏者である。嬉しい反面、緊張する事にもなった)

 実はこの話には大きなおまけが付いていた。佐々木亜希子さんがNHKの岡山放送局に

児島活弁シネマライブについてメールをした時の事であった。このメールのやりとりの中で、

児島で活弁をしようとしている夫婦が居るという話を聞き、興味を持ったのが中川ディレクター

だった。若い彼が何故、活弁のことを知っていたのか良くは分からない。

 とにかく、以前から活弁というものに興味を持っていたようで、早速、私達に取材を申し入れて

きた。誠に唐突な取材要請ではあったが、彼の電話はかねてからの知り合いのように気さくな

物言いであった。私は彼の飾らない申し入れが気に入って、一も二もなく取材を了解した。

むろん、家内にも異存があろうはずはなかった。 

 こうして、私達の日常生活や練習風景、活弁にかける思い、今回の出演についての感想等と、

様々な質問を受け収録が行われていった。この間、第三回児島活弁シネマライブが開催され、

翌日、佐々木さんとマネジャーのY氏が私達の活弁を聞いて、あれこれとアドバイスをしてくれた。

この時の様子は後日放映されたので見られた方も多いと思う。また、佐々木さんは私達が

出演する岡山映画祭当日も岡山まで来てくれ、あれこれとアドバイスをしてくれた。

 しかし、総てが順調と言うわけではなかった。問題が起きたのは出演日当日のことであった。

その日の朝、音楽を付けての練習が出来ていないことに多少の不安を抱きながら会場に

着いた。やっと始まったリハーサルで早速つまずいてしまった。練習してきたビデオテープの

スピードと映写機で映し出される映像のスピードがまったく違っていたのである。茫然自失とは

このことであった。柳下さんの音楽は実に良かった。使い慣れていない新品のシンセサイザー

だというのに色んな効果音まで付けてくれるというサービス振りであった。ここまでやって貰って

今更出来ませんと言うわけにはいかなかった。

 急遽、台本の台詞を大胆に削ることにした。時間の調整は想像の中で行い、ぶっつけ本番

となった。おおよそこれくらいと判断しカットした台詞は、ほど良く映画のスピードにマッチして

いた。多少のズレは柳下さんのシンセサイザーがカバーしてくれた。こうして夫婦漫才ならぬ

「夫婦活弁」は成功の内に幕を閉じたのであった。

 この間の経緯は、中川ディレクターが上手くまとめて後日放送してくれた。この放送は県内

だけでなく全国放送までされる事になった。実にうれしく名誉な事であった。そして、多くの方々

から見たよという電話やEメールを頂いた。その中には遠く離れた三重県の従兄弟からの

電話もあった。野良仕事から帰り、偶然テレビを点けたら私たちの放送をしていたとの事で

あった。実にうれしい電話であった。

 この間に新たなる出会いや友人がたくさん出来た。まずは岡山映画祭に活弁士として招待

してくれたスタッフの皆さん。特に主催者のOさんや事務局長のOさん、そして、映画解説を

行ってくれたNさんなどである。音楽を付けてくれた柳下美恵さんとの共演は、私達とは住む

世界が違うと思っていただけに降って湧いたような幸運であった。

 そして、今回取材してくれたNHK岡山放送局の中川ディレクター。私の息子と違わぬ年齢

ながら何故、活弁の事を知っていたのだろうか、そして興味を持っていたのだろうか、未だ

不明である。

 そして、岡山映画祭の打ち上げの席で、主催者のOさんから岡山、倉敷、香川、尾道を

結んだ映画に関するネットワークを作ろうという構想が提案されている。いつか実現できる

日が来ることを大変楽しみにしている。これからも更に人と人の縁は広がりそうである。

 私達夫婦の夢は地元のお年寄りの皆さんに、昔懐かしい活弁の楽しさを思い出していただく

ことである。そのために無声映画と音楽とを持って地域を回りたいと思っている。実は、実現

には幾つものハードルがあるのだが、何とか夢が叶えばと思っている。

 こうして、私達夫婦の活弁との出会いは、私達自身が活弁を演ずるというところに行き

着いてしまった。まさか、このような展開になろうとは思いもしなかったことである。今更ながら

人の縁や運命の不思議さを感じざるを得ない。

追記

 ついに念願かなって「夫婦活弁」実現の見通しが尽きました。スポンサーもフィルムの調達も、

ほとんど機を一にして目処が付いたのです。実に不思議な巡り合わせです。

                                2007年12月5日掲載

                                2008年1月13日修正

                                2008年2月23日再修正

社会作りのページへ戻る

ホームへ戻る