長く暑かった夏と、寒く厳しい冬との間に挟まれて、秋はほんの一時です。

秋は短くもその一瞬に、一年の締めくくりとして、素晴らしい輝きを見せてくれます。

短命であるだけに、その輝きは美しく、はかないものがあります。

 全山が赤や黄色に彩られ、やがて枯れてゆきます。そして、たくさんの落ち葉は色あせ

土に帰ってゆきます。人間を取り巻く環境は変わっても、変わることなく繰り返されてきた、

これが自然の営みです。この大自然の営みの中に、人間のはかなさや哀れさを感じ、

喜びや悲しみとして多くの句が詠まれてきました。

 私も俳句を習い初めて3年が経過しました。いっこうに上達はしませんが、自然の

移り変わる様を見る目だけは、少し養われて来たような気がします。

 俳句「秋」編は、シリーズで書き始めたこのコーナーの総決算として編集しました。

つたない俳句ですがお読み下さい。感想など頂ければ幸いです。 

                                     もの作り      2001年1月17日

落葉踏む音軽やかに山路ゆく・ 足下をバッタ跳び立ち跳びたちて・
照り曇りいる日も釣れて鯊日和 廃線となりしトンネル蔦もみじ・
菜を洗ふ背なに温き日小春かな・ 讃岐富士間近にしたる野分晴・
奥の院目指す山道露の秋・ 帰燕舞ふ高原の空明けてゆく・
雨音に風重なりぬ夜の野分・ 思ひ出は鮠(はや)追ひし日々蓼(たで)の花・
コスモスの色を映して水清し・ 畑仕事連れて戻りし草いきれ・
青空をキャンバスにして秋桜・ 雑草の伸びるにまかせ秋深む・
干拓や鯊釣る浜を遠くしぬ・ 大根の切り売りも買ひ秋刀魚買ふ・
部屋深く日差し満ち来し今朝の秋・ 新涼やレース編む手の軽やかに・
名月の夜のコンサート曲に酔ふ 鍬洗ひ手足も洗ひて日の永し
曼珠沙華朝の大空真青なる・ 繕える母の背丸く枇杷の花・
大根の芽の出揃ひて秋日かな・ 穂芒を染めて夕日の落ちにけり・
竜胆(りんどう)や大山遙かなる山に・ 古本の桜紅葉の栞あり・
懸崖のいずれも蕾菊花展・ 風抜けてゆく整地跡秋終る・
案の定秋日は山に落ちにけり 紅葉よりモデルの服の赤さかな・
穂芒の雲にも似たる峠道・ 鳥渡る母の日課の畑仕事・
名月を寝ころんで見る留守居かな・ 球を追ふ高校球児の秋暑し・
コスモスの揺るる吉備路の風やさし・ 沿道の露店気になる七五三・
団栗に足をとられて宮参り・ 濯ぎ物しまい忘れて秋の暮
装ひを変へてマネキン秋深し・ 枝重きリンゴ日毎に色づきぬ・
井戸底に青空のあり水の澄む・ わが街の名もなき山の黄葉かな・
秋日和園児の列の赤帽子・ 柿をとる竿赤く染め西日落つ・
大前の茅の輪をくぐる長い列 釣り人の早や散りゆける初時雨・
涼しさの戻りし夕べ卓囲む 狭庭にも明るさもどり石蕗の花・
影踏みをした日もありし月明かり・ 道の駅目を引くものに蜜柑積み
鯊釣りの竿の彼方の夕日かな・ 夜の長く推理小説読みあかず
コスモスに埋もれて道の細くなり・ 三人の思ひ思ひの夜長の灯・
芋売りの声よく通る秋日和・ 賑やかな声がバスより秋遍路
一皿に乗らぬ長さの秋刀魚かな・ 芒野を染めて夕日の赤々と
風渡り松虫草の丘広し・ 母よりの電話の中に鳴く地虫

裏山を大きく揺すり野分立つ ふる里の山皆常磐紅葉かな
秋遍路貸切バスを乗り継ぎて 釣師等姿も見えず初時雨
岬宮の太鼓の音や夕月夜 冬紅葉波静かなる瀬戸の島
神木の真直ぐに伸びて天高し 蜜柑狩昼月淡き島の空
萩の花こぼしてゆきし掘の風 放牛の群れなし食めり息白く
奥の院目指す山道露の秋・ 秋灯母もむ肩の細くなり
山陰に日は傾きぬ芋洗う・ 細りたる母の肩もむ秋灯下(先生の参考句)
独り寝の部屋広々と星月夜・ 大根蒔く日の近づける秋彼岸
柿の実の色付くほどにたわわなる 次々と出てゆく舟や鯊日和(先生の句)
秋高し沖にカモメの筆の海・ 秋耕や雲に触れたる鍬の音
初物の松茸飯のある夕餉・ 初林檎恥じらうような赤さかな
松茸飯炊いて家族で香を分かつ(先生の参考句) ほのかなる紅うひうひし初林檎(先生の参考句)
レンジでは便利で不便秋刀魚焼く 鶏頭の狭庭に燃えて赤が好き
刈込みのすみし垣根や小鳥来る 枝豆や出来良き枝や悪き枝
オリオンの中天にあり台風過 菜園の一汁一菜なる夕餉
酔ひ覚めて眠れぬ夜寒ありにけり 爽涼や薄雲引きて讃岐富士
旅の宿長風呂となりし旅籠の十三夜 秋祭部落総出の大掃除
畑仕事終ふ空埋めて鰯雲 枯芝の日の燦々と昼の月・
新走枝豆一皿あれば足る 明けやらぬ棚田棚田の冬霞
宿直の見回り終えし星月夜 二十四の瞳の校舎秋桜
秋の雨降られ続きの旅終る・ 不便さも慣れれば楽し里の秋・
花の市店先飾る菊の鉢 寒霞渓山また山の照紅葉・
立読は学生ばかり秋日和 寒霞渓奇岩楽しむ秋の雲・
秋天や釣果を分ける場所探す 四方指眼下の紅葉一望に
秋晴や竹竿売りの声透る 寒霞渓の蔦の紅葉の奇岩かな・
秋耕や昼を告げゐる妻の声 壁掛も紅葉に替へて客迎ふ・
渇水のダムを潤す秋出水・ 一山に粧ひそめし由加の秋・
転勤の挨拶届く秋の声 小春日や箒片手に立ち話・
秋の海行き交う船や鳥渡る・ 寒霞渓奇岩彩る紅葉かな・
秋日和蛸壺積んで船出ずる・ 蒜山へ秋の一途にハイウエイ・

枯芝の足にやさしき園巡る・ 水澄めり寄り添ひ漕げる川ボート・
心地よきリズムのありて落葉踏む 水澄みて古江流るる眼鏡橋・
落葉踏む音心地よきリズムあり(先生の参考句) 銀杏の落ちるにまかせ散歩道・
空を飛ぶ宇宙士の声秋高し・ 新涼や旅の計画二つ三つ
読み耽るベストセラーや夜長の灯・ ダイバーの吐く息白く島の朝
一人釣る島の荒磯や鳥渡る 見下ろせる湖面の落葉列なせり
雑草に一歩踏み出す露けしや 太き肩見せ大根の頼もしく
足早に稜線から秋降りて来し(松野町投句ポスト佳作) 紫の菊咲き残り廃線跡
滑床の夜に抱かれ秋深む(同上) 秋雨の音聞き眠る旅の宿・
カクテルの素材となりて青き柚 ジャムを煮る甘き香りや今朝の秋
晩秋の夜空を飾る流星ショー・ あと一と日なる連休や法師蝉・
二十四の瞳の岬の秋桜・ 祭笛夜々の稽古の裏通り・
白き嶺々かすかに残り暮迅し 嫁ぐ娘の日取り決まりて家の秋
枝豆の山のいつしか殻となり・ 恙なきことが幸せ鳳仙花・
錦鯉群れる掘割萩の風 狭庭にも金木犀の朝の来て
せせらぎを聞きつつ秘湯夕月夜 無花果の高枝蜂の離れざり・
工場の片隅にある萩の風 秋茄子空の青さを確かにす・
竜胆の尾根渡る風人の列 収穫の喜び盛りて栗御飯
コスモスの景の中なる野川かな・ 只ぐみと云へばあきぐみなりしかな  先生参考句
峡の宿有明月を窓に置き・ 秋ぐみの名前いくつもありにけり

ロダン像朝日に映えて蔦紅葉・ .
代官所跡の車井石蕗の花・ .
この街は旅人多し菊花展・ .
糸垂るる一人に過ぎし初時雨・ .
風渡る干拓平野豊の秋 .
曼珠沙華さほどに遅速のなかりけり・ .
桜貝拾いし浜の夏終わる .
食卓の花一輪の秋桜 .
裏路地の風の抜けゆく夕月夜 .
. .
. .
. .
. .
. .
. .
. .
. .
. .
. .
. .
. .
. .
. .
. .
. .
. .
. .
. .
. .
. .

俳句春秋のページへ戻る

ホームへ戻る