出会い

泰星スタンプとの出会い

 出会いには様々なものがあります。人との出会い、本との出会い、町や景色との出会い等、

人生には数多くの色んな出会いがあります。そんな出会いについて書いてみたいと思います。

 過去、ホームページにも書いたことですが、私は子供の頃(小学生から中学生の頃)、趣味

で切手と古銭を集めていました。当時、切手収集は大人も子供も熱中していました。「見返り

美人」や「月と雁」など菱川師宣や安藤広重の絵を切手にしたものが高価な値段で売り買い

されていました。私もきっとこんなブームに刺激されて集め始めたのだと思います。古切手を手

に入れては友人と交換していました。しかし、私は切手収集が本来の目的ではなく古銭収集の

方が本命でした。何故、古銭に惹かれたのか思い出せません。子供にしては珍しく古い時代の

ものにあこがれていたのかも知れません。

 こうして他の人は切手、私は古銭の収集が始まりました。私はせっせと切手を集めては古銭

と交換していました。私の家は疎開で引っ越してきたような家でしたから古銭はむろんのこと古

切手などもたくさんはありませんでした。その頃、出会ったのが「泰星スタンプ」(今は泰星コイン

という会社になっている)という会社でした。雑誌か何かに出ていたのだろうと思います。そこに

古切手を注文し買い集めた古切手を元に古銭と交換していました。他の人が集めていない古

銭とはいいながら、そう簡単に集まるようなものではありません。欲しいと思うものは子供なり

に才覚を働かせなければ手に入りませんでした。そんな苦労が「泰星スタンプ」という会社を発

見するきっかけになり、そこから古銭の収集という新たな展開が始まったのだと思います。その

後も様々な変遷を経て現在も「泰星スタンプ」改め「泰星コイン」とつき合いがあります。

ある古銭との出会い

 ある古銭との出会いもその頃のことでした。小学生の頃、晩酌をする父のお酒を買いに行く

のが私の日課でした。通い慣れた八百屋さんはお酒の小売りもしていました。お金を払いお釣

りを貰うとき偶然に小さな古銭が目に入りました。思わず知らず「これ貰えませんか」と言って

しまいました。意外に店の人は「いいよ」と言って渡してくれました。何故そのレジスターの中に

その古銭が混ざっていたのか分かりません。店の人も異質なお金にそんなものは必要ないと

思ったのではないでしょうか。快く譲ってくれたのです。私は小さな古いお金を大事に持って喜

んで帰りました。

 そんな事があって間もなく小学校の掲示板に写真入りの印刷物が貼り出されました。その印

刷物には皇朝十二銭という古銭の紹介記事と写真が出ていました。十二枚の古いお金の中に

手に入れたばかりの小さな古銭が入っていたのです。「寛平大宝」という古銭でした。日本で最

初に作られたお金はご存じのように和同開珎(わどうかいほう)です。その後、奈良時代から平

安時代にかけてお金は鋳造されたようです。それらを総称して皇朝十二銭と言うそうです。日本

で鋳造された何番目かに古いお金と言うことになります。貨幣経済が発展していない頃の事で

したから多くは作られなかったと思われます。その一つが千年近くの歳月を経て偶然私の手元

に入って来たのです。

 その後も古銭の収集は続きました。私の思いが通じたとでも言うのでしょうか。友達の中には

家に古銭があるというものがいて気安く譲ってくれました。こうして次々に色んな古銭が集まりま

した。何か一心になると、それなりに道が開けてくるものだという確信めいたことを感じたのも

この頃のことでした。

 以来、私の出会いは続きました。小中学校を通じての幾人かの恩師との出会いも私の人生

において欠くことの出来ない出会いでした。(これは以前にも書きましたので割愛します)多くの

友人(良い人もいれば、いやな人もいましたが、それもこれも私にとっては良い出会いだったと

思っています)との出会い、この友人との出会いについては機会があればいつか書いてみたい

と思っています。

H.Yさんとの出会い

 そして、つい最近の出会いと言えば定年後の出会いです。私は定年後間もなくピースボート

に乗って地球一周の旅に出ました。この旅日記はこのホームページに掲載していますので、

良かったら読んでみて下さい。この旅で経験したことはすべて新鮮で素晴らしいことばかりで

したが、何と言っても人との出会いが多かったのは、この旅ならではの事でした。素晴らしい

友人が何人も出来ました。

 その内の一人がYさんという高齢の女性でした。この人との出会いこそ天の采配としか思え

ないような出会いでした。私はスロービジネスの中村隆市さんがピースボートに水先案内人と

して乗ってきたとき、彼の水先案内人パートナーの一人になりました。パートナーの多くは若者

で私のような年齢のものは数人でした。中村さんが船を降りる前に中村さんが提唱しているス

ロービジネスの一つとしてスローカフェを開こうと言うことになりました。(中村さんはコーヒーの

フェアトレードで無農薬栽培のコーヒーを直輸入して販売している人です。また、辻信一さんな

どと一緒に「ナマケモノ倶楽部」というものを作りエコな生活やスロービジネスを提唱している人

です)

 スローカフェでは無農薬コーヒーを飲んでもらうだけでなく、学園祭のように色んなコーナーを

作って憲法の大切さやお金だけが全てではないよと言うスローな生活を提唱していくのが目的

でした。その一つに理想的な村作り(町作り)がありました。それをスロービレッジと名付け、み

んなが助け合って生きていける古き良き時代の田舎と、若者達が考えるこれからの理想社会

をミックスしたような村(町)を構想していました。私たちの世代にはイメージできることでも二十

代、三十代の若者には遠い存在でしかありませんでした。そこでこの船に乗っているお年寄り

達にその時代のことを聞いてみようと言う事になりました。ところが忙しさと体調を崩したものが

多くてチャンスを逃してしまいました。そんなところへ偶然現れたのがYさんでした。Yさんは自分

の住んでいる田舎で鍼灸院を開いている人でした。彼女はお年寄り達が健康で長生きが出来

るように何かヒントになるようなものはないだろうかとこの場に来ていたのです。聞けば彼女は

戦前、看護婦(ここではあえて昔の表現を使います)さんであり保健婦さんでした。戦後GHQの

命令で農村の生活改善をする事になりました。その時、県の職員だったので生活改善普及員

として農村の生活改善を指導することになったようです。以来、数十年間県の職員としての仕

事をし、定年になりました。定年になったとき単身上京し、鍼灸師の勉強を三年間行い資格取

得後、故郷で開業したとの事でした。湯本さんが生活改善普及員だったとは、若者達に昔の

農村生活を話して貰うには理想的な人だったのです。偶然とは言いながら出来過ぎた話でした。

 こうしてYさんとは年齢の差を考えさせないような交流が始まったのです。家内にも紹介し、肩

こりの治療を何回かして貰いました。また、Yさんの部屋に行きお灸の点を下ろして貰いました。

私もYさんが開いたお灸に関する自主講座の資料作りのお手伝いをさせて貰いました。こんな

事があって船を降りてからも何度か手紙を貰いました。その手紙の一つに「船から降りて早速

ある資格を取ったので貴方もぜひ取ったらどうか」というアドバイスがありました。私がどうしよ

うかと迷っていたら、そんな気持ちを見抜いたかのように「岡山県でも講習会があるので受けて

みたらどうか」という連絡先を書いた手紙が来ました。もう迷っている段階ではなくなりました。

早速、紹介のあったところへ電話してみると、今ならOKという返事でした。家内の勧めもあって

早速申し込みをしました。当初、予定していた人員に達しないのではないかと言うことでしたが、

最終締め切りの段階ではお断りしなければならないほどの応募者があったとの事でした。こう

して、受講のための岡山通いが始まったのです。

 ここでも新たな出会いが始まりました。私と同年齢のSさんは地元児島の人でした。そのSさ

んが最初の日に声を掛けてくれました。聞けばSさんは私が入っている同人誌「みんなの雑記

帳」の古くからのメンバーの一人でした。こんな偶然があるのでしょうか。ただただ、事の成り

行きに驚くばかりです。講師の多くは多彩な経歴を持っている人達ばかりです。これからは徐

々にこうした人達との交流の輪が広がっていくような予感がします。次の出会いの場が新たに

始まりました。

若者達との出会い

 ピースボートでは通常考えられないような出会いがありました。それは私の子供とおなじ世代

の若者達との出会いです。ピースボートでは乗客の四割近くの人が二十代から三十代の若者

でした。私は私自身の知識を得るために水先案内人のパートナーを積極的にやってきました。

そんな活動を通じて知り合いになった若者達が少なくありません。その一つが「しゃべり場」の

仲間でした。若い男女数人と同世代の女性一人です。船を降りてすぐに「しゃべり場温泉ツアー

」と称して私の地元児島で一泊の交流会を開きました。「今の若者は」というには、ほど遠い素

直で明るく優しい若者達ばかりです。

 秋には河口湖へ行きました。この河口湖で土産物屋のおじさんやおばさんとの出会い、有名

なファッションモデルのカップルとの出会い、レトロバスの若い運転手さんとの出会い、東京へ

帰ってからのレストランのマスターとの出会いなど、心優しい若者達との旅は次々と新たな心優

しい人達との出会いを作っていったのです。

 今回、参加できませんでしたがピースボートスタッフのH君とアメリカ人のS君も「しゃべり場」

の仲間です。次回「しゃべり場」はクルーズディレクターとして五十二回の地球一周に乗るH君

が帰ってきたら神戸で開こうと言うことになっています。

 もう一人の若者は今沖縄に住んでいます。大学を卒業し沖縄の大きなホテルにホテルマンと

して就職しました。彼とは初めての水先案内人パートナーになったときからの知り合いです。自

己紹介の時、「モアイと言います」と言ったのが印象的でした。以来、彼のことを「モアイ」と呼び、

彼は私のことを「かっちゃん」と呼んでいました。家内とも親しくなり家内のことは「むっちゃん」

と呼んでいました。非常にまじめな若者で色んな行事に積極的に参加していました。従って、

特異なあだ名とともに彼のことを知らない若者はいなかったはずです。今年果たせなかった沖

縄行きを来年には是非実行したいと思っています。むろん「モアイ」に会いに行くためです。と

同時にSさんやSさんを通じて知り合った歌手のスージーや多くの友人達に会うためです。(S

さんの事はこの続きに書いています)

活弁士「佐々木亜希子」さんとの出会い

 今年の一月三十一日にピースボートを降りて以来、のべ十数人の人が我が家に来て泊まっ

ていきました。中には数日間滞在した人もいます。何かしら我が家が民宿になったような感じ

です。その内の一人が佐々木さんという活弁士です。佐々木さんは単身古い映画を持ってピー

スボートに乗ってきた女性です。うら若い女性が活弁をするというので毎回会場は入りきれない

ほどの人が来て大盛況でした。私の家内は彼女の水先案内人パートナーでした。私もある事

がきっかけで彼女と親しくなりました。そんな事が縁となって地元児島で活弁映画上映会を開く

ことになったのです。そんな活弁が忘れられなくて自費ででも開きたいと思っていたという人も

現れて上映会は大盛況大好評でした。

 そんな佐々木さんとの来演交渉中、ピースボート同窓会で上京することになりました。その際、

宿泊したホテルが偶然にも佐々木さん達が活弁ライブを始めた頃の映画館の前でした。ホテ

ルのロビーはライブ前の打合せに何度も使用したとの事でした。その映画館の隣は「シャルウ

イダンス」という映画の撮影に使われた建物でした。こんな偶然があるでしょうか。私は何かし

ら運命的なものを感じてしまいました。このホテルは家内がインターネットで安いホテルをとい

うことで探してくれたものでした。

 家内が倉敷は初めてだという佐々木さんを案内して倉敷美観地区を歩いているときの事でし

た。佐々木さんは露店でペンダントを買いました。ペンダントは古い時計の歯車を再利用した

ものでした。佐々木さんの目には映写機のリールに見えたようです。思わず知らず「映写機の

よう」と言ったのが相手の人の耳に止まったようです。聞けばその人のおじいさんは無声映画

時代、映画館の楽団のバイオリン奏者だったようです。今もその時のバイオリンが遺品として

残っているそうです。佐々木さんは偶然の出会いにすっかり感動していました。もう一つ彼女に

とって忘れられない想い出となったのは「いがらしゆみこ美術館」でした。彼女はいがらしさん

の大ファンだったのです。彼女にとって児島公演は忘れられない出会いの旅となったのでは

ないでしょうか。

沖縄の発明家Sさんとの出会い

 もう一人は沖縄の人です。Sさんと言います。Sさんは単身でピースボートに乗っていました。

何がきっかけで自己紹介をするようになったのか忘れてしまいましたが、私が四十年近く前、

返還前の沖縄に行ったときの話から始まって、基地問題について現地の人はどう考えている

のか聞きたくて色んな質問をしている内に親しくなりました。以来、多くを話し合ったわけでは

ありませんが何となく馬が合うとでも言うのでしょうか、家内の誕生日には買ったばかりという

宝石をプレゼントしてくれました。そんな事へのお礼の意味もあって倉敷に来るという機会に

ぜひ我が家にと二泊して貰いました。

 Sさんが倉敷に来たのは「てぃーら」という沖縄居酒屋の七周年記念に友情出演するという

地元沖縄で活躍している女性歌手の親衛隊として数人の仲間と一緒に来たのです。女性歌手

はスージーと言います。また、Sさんと一緒に来た他の人は女性三人でした。Sさんがよく出入

りしている喫茶店のお茶仲間だとの事でした。Sさんを知っていると言うことだけで、初対面な

のにすっかり親しくなってしまいました。来年は私たちが沖縄に行き再会を約束しています。

この居酒屋に来ていた人達の繋がりは良く分かりませんでしたが、ここを経営している若い夫

婦の人柄に惚れて集まった人ばかりのようでした。みんな心優しい人ばかりのようでした。ここ

でも新たな出会いと人の繋がりが出来ました。

風の旅人Mさんとの出会い

 もう一人はお隣の広島県福山市が住まいだというMさんです。Mさんはピースボートに乗るの

は二回目だとの事で「徳性占い」というものを自主企画でやっていた人です。カードを使ってや

るこの占いは、結果がズバリその人のことを言い当てていると言うことで評判になっていました。

心に悩みを持っている人の良き相談相手でした。また、Mさんは何事にも積極的な人で色んな

企画に参加していました。

 旅行好きなMさんは何度も海外旅行をしています。その一つがサイババを訪ねてのインド旅

行です。最低限の費用しか持たず、言葉も十分通じないまま行き先も定かでない旅は、ある意

味では無謀とも思えるようなものでした。そのため旅は最初から困難を極めたようです。それ

でも何とかサイババの元にたどり着きました。たどり着いたその日にサイババと直接会うことが

出来たそうです。まるでサイババはMさんが来ることを知っていたようだと話していました。こう

して約一ヶ月サイババの元にいて多くの不思議体験をしました。聞こえるはずもない遠くにいる

人の祈りの声を耳にし、自分の敷物から蜂蜜が流れ出てきたことなどをさして驚いた様子もな

くたんたんと語ってくれました。

 その彼が我が家を訪ねてきた日のことです。その日は雨が降っていました。雨の中を児島駅

から我が家まで歩いて来たというのです。決して歩けない距離ではありませんが、五キロくらい

はあるでしょうから健脚でないと、なかなか歩いてこようという気持ちにはなれない距離です。し

かし、驚いたのはその土地勘の良さです。初めての地に来て五キロも離れたところから、どの

ようにして我が家を探し当てて来たのでしょうか。家の近くまで来てたった一度だけ道を尋ねた

との事でした。

本との出会い

 その彼と夏の暑い日福山で会ったことがあります。待ち合わせ場所は彼が良く行くという福山

の本屋さんでした。その本屋さんの店頭で気になった本が二冊ありました。「ピーク・オイル」と

いう本と「生きて死ぬ智慧」という本でした。

 「ピーク・オイル」という本は環境汚染の元凶ともいうべき化石燃料(特に石油)が枯渇状態に

ありながらも他のエネルギーへの転換をしようともせず安易さに流れている私たちに警鐘を鳴

らしている本です。エクソン社など世界規模を誇る巨大石油資本は、この現実を十分把握して

おきながらアメリカという軍事大国を動かして石油独占に狂奔しています。その結果がますます

この地球の環境を追いつめており、その先にあるものは石油の枯渇だけでなく、宇宙船地球号

が環境汚染にまったく関与していないものまで乗せて転覆しかねないような危機を孕んでいる

のです。

 そして、もう一冊の本は私が長く探し求めていた「般若心経」を今風に解釈した本でした。この

本を書かれた柳澤桂子さんは長く原因不明とされた病気に苦しんでこられた方です。将来を嘱

望された科学者でした。その柳澤さんが病床にありながら自分という存在を見つめ直すことか

ら「般若心経」出会い、そこに書かれている真意を彼女なりに解き明かした本です。ぜひ一読

をお薦めしたい本の一つです。

 この広大な宇宙も人間という個々の存在も原子レベルで考えれば原子の濃淡の連続でしか

ないという解釈は「色即是空」の何たるかを理解しやすく書かれていると思います。そう考えれ

ば私たちも広大な宇宙のほんの一部であり、境目などどこにもない宇宙と一体のものだと言う

ことになります。これ以上のことは長くなるのでやめておきますが是非読んでみて下さい。

 一時は忘れかけていた本でしたが、ある日テレビを点けますと偶然のように柳澤さんの特集

番組を放映していました。NHKのBSハイビジョンでした。美しい自然を背景に柳澤さんと柳澤

さんが書かれた「生きて死ぬ智慧」という本の内容を紹介していたのです。禅寺のお坊さんとの

対談もありました。単なる偶然とは思えず、早速、この本を読んでみたのです。書かれているこ

とは私自身が以前から考えていたことと非常に似通ったものでした。二千年以上もの昔にこの

宇宙の真理のようなものをお釈迦さまはどうして知っておられたのでしょうか。

 この二冊の本が偶然のように不思議な魅力を秘めたMさんと会う約束の日に待ち合わせ場

所であった本屋さんの店頭にあったのです。その後も長く気になっていた本でした。二冊とも読

んでみて私にとっての新たなる出発点となったような気がしています。今の世の中は日本に限

らず世界中が病んでいます。それは環境汚染で病んでいる地球と同じように、その地球に生息

している私たち自身も病んでいます。私たちがこの病を克服しない限り、この闇から抜け出す

ことは出来ないのではないでしょうか。そして、偶然とは思えないような数多くの出会いを通じて

人の世の不思議な縁(えにし)を感じています。

             このページで紹介した本

                 生きて死ぬ智慧 

                    文・柳澤桂子  画・堀文子 発行・株式会社小学館

                 ピーク・オイル(石油争乱と21世紀経済の行方)

                    リンダ・マクウイェイダ 著   益岡賢 訳 発行・株式会社作品社

                                                 2005年12月21日掲載

今の世を生きるのページへ戻る

ホームへ戻る