大山登山の思い出

鬼女台展望台より眼下を眺める。雲のたなびく雄大な景色。  2000年6月4日撮影

6月4日は大山の山開きの日であった。

早朝倉敷を発ち、友人の車で出発をする。蒜山インターチェンジから、ほんの少し一般道に下り、蒜山大山スカイライン

に入る。標高が高くなるにつれて、道の左右には雄大な景色が広がり始める。

スカイラインの途中、鬼女台展望台に立ち寄る。展望台からは眺める景色は本当に素晴らしい。今、登ってきた方角

を見ると、なだらかに尾を引く山裾に雲のたなびく広大な景色が広がっている。そして、反対側には全く雲のかかって

いない大山の山頂がのぞいている。すばらしい景色だ。展望台周辺には谷卯木(たにうつぎ)がたくさん咲いている。

タニウツギの満開状態  2000年6月4日撮影

大山には何度か来ているが、こんなにすばらしい景色を眺めるのは初めての経験だ。

何枚か写真を撮り、目的地に向かう。出発前、懸念していた天気も次第に良くなり始め、めったにない気象条件と

景色との組み合わせに感謝する。途中の山々は新緑も終わり、本格的な緑の季節を迎えつつある。

鏡ヶ成国民休暇村のところで道は二つに分かれる。私達は大山寺の方へは折れず、そのまま真っ直ぐに進む。

今日の大山寺周辺は、山開きの行事で大変な賑わいであろうと、初めから表の賑わいを避けて、大山滝のある

ルートから登ることにしていた。

出発場所は東伯町の一向平野営場、まだ新しい山小屋風の管理棟や、その他の建物が美しい。ここにはキャンプ場も

整備されている。今回歩いたルートは中国自然歩道の一部になっている。

今回歩いた主要ルート  左の隅に少し見えるのが大山

準備もそこそこに歩行開始。不動尊を祀る天然水の水飲み場までは、車も入れるような広い道が整備されている。

水飲み場のほとりは、わさび畑になっている。わさび畑とは言いながら、先日行った安曇野とは異なり山の斜面に

野生のような形で広がっている。種類の異なるわさびかも知れない。

    

わき水の出るところに不動明王が祀ってある。真ん中はわさび、右はアズキナシの花  2000年6月4日撮影

ここらあたりから次第に山道は暗くなり始め、木々に囲まれた山道が続く。やがて川の流れる音がし始める。

急ながけ下を川が流れている。水量は多くないようだが、かなり急流のようだ。鮎返しの滝という。かつて、向こう岸

へ渡るには、一旦谷底まで下りて行かなければならなかったそうだ。今は立派な吊り橋がかかっている。

  

不動明王を祀ってある付近にはこんな看板も立っている。右は吊り橋   2000年6月4日撮影

真ん中まで行き、下を見下ろすと川ははるか下を流れており、足がすくむようだ。吊り橋を渡ると再び山道となる。

この周辺は昔、製鉄が行われたところのようで、たたら師跡という案内標識が立っている。

   

たたら跡周辺に散財している鉱滓   右は鉄分を大量に含んだ石   2000年6月4日採取

しばらく山道を歩くと、やがて有名な大山滝に着く。滝壺までは急な坂道らしく、危険表示の札が立っている。

ここで小休止をした後再出発する。この道は、この地域に住む人にとっては、大変大切な道だったようで、道縁には

一丁毎に石仏が安置され、かつては石畳まで敷いてあったという。この先には、まだ、その当時の名残が残っているらしい。

  

左は落差の大きい大山滝、真ん中はサンカヨウ、右は人工林の林   2000年6月4日撮影

道はやがて杉や檜の人工林に続く。平坦な道がしばらく続き、やがて人工林が尽きる頃、道は上り坂となる。

周辺は広葉樹の林だ。木々の間から洩れてくる日の光が道縁の草の葉を美しく照らしている。ギンリョウソウを始め

イワウチワ等、小さな花がたくさん咲いている。

左は調査中、真ん中はユキザサ、右はイワウチワ   2000年6月4日撮影

山道は一方の山から向かいの山に向かっている。山道を登りきったところから、急に展望が開け大山が見え始める。

大山の山襞にはたくさん雪が残っている。この冬は例年になく雪が多かったと聞いている。

山頂の山小屋付近には登山者の小さな姿が見え隠れしている。ここら辺り一帯はブナの大木が多い。

木もたくさん倒れている。雪の重さに耐えかねて倒れたのか、すでに寿命の来た老木なのか、残っている木も元気がない。

そんな訳でブナ林とはいえ、大休峠周辺は広く明るく開けている。ここにはすでに数組の登山者が来ていた。

私達もここで休憩をして昼食をとる。ここの山小屋は比較的新しい。中には宿泊者用の薄汚れた夜具が置いてある。

   

手前の山陰に大山の頂上付近が見える。右は鬱蒼と茂ったブナなどの林   2000年6月4日

この山小屋を中心として、道は大山のユートピア方面と川床と矢筈ヶ岳方面に分かれている。川床方面に少し行くと

石畳の道が昔の名残をとどめている。その昔、地域の人々にとって、大山の反対側まで行くには唯一の道であった。

    

山小屋周辺は明るく開けている。真ん中は昔の名残をとどめる石畳跡、右はマムシグサ  2000年6月4日撮影

私達は大山方面とは反対の矢筈ヶ岳に登ることにしていた。ここからは大小の石がごろごろしているような足下の

悪い急な坂道が延々続く。汗が噴き出してくる。息も荒くなる。とても山頂までは行けそうもなく、途中で断念する。

周辺ではカッコウが鳴いている。ブナ林の日陰と、下から吹き上げてくる風が心地よい。

ここから小さくかすかに境港に続く弓が浜が見えている。

遠く弓ヶ浜方面が見える  2000年6月4日撮影

もときた足元の悪い坂道を引き返し、休憩を取らずに山小屋を後にする。山小屋には先ほど途中ですれ違った

鳥取県内の高校生達、登山パーティーの一団が休憩していた。たくましい高校生達だ。

全行程はさほど長くはないのだが、久々の登山でやはり疲れている。帰りはひたすら一向平を目指した。

長い山林地帯を抜けると、強い夏の日射しが容赦なく照りつける。季節はもう夏である。

                                              2000年6月25日掲載

友歩会へのおさそいのページへ戻る

目次その4  友達作りへ戻る

ホームへ戻る