地元の環境保護団体の猛反対を押し切って諫早湾の堤防が締め切られた。

あれから、どれくらいの歳月が過ぎてしまったのだろうか。そして今、有明海の養殖海苔の

被害が起きてきた。海苔の被害に限らず、海に依存する多くの産業に、少なからぬ影響が

出ているはずだ。それらは海苔の被害ほど劇的なものではないだけに立証は、はなはだ難しい。

 岡山県では農業用水確保のために、児島湾の一角を締めきって、淡水湖を作っている。

しかし、この児島湾淡水湖の汚染が大きな問題となっている。締め切り堤防の中に溜まった

膨大な量のヘドロが水を腐らせ、濁らせている。岡山県は国の援助のもとに汚泥を除去する

作業を行っている。しかし、上流から流れてくる堆積物はとどまることを知らず、この先、

完全除去と言うことはあり得ない状況だ。全く無駄なお金を使っているとしか言いようがない。

お隣の韓国でも同じような体験をし、ここは堤防の開放に転じたと報じられていた。

 私は以前、私のホームページの中に海や川の関連について書いたことがある。

地球全体はあたかも人間の体のように、全てのものがお互いに関連しあって機能しており、

その関係を断ち切って自然を壊しているのは、人間だと言う意味の事を書いた。それは、

学者の弁を待つまでもなく、考えてみれば誰でも分かることである。

 地球は水の惑星と言われている。地球の表面は大量の水で覆われている。その水は海から

蒸発し、雨となって山に降り注ぎ、やがて川となり、再び海へと戻っていく。この自然の営みは

地球誕生から今日に至るまで、変わることなく繰り返されて来た。その環の一ヶ所を断ち切ったら

どうなるだろうか。その悪しき事例は日本中の至るところに起きている。

 その一つがダムである。日本の川の多くはダムでせき止められている。ダムには上流から

流されてきた大量の土砂が堆積をする。堆積した土砂はダムとしての機能を損なうだけでなく、

海に流れ出る事がないために砂浜や海砂の補給を阻害する。現在、海の砂は建築材として

欠かせないものであり、大量に採取されている。しかし、本来補給されるべき土砂は上流のダムに

せき止められたままである。従って、沖で採取される海砂は次第に海岸の砂を沖に持っていく。

そうして海岸は浸食されてしまう。現に倉敷周辺でも、原因は明らかにされていないが、有名な

海水浴場である沙海や渋川といったところの砂がなくなり、お隣の中国から大量に輸入され

補給されている。白砂青松ならぬ赤い色をした砂である。

 昔から多くの海岸が干拓の名の下に埋め立てられてきた。ここに倉敷周辺の古い地図がある。

この地図を見て貰えば分かるように、かつて倉敷周辺の瀬戸内海には多くの島が点在していた。

これは倉敷周辺部の古い地図です。現在の市街地のほとんどが海の中となっています。

左の方に高梁川が流れています。斜線の部分が干拓されたところです。

写真は岡山県の干拓という本からお借りしました。

水島にコンビナートが建設される遙か以前から、新田開発のために、島と島の間の多くの海岸が

干拓され、魚の産卵場所が失われてきた。コンビナートが建設され始める前までは、水島周辺は

広大な干潟であったと聞いている。干潟とそれに続く海には豊かな魚や海産物が育まれ、周辺に

住んでいる人達に豊かな恵みを与えてきた。江戸時代以降、新田開発のために、これらの干潟は

埋め立てられて来た。新田開発はお米という主食を確保はしたが、失った代償も少なくない。

そして、とどめを刺すように工場地帯が建設された。こうやって、倉敷周辺部の干潟はことごとく

消滅をしてしまった。豊かさの代償に失ったものは少なくない。

 海と川、そして山は有機体のように、お互いに足りぬ部分を補うようにして生きている。川は山の

豊富な養分(有機物)を海に運ぶ役割を果たしている。昔から豊かな漁場は山が育むと言われてきた。

それは山から運ばれた養分が海のプランクトンを育て、それを餌にする魚が集まり育つからである。

 自然に無駄というものは全くない。一面、無機質に見える干潟も小さな生き物の集まりである。

黒く汚れた海岸としか見えない干潟には幾億万という小さな生物が寄り集まって生活をしている。

小さな生き物集団なのだ。小さな生き物達は複雑な食物連鎖を作り、まるでそれ自体が大きな

生き物のように生きている。その干潟を殺してしまったら、その海がどうなるかという事ぐらい

誰が考えても分かる事だ。その最も大切な干潟を諫早湾では、大きな鉄の扉で締め切ってしまった。

 その罪はとてつもなく大きい。漁民に責任はないとは言いながら、締め切りの前に何故締め切り

反対の行動がとれなかったのだろうか。私にはとても残念に思われて仕方がない。今更締め切り

反対を言っても遅きに失したと言わざるを得ない。恐らくは自分たちに関係のないこととして

見過ごしていたのではないだろうか。環境保護団体の行動を冷ややかな目で見ていたのでは

ないだろうか。私は日本人のそう言った保守性を厳しく糾弾したい。恐らくは水門を開放しても

容易に海も干潟も回復はしないだろう。ムツゴロウの姿が蘇るのはいつの日の事だろうか。

自然は自然のままにしておくのが一番良い。そして、川の流れを遮ったり、断ち切ってはいけない。

政治、経済、社会問題へ戻る

ホームへ戻る