公園の入り口で参加者全員    2000年11月26日撮影

 今年はことのほか秋が遅いようであった。11月に入っても山の木々は黄葉が遅く、

私達が龍ノ口グリーンシャワーに行った頃、11月26日頃が秋真っ盛りという感じだった。

 山に入ると落ち葉が舞い、秋たけなわだった。過去にも二回ほど登った事のある龍ノ口だった。

登山口はたくさんあるようだが、私達は岩山の方の道を選んで登った。以前、登った時には、

もっと短かったように感じた岩山の道だったが、ほとんど龍之口神社の入り口近くまで、

こんな岩だらけの道だった。山道になれない人にとっては、結構、歩きにくい急な坂道だった。

  

むき出しの岩ばかりの上り坂が続く、坂道の途中で見下ろした景色(旭川)  2001年11月26日撮影

 山道を登り始めると、朝の冷え込みが嘘のように、汗が吹き出してくる。後から追いかけてきた

お年寄りの中には、上半身裸で歩いている人がいる。何とも元気なものだ。私達が途中で

休んでいると、「こんなところで休んどると、かえってきつうなるぞ」と声をかけて、さっさと

通り過ぎて行った。毎日のように、この山へ登っている人なのではないだろうか。

 龍之口神社(正式には龍之口八幡宮)に着いて、お参りを済ませ、一休みする。八幡宮は

近隣では有名な受験の神様である。私達夫婦も娘や息子の受験の際、お参りに来たことが

あった。もう何年前の事になるだろうか。そう言えば、お礼参りもしていなかった事を思い出し、

お礼とお詫びを兼ねて、お賽銭を奮発しておいた。神社の境内の見事な紅葉をバックに

記念写真を写して、次の場所に移動することにした。

   

龍ノ口神社の境内の紅葉、紅葉をバックに記念写真  2001年11月26日撮影

 この日は、お天気が良かったせいか、たくさんの人が山歩きを楽しんでいる。お年寄りの夫婦、

小さい子を連れた若い夫婦など様々だ。龍之口神社から、ほんの少し坂道を下って、再び緩い

上り坂を歩いて行くと、開けた山頂に出る。ここは展望台もあり、素晴らしく見晴らしが良いところだ。

   

山頂での休憩後   2000年11月26日撮影

私達はここで昼食にした。昼食をゆっくり食べ、龍ノ口グリーンシャワーへ行ってみることにした。

 ここへ行くにも、色々コースはあるようだが、いったん、朝、車を停めた駐車場まで戻り、ここから

歩いて公園の入り口まで行ってみる。大きなモミジバフウの木が道の両脇に並んでいる。ここは

グリーンシャワーではなく、イエローシャワーだった。歩いて行く私達一行の前にも後ろにも、

やむことなく落ち葉が舞っている。

龍ノ口グリーンシャワー公園入り口のモミジバフウの並木   2000年11月26日撮影

 この公園には、世界中から集めた色んな木が植えられている。新緑の頃も又、違った味わいが

あるのではないだろうか。公園の中をゆっくり散策し、残り少ない秋の景色を十分に味わって、

公園を後にした。今日は、程良い気温の中で、天候にも恵まれ、ハイキングには申し分のない

一日だった。

諸般の事情から掲載が遅れました。                   2001年2月24日掲載


関連リンク

   龍ノ口グリーンシャワー

友歩会へのおさそいページへ戻る

目次その4  友達作りへ戻る

ホームへ戻る