ここに一冊の本がある。題名が実にユニークな本である。

題して「話を聞かない男、地図の読めない女」である。

内容は読んでいただければ分かることだが、男女の違いを実に明快に言い当てている本である。

 ところで最近、環境ホルモンの問題がしばしばニュースに登場する。もう随分以前から

専門家の間では話題になっていたことだ。貝のような原始的な生き物の中にも、雄と雌の

明確な区別が出来なくなったものが現れてきたとか、生まれて間もない女の赤ちゃんの

オッパイから母乳のようなものが出てくるとか、5歳にも満たないような幼児に生理が

始まったとかという衝撃的な話である。事例は少ないが事実の話である。

 実は、こんな話はあまり表には出てこない。事例が少ないからか、あるいは原因を特定するのが

難しいからかは良く分からない。しかし、目に見えない形でじわじわと、私達を取り巻く環境の中に

広く深く浸透している環境ホルモンと言われる物質の影響ではないかと言われ始めている。

 ホルモンそのものは上記の本を読んでいただければ良く分かることだが、人間の成長や

生きていく上での実に様々な働きをしている。その働きの多様さには驚くばかりである。

男と女の違いは人間自身が自覚しているいないに関わらず、姿形の違いだけではなく、

ものの見方や考え方まで変化させている。その形質の多くは生まれてきた時から、すでに遺伝的な

ものとして受け継がれている。と同時に、その後の成長過程の中で分泌される多くのホルモンの

働きにより、より一層、その違いが明確になっていくようだ。

 余談になるが、この違いを生物学的に決定づけたのは、数十万年とも数百万年とも言われている

気の遠くなるような、長い長い人類の進化の歴史が背景にあるようだ。

人類の子育ては他の動物に比較して、非常に長期間に及ぶ。この期間中、母親は子供の側を

離れることが出来ない。従って、男は狩猟に女は子育てにという生活パターンの二極分化が

生じたのではないかと言われている。男達は広い草原に出て、集団で仲間達と、あるいは一人で

獲物や生活の糧を求めて、草原や密林をさまよい歩く。一方、女達は男の留守の間、子育てをしながら、

集団でお互いを守っている。

 こんな生活が気の遠くなるような長い間、人類の進化とともにあったと言うことが、男には男の、

女には女の形質を作り上げていったのではないかと言われている。なるほどそう言われてみると、

今日の人間の姿の中にも濃厚に、その時代のものを引きずって生きているようにも見えてくる。

 ともあれ、男女の違いを明確にしているホルモンも、先祖から受け継いできたものであることは

間違いがない。人間にとって重要な働きをしているホルモンに、何らかの形で異常を来したとしたら

どうであろうか。それは人類の進化史上、重大で実に深刻な問題となってくる。

 今日の社会で生じている様々な出来事をホルモンという物質を通じて見たときに、成長過程にある

子供達に異常は生じていないのであろうか。最近、青少年犯罪が報じられる中で、いわゆる「切れる子供」

が増えている。その子供達を育てている若い親たちの中にも、幼児虐待などの犯罪が増えている。

いわゆる社会の規範からはずれたり、はずれかけているものが少なくない。確かに、多くはモラルの欠如や

戦後の教育や家庭教育の在り方に問題がなかったとは言えない。しかし、その増え方には、ここ数年、

異常が感じられてならない。むしろ、加速度的に悪化していると言っても良い。

 もし、この本に書かれているように、本来の働きをするべきホルモンに代わって、環境ホルモンという

まがい物が関わっているとしたらどうなるのであろうか。想像するだに恐ろしいことである。

環境ホルモンの影響を最も受け易いのは成長過程にある子供達だ。そして、地域別で言えば、

色んな化学物質の満ちあふれている先進国と言われている国々ではないだろうか。だとしたら、

どの国にも共通して現れている今日的社会状況とも何か符号するようにも思えるのだが、

私の考えすぎであろうか。

 社会の混乱という歴史的な曲がり角に於ける「環境変化」と化学物質が醸し出す「環境ホルモン」とが

複雑に絡み合って、今日的状況を作り出しているのではないだろうか。いずれにせよ、早く対策の

手を打たないと、オゾンホールのようになってしまってではもう遅いと言わざるを得ない。

最近になって学校給食の食器を代えたとの事だが、これらも遅きに失したと言う感は免れ得ない。

                                         2000年11月25日掲載


「話を聞かない男 地図の読めない女」  主婦の友社

著者:A.ビーズ  B.ビーズ

男と女を理解する鍵は脳の作りにあった!

夫や彼氏が話を聞いてくれないと悩む貴女、妻や彼女のおしゃべりに困っている貴方。

この1冊を読めば、お互いをわかり合えます。

なぜ男は一度に一つのことしかできないのか。

・なぜ女は方向音痴なのか。

・なぜ女はよくしゃべるのか。

・なぜ男は一人っきりになりたがるのか。

・なぜ男はセックスをしたがり、女は愛は求めるのか。

・なぜ男はすぐに結論を欲しがるのに、アドバイスを聞きたがらないのか。

・なぜ女は愛の言葉を欲しがり、男は釣った魚に餌をやらないのか・・・など。

政治、経済、社会問題へ戻る

ホームへ戻る